ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

CAPEレシオは使えるか?

スポンサーリンク

 株価の割安、割高を測る指標の一つに、CAPEレシオがあります。

この指標は使えるのかどうか、検証してみました。

 

CAPEレシオとは

CAPEレシオ(Cyclically Adjusted Price Earnings Ratio)とは、過去10年間の実績利益の平均値に物価変動を加味して計算する株価の割高・割安を測る指標で、S&Pケースシラー住宅価格指数を開発したノーベル経済学賞受賞者の米エール大学ロバート・シラー氏が考案したPER(株価収益率)の一種です。「シラーPER」と呼ばれることもあります。

※引用元:株初心者のための株式投資と相場分析方法

 

簡単にまとめて付け加えると、CAPEレシオは

◎株価の割高、割安を測る指標

◎「過去10年の利益」と「物価変動」を加味したPER(株価収益率)の一種

◎一般的には概ね25超えると割高と判断

◎1881年~現在までの130年を超えるデータがあり、その平均値は16.12、中央値は16.75

※参考サイト: Shiller PE Ratio

 

CAPEレシオのチャート

 

f:id:yukimatu-tousi:20170430133928p:plain

※出所: Shiller PE Ratio

 

25以上で割高、平均値、中央値は16~17程度なので、線を引いてみます。

 

f:id:yukimatu-tousi:20170430134056p:plain

25以上の時期に

・世界恐慌前のバブル(1920年代)

・ITバブル(2000年頃)

・サブプライムバブル(2007年頃)

・現在

が含まれています。

 

はたしてこの指標は、どの程度信憑性があるのか。

 

わたしの立場

 

わたしはまず、

「基本的に一つの指標ですべてを判断するのは危険だ」

と考えています。

複数の

自分が信頼できる指標

で、現状を総合的に判断すべきだと。

 

そして、わたしにとって、CAPEレシオの信頼度はあまり高くないです。

 

CAPEレシオをあまり信頼できない根拠

 

f:id:yukimatu-tousi:20170430134056p:plain

○割安な局面を示唆してくれていない

 

CAPEレシオの超長期の平均値は約16です。

しかし、近年、特に1995年以降、ほぼすべての期間が16を上回っています。

 

この平均値を尊重するなら、リーマンショック後の2009年の一時期を除いて、20年以上の期間、

「割安」な時期はなかった

可能性があります。

そんなことはありません。

 

下記グラフは、1995年以降の「S&P500」と「CAPEレシオ×100」をグラフにしたものです。

※CAPEレシオに100をかけたのは、グラフで比較しやすくするため

f:id:yukimatu-tousi:20170430135226p:plain

※出所: ・Shiller PE Ratioヤフーファイナンスのデータより管理者作成

 

ITバブル崩壊後の2002~2003年ごろ、明らかに割安な時期、S&Pが800程度まで落ちている時期があります。

また、1995年頃、まだS&P500が500以下だったころ、すでにCAPEレシオは20を超えており、平均以上の水準を示唆しています。

 

これでは、絶好の割安なタイミングを逃してしまう可能性があります。

 

そして、リーマンショック後の2009年頃、S&P500が800を切っていた頃でもCAPEレシオは

「平均値をやや下回る」

という水準でした。

あのころがすごく割安な時期でなかったら、いつが割安なんだ?

 

○「割高」を示唆する期間が長すぎる

 

f:id:yukimatu-tousi:20170430135851p:plain

また、1995年1月~2017年3月までのCAPEレシオの

中央値 25.73

平均値(幾何平均) 26.10

です。

仮に割高を示唆する数値が25以上とすると、20年以上、平均的には常に割高だったことになります。

 

実際、この期間CAPEレシオが25以上だったのは

1995年12月~2002年6月、2003年9月~2007年12月、2014年6月~2017年3月のほぼすべての期間です。

※データ出所: Shiller PE Ratio

約22年のうち約13年は割高だったかもしれない、ということです。

 

これではオオカミ少年のようなもので、いつがほんとに割高なのか、判然としません。

 

二日に1回以上

「今、割高だよ」

と主張していれば、割高な時期を「予言」できる可能性は高くなるでしょう。

f:id:yukimatu-tousi:20170430150505j:plain

おわりに 

 

このように考えると、この指標はやや過大評価されている気がします。

f:id:yukimatu-tousi:20170430134056p:plain

とりあえず、

「世界恐慌、ITバブル、サブプライムバブルの崩壊前に、CAPEレシオは25を超えていた」

というジンクス、経験則として、頭に入れておいてもいいのかもしれません。

 

そして、現在29を超えているということは、たぶん、

米国株が少なくとも割安な時期ではなさそう、どちらかというと割高かも?

と、大まかに受け止めておく程度でいいような気がします。

 

そして、実戦で使うなら、例えば、世界のバフェット指標の方が、信頼性が高いとわたしは考えています。

 

学者と投資のプロの差でしょうか。

 

f:id:yukimatu-tousi:20170430135851p:plain

f:id:yukimatu-tousi:20170430144710p:plain

出所: 以下サイトデータより管理者作成 ◎GDP→IMF ◎時価総額→WFE

www.yukimatu-value.com

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ