ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

実質実効為替レート・ランキング <2017.5月データ>

スポンサーリンク

BIS(国際決済銀行)が公表している実質実効為替レートで主要先進国通貨の割安・割高を探ってみます。

実質実効為替レートとは

為替レートにはいくつか種類があります。

2017.7.13現在「1ドル=約113円」のよく聞く為替レートは名目レートです。

「名目」には「実質」が対応します。

「実質」→「インフレ変動(物価変動)で調整した」

の意味です。

 また、実質実効為替レートの

「実効」→「貿易額などに応じて加重平均して算出した」

の意味です。

 一言でいうと、実質実効為替レートは単純な名目レートではなく、

各国のインフレ変動貿易額に応じた調整を施した為替レート

のことです。

 一般的な名目レートではわからない、

通貨の「実力」を推し量る指標の一つ

とみなす意見もあります。

 f:id:yukimatu-tousi:20170713113935j:plain

詳しくは

◎金融情報サイト「実効為替レート

◎マネー研究所「実質実効レートで「円の真の実力」を知る」

などを参照ください。

※日本の実質実効為替レートについては下記リンクを参照ください。

yukimatu-tousi.hatenablog.jp

 

先進国8ヶ国の最新「実質実効為替レート・ランキング」

実質実効為替レートは、日本円だけでなく、他の国の通貨でも算出されています。

※BISの以下のサイトを参照ください↓

本記事では、

<2010=100とする  Narrow Indices、15 June 2017版>の

<1973年以降の月間平均データ>

で主要先進8ヶ国の通貨の最新(2017.5月)の実質実効為替レートを確認してみます。

結果は以下のようになります。

 

<2017.5月の実質実効為替レート>

↑割安?

1位 日本円    78.50

2位 カナダドル  80.11

3位 ユーロ    91.35

4位 豪ドル    95.02

5位 ポンド    101.91

6位 スイスフラン 109.91

7位 NZランドドル   111.27

8位 ドル       124.28

↓割高?

単純にこの数値だけで判断すると、円は最も割安、ドルが最も割高な通貨ということになります。

スポンサーリンク

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

長期平均と平均値からのかい離

ここまでは一般的な話ですが、ここからわたしの個人的な分析に移ります。

たとえば1973.1月~2017.5月までのドルと円の実質実効為替レートの推移を見てみます。

f:id:yukimatu-tousi:20170710151408p:plain

※出所:Effective exchange rate indicesのデータより管理者作成

ドルと円を比較してみると、なにか不自然な点はありませんか?

 

わたしはこの44年以上の長期にわたって、実質実効為替レートに関しては、

円がドルより高い時期は、あまりない

ことが気になります。

1990年代は長期にわたって円の方が高い時期が続きましたが、その他の年代ではたいていドルの方が円より大きい値です。

実際にこの期間の平均値は

ドル:109.63

円:  93.06

であり、15ポイント以上、ドルの方が大きくなっています。

その原因が何か、わたしにははっきりしたことはわかりませんが、変動相場制に移行後、経験的に、

実質実効為替レートはドルの方が円より大きい

という傾向があるのは否定できないところです。

 

では8ヶ国のすべての1973.1月~2017.5月の平均値を見てみましょう。

日本円    93.06

カナダドル  91.19

ユーロ    91.86

豪ドル    88.30

ポンド    119.63

スイスフラン 94.61

NZランドドル   93.50

ドル       109.63

こうして見てみると、原因はよくわかりませんが、ポンドが約「120」と突出して大きく、ドルが「110」でそれに続き、その他の6ヶ国は88~95の間に収まっていることがわかります。2017.5月のレートと併記してみます。

f:id:yukimatu-tousi:20170713110905p:plain

ポンドに着目すると、44年以上の長期平均が約「120」です。

そのポンドが2017.5月時点で「102」でしかないのは、もしかしてポンドは割安なのではないか?という仮説が立たなくもない、と考えられます。

※ポンドの実質実効為替レートはブレグジットがらみで急落しています

f:id:yukimatu-tousi:20170710153103p:plain

上記をふまえて「実質実効為替レートの長期平均」と「2017.5月のレート」を比較してまとめたのが以下の表になります。

f:id:yukimatu-tousi:20170712163822p:plain

この表からは長期平均より低い水準にある

円、カナダドル、ポンドは割安傾向?

長期平均より高い水準にある

豪ドル、スイスフラン、NZドル、ドルは割高傾向?

という推測ができなくもないです。あまり自信ないですが。

これは単なる仮説であり、この判断が概ね正しければ、例えばFXで

円などの3通貨を買い建て、同時に豪ドルなどの4通貨を売り建てて長期間保有

し、割高割安が修正されれば儲かることになりますが、世の中そんなに甘くない気がします。

※一つのアイデアです。投資は自己判断、自己責任でお願い致します。

※ユーロは保留

ただ、一つの観点としては面白いので、ごく少額でFXでこのポジションを作って、ブログ上で検証していく予定です。

 

おわりに

後半は何だか変な記事になってしまいましたが、アイデアとしては面白いです。

ただ、実質実効為替レートはあまり参考にならない、という意見もあります。

わたしは長期的にはある程度参考になる指標だと考えていますが(短期、中期的には役立たない可能性が高いと思われます)、いろいろな立場、考えがあります。

あくまでご参考までに。

関連記事です

www.yukimatu-value.com

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ