ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

「13年間で学んだこと②」 株はできれば「景気の悪い時期」にたくさん買いたい

「13年間で学んだこと」シリーズの2回目です。 ●参照:「13年間で学んだこと①」 株価は何で決まるのか?

「人口」と「生産年齢人口」の未来 【先進国編】

<長期投資に適しそうな国の選定作業>シリーズでとりあげた先進国の人口に関する記事です。

「13年間で学んだこと①」 株価は何で決まるのか?

今年で投資歴14年目になります。 ブログを始めてだいたい1年が経ちました。 記念?に(投資を始めて)「13年間で学んだこと」シリーズを始めます。

半年横這い、ここからどっちへ?

米国の景気動向、株価動向を【米国の失業率】と【景気循環】で探る記事です。

”失敗”から生まれた「スタジオジブリ」「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」

<投資とは関係ない記事です> 先日”火垂るの墓”がTV放送されました。

約10年ぶりの水準 ~米国市場の概況 2018.4.15~

先週の米国市場を 「米国株式の割安割高を判断する目安」 になると思われる指標などで概観してみます。

年間60回以上、30年近く ~日本市場の概況 2017.4.14~

日本市場をごく簡単に確認し、その後、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。

3月は量的”引き締め” ~FRB、ECB、日銀の資産動向<2018年3月データ>~

2018年3月は量的”引き締め”の時期でした。

ロシアへの投資

ロシアのメモ ※すべて2016年のデータ

データで見る【異次元緩和】 2012年末→2017年末

日銀黒田総裁が就任して丸5年が経過。 黒田総裁の任期とは少しずれますが、数値データを中心に、「2012年末→2017年末」の変化を追ってみます。

家賃の値下げはあり得るか?

mushitori.blog.fc2.com 以前、虫取り小僧さんの上記記事を楽しく読んだことがあります。

【借金は未来の自分からの借金にして、支出の前倒し行為】 レイ・ダリオ「30分でわかる経済の仕組み」の覚書⑤

www.youtube.com ヘッジファンド「ブリッジウォーター」創業者レイ・ダリオ氏の考えを解説した無料動画が公表されています。 全31分です。

中央銀行のバランスシート 逆回転?

中央銀行のバランスシートが徐々に縮小に向かうかも?という資料です。 ●<PDF>J.P. Morgan Asset Managementの資料から。

ツイート一本  ~米国市場の概況 2018.4.8~

バタバタと落ち着かなかった先週の米国市場を 「米国株式の割安割高を判断する目安」 になると思われる指標などで概観してみます。

新年度 第1週 ~日本市場の概況 2017.4.7~

日本市場をごく簡単に確認し、その後、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。

2007年以降で最低値 米国債 長短金利差 <2018年3月末データ>

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

「あなたの支出は誰かの所得」 レイ・ダリオ「30分でわかる経済の仕組み」の覚書④

www.youtube.com ヘッジファンド「ブリッジウォーター」創業者レイ・ダリオ氏の考えを解説した無料動画が公表されています。 全31分です。

Jリートの割安割高 <2018.3月末データより>

桜は早くも散り出しています。 3月末のデータからJリートの割安割高を探ってみます。

【楽天・全世界株式インデックス・ファンド】 で試す3つの長期投資 <運用実験報告 2018年3月末>

2017年10月末より当ブログでは 【楽天・全世界株式インデックス・ファンド】 <以下”世界株”>で試す3つの長期投資 の運用を実験的に実施中。 今回は運用5か月、2018年3月末時点の状況になります。

世界の主要株価指数 <直近ピーク⇒2018年3月末の下落率>

直近ピークから世界の主要株価指数はどれくらい下落したのか? 2018年4月現在の立ち位置を知る一材料になるデータと思われ、備忘録的にまとめてみました。

ウェルスナビのロボアドバイザーvs凡人のインデックス投資【1557利用】<2018.3月末>

2017.4月末に開始した「ウェルスナビのロボアドバイザーVS凡人のインデックス投資」の運用状況の報告です。

3月にいったんピーク ~米国市場の概況 2018.4.1~

「米国株式の割安割高を判断する目安」 になると思われる指標などで概観してみます。

傷つきながらの信用買い ~日本市場の概況 2017.3.31~

日本市場をごく簡単に確認し、その後、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。

【米国社債スプレッド】はボトムをつけたのか?

クレジットスプレッドの一つ、「米国社債スプレッド」関する記事です。

米国投資家は依然 楽観的?

マイナーな指数ですが、米国に 市場参加者の【楽観・悲観】度合いの目安 となる指標があります。

4大中銀の緩和ペース 緩やかに 

2018年2月末のFRB、ECB、日銀、PBOC(中国人民銀行)4つの中央銀行の資産動向を確認する記事です。 ※便宜的に本記事では「1ドル:110円」「1ユーロ:130円」「1人民元:17円」で計算

世界の時価総額 減少へ

2018年2月末、世界の時価総額は約87.8兆ドル。 2017.10月末の68.3兆ドルから、連続15ヶ月連続で増加し、2018.1月末に90.0兆ドル(この15ヶ月で一気に+31.8%)に到達しましたが、2018.2月、記録が途絶えました。 ※データ出所:World Federation of Exchanges

インフレ率 1% に到達 もしもの円暴落に備える確認作業 <2018.3.26>

もしもの円暴落があるとわたしは現在の長期投資の投資ポジション(日本円100%)では非常に困るので、主にインフレ率のチェックを中心に 「もしも」の兆し がないか適時確認しています。

ナスダックも少し・・・ ~米国市場の概況 2018.3.25~

波乱の米国市場を 「米国株式の割安割高を判断する目安」 になると思われる指標などで概観してみます。

春の嵐 ~日本市場の概況 2017.3.24~

今週は荒れました。 日本市場をごく簡単に確認し、その後、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly