ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

時空をこえたメッセージ② チャールズ・エリス

スポンサーリンク

「時空をこえたメッセージ」の2回目です。

「敗者のゲーム」で有名なチャールズ・エリスを取り上げます。

 

時空をこえたメッセージ②

「バーゲンセールの時には買いたくない。値段が上がった時に買います」などという客はいないだろう。だが、実際に、われわれは投資をする時、このような行動を取っている。

(中略)

ジェイソン・ツヴァイクが指摘するように、「われわれは靴下(socks)を買う時のように株(stocks)を買えば、もっとうまくいく」のだ

 ※出所:チャールズ・エリス「敗者のゲーム」

 

 

なぜか、株価が上がると株を買いたくなり、株価が大きく下げていると株を売りたくなる・・・

 

わたしたちに備わっているこの不合理で謎な心理現象を、鋭く、やや皮肉を込めて、そして穏やかに指摘してくれる言葉です。

 

靴下だとあまりリアリティーがでないので、車を例に考えてみます。

f:id:yukimatu-tousi:20170515223553j:plain

 

一台200万円が相場の車が欲しいわたしは、いろんな店を回ります。

ネットでも調べ上げます。

 

でも、なかなか安くはなっていない。

せいぜい10万くらいの差しかない。

 

それがある日、120万円で新古車として販売されています。

機能的にはほぼ新品に近い。

メーカー系列の販売店で、しかも家のそば、何かあってもサポートも受けられるし、文句も言いに行けます。

 

同じ日、この車をどういうわけか250万円で販売している店も見つけました。

 

比較検討に余念がないわたしには、なぜ50万円も余分に上乗せされているのか、訳が分かりません。

当然、そのお店には見向きもしません。

 

結局熟慮の末、わたしは近所の120万円の店で車を買いました。

店の対応も親切で、安くなっていた理由も不自然ではないことが判明します。

 

おもわず笑みがこぼれます。

「あの変な店の値段の半額だ。今日はいい買い物をした!」

スポンサーリンク 

 

おそらく、これはさほど不自然なお話ではないと思います。

まあ、そこそこがんばって安値でいいものが手に入ったんでないの?

という同意を得られやすい話だと思います。

 

なのに、投資になると、わたしたちは

「値上がりしている資産に群がり、値下がりしている資産を避ける」

傾向があります。

 

具体的にある株価のグラフを見てみましょう。

 

「あなたはどのグラフを見ると株を買いたくなりますか?」

 

<グラフ①> 

f:id:yukimatu-tousi:20170515215549p:plain

<グラフ②>

f:id:yukimatu-tousi:20170515215617p:plain

<グラフ③>

f:id:yukimatu-tousi:20170515215651p:plain

<グラフ④>

f:id:yukimatu-tousi:20170515215705p:plain

 

①と③は、何となく安心感があります。

このまま上がっていってくれるのでは?

そう思わせる雰囲気があります。

 

②と④は不安です。

ずっと下がってるじゃないか!こんなもの、買えん!

そういう魂の叫びが聞こえてきます。

 

勘のいいかたはすぐ気づかれると思いますが、上記4つのグラフは、全て近年のS&P500のグラフです。

①:ITバブルの軌跡

②:サブプライムバブル崩壊の軌跡

③:リーマンショック後~2017.4月末の軌跡

④:ITバブル崩壊の軌跡

このうち、歴史的に買ってよかったタイミングは

 ②と④

です。

まさに、絶好の投資機会、5年もたてば資産を2倍以上にできた、滅多にないチャンスでした。

 

逆にのタイミングで買うと、約2年半もの地獄の下落相場(グラフ④の時期)が続く、悲惨な投資タイミングでした。

 

でも、よくよく考えると、②と④は買うべき時期で、①は売るべき時期と考えるのは、当たり前、投資の基本ではないか?

 

投資で収益率を高める基本は

「安く買って高く売る」

「割安時期に買って割高時期に売る」

 です。

 

基本的には、インデックス投資のリバランスのように

安くなっている時期に買い、高くなっている時期に売る

または

株が安くなっている時期に株式の配分比率を高め

株が高くなっている時期に株式の配分比率を下げる

べきであり、普通に考えれば、

買うのはこういう時期

↓(理由)安くなってるから

f:id:yukimatu-tousi:20170515221029p:plain

売るのはこういう時期

↓(理由)高くなってるから

f:id:yukimatu-tousi:20170515221038p:plain

であるはずではないか?

 

車や靴下なら安くて手ごろなものがあれば、合理的に判断して買う。

妙に高いものには寄りつかない。

 

しかし、投資になると、どういう訳か、高い時期に買いたくなる。

安くなっているのに寄りつかない。

 

わたしを含めておそらく多くの人間には、このミステリーな性向が生まれながらに備わっていると思われます。(人によって強弱はあると思いますが)

 

そして、

この性向は、投資では、危険ですよ

 

そう、穏やかに諭してくれるのが、チャールズ・エリスです。

f:id:yukimatu-tousi:20170515225117p:plain

だれもが逆張り投資やバリュー投資、インデックス投資をすべきだとわたしは思っていません。

 

投資は投資家自身が自分のニーズに合わせて自由に行えばいい、誰にも未来予測ができない以上、

もともと投資に「正解」はない

 のだから、他人にやいのやいの言われてやることではない、そう思っています。

 

ただ、多くの人間は投資に関して、いくつかの弱点を備えていて、投資家たるもの、その弱点は自覚しておいてもよいのではないか、そう思います。

 

わかっていても、やってしまうのが人の性(さが)ですが、それでも

自分の弱点を自覚しておく

のは、長い目で見ると、大事なことのように思います。

 

わたし自身、修行中ですが・・・

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ