読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキマツの「長期投資のタイミング」

セミリタイア中のバリュー投資家が「世界的に株式が割安な時期、割高な時期」を持続的に丁寧に追跡します

最新の世界時価総額を確認する<2017.3月末>

スポンサーリンク

最新の世界時価総額を確認します。

 ↓世界時価総額についてはこちら↓

www.yukimatu-value.com

 

2017.3月末の世界の時価総額

2017.3月末の全世界の時価総額は74.3兆ドルでした。

※データ出所:以下サイトデータより管理者作成→WFE(国際取引所連合)

 

世界時価総額の推移<2015.3月末~2017.3月末>

f:id:yukimatu-tousi:20170515101529p:plain

※データ出所:以下サイトデータより管理者作成→WFE(国際取引所連合)

ここ2年の世界時価総額の推移です。

概ね60~75兆ドルのレンジでウロウロしていたことが確認できます。

 

ただ、2017.3月末で74兆ドルを超えてきており、5月の株高の様子をみていると、このレンジ抜けて、大きく超えていく可能性がありそうな雰囲気です。

 

ここ2年のイベントと併せてみると、以下のようになります。

f:id:yukimatu-tousi:20170515101924p:plain

 

ここ2年、世界の時価総額は、

●2015.5月末⇒2016.2月末で約20%の減少

●2016.2月末⇒2017.3月末で約20%の増加

 という動きでした。

短期的な株式市場の底が2016.2月だったらしいことが分かります。

 

スポンサーリンク  

世界時価総額の推移<1995.1月末~2017.2月末>

※データ出所:以下サイトデータより管理者作成→WFE(国際取引所連合)

現在は、2015.5月末につけた近年のピークの時価総額、75.6兆ドルに迫る状況です。

 

IMFの推計では、2017年の全世界の名目GDPは約78.0兆ドルなので、これを抜いてくると、

●時価総額>GDP

●市場規模>経済規模

の状況になり、歴史的にはバブリーな時期に入っていくことになります。

※バフェット指標が1.00より大きい時期です

↓バフェット指標についてはコチラ↓

www.yukimatu-value.com

 

最近の株高をみていると、78兆ドルを抜いてくる雰囲気もあります。

 

ちなみに、世界バフェット指標(世界の時価総額÷世界の名目GDP)は、

ITバブル:1.08(1999.12月)

サブプライムバブル:1.09(2007.10月)

が最高だったので、この経験則を適応すると、

世界の時価総額は約85兆ドル程度まで、

あと15%くらい

増えてもおかしくないかもしれません。

※S&P500なら2700、日経平均なら21700円くらいまで?

※一方、もし暴落相場がくれば、世界の時価総額は30~45%減、40~50兆ドルくらいまで落ちてもおかしくないと、わたしは考えています

※単なる経験則による推測です。投資は自己責任で

 

個人的には熱狂的なバブルになるようなブーム、強い熱気、物語性をあまり感じられませんが、やはり中央銀行の存在が大きいんでしょうか。

今は安いとは思えないが、何かあったらFRBが量的緩和を再開して、また、世界的に株価は戻る

そんな、安心感が広がっているような雰囲気は感じられます。

★ 【免責事項】★ ☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。 ☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。 ☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。  🐈🐈 ★ランキングサイトに移動★ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 相場観へ 🐈🐈