ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

「世帯貯蓄、過去最高1820万円」報道の不思議

スポンサーリンク

2017.5.17、総務省の2016年の家計調査を基にした、世帯貯蓄の報道がありました。

www.asahi.com

2人以上の世帯の平均貯蓄額が

1820万円

で前年比+0.8%で過去最高だったと。

平均で1820万?多すぎない?

あなたはどう感じますか?

気になって少し調べると、いろいろわかって面白かったので書いてみます。

※投資には、あまり役立たない記事なので、ご了承ください。

f:id:yukimatu-tousi:20170518143947j:plain

疑問1:中央値は?

 

中央値は、データを小さい順に並べたとき中央に位置する値です。

たとえば7人の人がいるとき、その7人の体重の中央値は4番目に重い人の体重になります。

今回の調査では、2人以上の世帯の貯蓄額の平均値は

1064万円

だったと。

平均値の1820万円と、非常に大きな差(1820-1064=756万円)があります。

 

おそらく貯蓄額が飛び抜けて多い世帯が、平均値を大幅に押し上げていることは、常識的に考えればすぐに分かることです。

まだ中央値の方が実感に近いです。

 

はたして、1820万円という平均値は代表値として適切なのか?

※代表値:統計で、調査した集団の特徴を示す値平均値、中央値、最頻値などが一般的

f:id:yukimatu-tousi:20170518133452p:plain

※出所:総務省「家計調査報告」の表を管理者一部編集

 

わたしは統計の専門家ではないので、確たることは言えませんが、上記の分布をみる限り、このケースでは、代表値としてはあまり適切でないと思われます。

どちらかというと、中央値の方が適切だと思われます。

平均値だと、「世帯割合としてはごくわずかな高貯蓄世帯側」にぶれ過ぎていると思われます。

 

また、どうしても平均値を取り上げたいのなら、中央値と平均値でここまで大きな差がある場合、両方明示する方が親切だと感じます。

 

さらに、この調査では貯蓄が100万円以下の世帯は全体の10.5%だったことになっています。

 

スポンサーリンク

 

疑問2:金融広報中央委員会の調査との違いが極端に大きい

 

家計調査は総務省だけでなく、金融広報中央委員会(日銀関連の組織)も行っています。

この組織の2016年の調査では、二人以上世帯の金融資産保有額の

●平均値:1,078万円

※前回(1,209万円)と比べて減少。-10.8%減

●中央値:400万円

※前回と変わらず

だったとのこと。

 

何でこんなにデータに差があるんでしょう?

 

しかも、

●金融資産を保有していない世帯⇒30.9%

だったと。

※出所

www.shiruporuto.jp

 

総務省の調査では貯蓄が100万円以下の世帯は全体の10.5%なのに、こちらの調査では、金融資産なしが30.9%

 

 

どっちが正しいんでしょう。

 

日本国民は総務省には見栄をはって回答し、金融広報中央委員会には赤裸々な実態を教えてるんでしょうか。

わたしにはわかりませんが、あまりに数値が異なるので、どちらかが正しいとすれば、どちらかは正しくない情報である可能性があります。

 

どっちも正しくないのかもしれませんが、わたしにはわかりません。

 

調査方法、調査対象、言葉の定義などが大幅に異なるのかもしれません。

どうも、総務省の「貯蓄現在高」と金融広報の「金融資産保有額」の言葉のニュアンス

で、ある程度違いが出てしまうような雰囲気もありますが、いまいちよくわからない。

 

気にはなるものの、さらに追及したくなるほどの興味はないので、調査はここまでにしました。 

 

まとめ

★総務省

平均貯蓄額:1820万円

  中央値:1064万円

貯蓄額100万円以下の世帯:10.5%

 

★金融広報中央委員会

金融資産保有額の平均値:1,078万円

        中央値:400万円

金融資産を保有していない世帯:30.9%

 

少なくとも言えそうなのは、マスコミが報道している

「日本の2人以上の世帯の平均貯蓄額が1820万円」というネタは、少し歪んだ情報だろう

ということです。

 

調査集団の実態をあまり反映しないデータであり、どちらかというと中央値を取り上げ、クローズアップすべきではないかと思いました。

 

そもそも金融資産がゼロの世帯が日本で30%以上もありそうだ、という調査もある状態で、

日本の平均世帯貯蓄が1820万でした

という部分を前面に出されると、すごく違和感があります。

 

また、

平均・・・ていわれると、何だか盲目的に「標準」とか「スタンダード」を連想してしまいます。

総務省とか金融広報中央委員会・・・っていわれると、何だか「絶対に間違わない」と感じてしまうところがありませんか?

 

このような

★平均値への信仰(中央値の過小評価)

★調査機関への過度の信頼

 は、ときにリスキーかもしれません。

 

情報の精度を確かめるためには、今はネットもあるので、

自分で調べ、比較検討する

のが一番ではないかと思って記事にしてみました。

※投資関連の情報は、精度の低い情報がいくらでも手に入るので、比較検討は欠かせないと思われます

 

それにしても、総務省と金融広報で何でこんなに数値が違うんだろう・・・(まだ、少し気になってる)

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ