ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

円高 にして 株高 ~日本市場の概況 2017.2.17~

f:id:yukimatu-tousi:20180216200510p:plain

あまり見慣れない円高株高だった日本市場をごく簡単に確認し、その後、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測してみます。

今週の日経平均

f:id:yukimatu-tousi:20180216200600p:plain

※出所:日経平均インデックス(N225 - Investing.com

日経平均は「21000」くらいまで下げるシーンもありましたが、やや回復。

先週末より1.6%ほどの上昇。

今週の日本10年債利回り

f:id:yukimatu-tousi:20180216200844p:plain

※出所:日本 10年 | 日本 10年 債券利回り

米国債は利回り上昇傾向ですが、日本国債は利回りが少し低下傾向。

今週のドル/円

f:id:yukimatu-tousi:20180216201007p:plain

※出所:USD JPY 証券株式相場 | ドル 円 相場 - Investing.com

今週も引き続き円高傾向。

1ドル109円程度⇒106円程度のきつめの円高ですが、株価は安泰という、あまり見慣れない1週間。
スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

5つの指標

日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>

信用買い残 <信用取引における買い方の残高>

東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>

信用評価損益率 <日本市場。信用買いの損益>

日経平均ボラティリティー・インデックス<日経平均版の恐怖指数>

日本バフェット指標

f:id:yukimatu-tousi:20180202100541p:plain

※出所:以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳 ※期間:1985年1月末~2018年1月末

2.16の日本バフェット指標は「1.22」でした。

2.9の「1.21」よりやや上昇。

2018年1月末は「1.29」だったので、1月末からは大幅に下落。

この指標のピークとしては約28年前、1989.12月の「1.45」に次ぐ高い水準になっています。

2.16の時価総額は約「671.6兆円」(全市場の合計値)。

2.9より微増。

確認できている範囲では、1.23の736.8兆円が現時点での最大値。

1985年からの日本バフェット指標の長期平均は「0.75」です。

割高圏の目安「1.0」以上なので、長期的観点からは

日本株は割高圏?

と推測。

f:id:yukimatu-tousi:20180202100837p:plain

※出所:以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳

日本バフェット指標について詳しくはコチラ↓

日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>

信用買い残

f:id:yukimatu-tousi:20180202101920p:plain

※出所:トレーダーズ・ウェブより管理者作成 ※期間2001年6月1日~2018年1月26

2018.2.9 34097億円(約3.4兆円)です。

前週比約206億円の減少です。

先週

2.9の数値は大幅に減少していると推測されます。

なんて書いてましたが、少ししか減りませんでした。

先週は週間で8%程度日経平均が下がったので、信用買い残も減ると大きく予測したのですが、わずか200億円。偉そうに予測して外して失礼しました。

上記期間の長期平均は約2.4兆円であり、3.4兆円は長期平均から上方に偏った値です。

アバウトな判断ですが2.4兆円から離れてきたので、この指標からは

やや割高?

と推測。

<2017.10.27以降の推移>

f:id:yukimatu-tousi:20180216202008p:plain

 ※出所:トレーダーズ・ウェブのデータより管理者作成

信用買い残について詳しくはコチラ↓

信用買い残 <信用取引における買い方の残高>

東証一部PBR 

f:id:yukimatu-tousi:20180202102559p:plain

※出所:その他統計資料 | 日本取引所グループのデータより管理者作成 ※グラフの期間:1999年1月末~2018年1月末

2018年1月末の東証一部PBRは「1.5」でした。

2007年8月以降、10年以上ずっと「0.7~1.3」のレンジでしたが、2017年10月末に上抜けし、11月、12月も「1.4」となり、2018年1月に「1.5」へ。 

割安の目安「1.0」以上なので、割安ではなさそうと判断。

東証一部PBRについて詳しくはコチラ↓

東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>

信用評価損益率

f:id:yukimatu-tousi:20180119201804p:plain

※出所:トレーダーズ・ウェブのデータより管理者作成 ※グラフ期間:2001.6.1~2018.1.12

2018.2.9は「-10.10」でした。2018.2.2の「-4.77」からマイナス幅が拡大。

-5~ー10」のレンジから少しずれています。

こちらも先週

今週の相場からすると2.9は大幅なマイナスになりそうです。

なんて書いたんですが、大したマイナスではありませんでした。

上記期間の長期平均は約「-11」であり、長期平均に近いので、「-10.10」は

ふつう(安心でも不安でもない)?

と推測。

割安の目安「-25」以上なので、割安ではなさそうと判断。

信用評価損益率について詳しくはコチラ↓

信用評価損益率 <日本市場。信用買い残高の損益>

日経平均ボラティリティー・インデックス

★日経平均ボラティリティー・インデックスのメモ

1998年からの

・長期平均:25.3

・最低値:11.82(2017.7月)

・最大値:91.45(2008年10月)

・個人的には30以上で「株価の割安圏」を示唆しやすい指標と考えます。

<長期チャート>

f:id:yukimatu-tousi:20180216202318p:plain

※出所:日経平均ボラティリティーインデックス(JNIV - Investing.com

※期間:1998年~2017年2月15日

<ここ3ヵ月のチャート>

f:id:yukimatu-tousi:20180216202435p:plain

※出所:恐怖指数(VIX 日経VI VSTOXX) 日経平均比較チャートより管理者作成

2.16は「23.48」。

2.9は「36.05」、滑らかに数値は小さくなってきています。

長期平均「25.3」であり、概ね平均値付近の値、信用評価損益率と同様、市場心理は

ふつう(安心でも不安でもない)?

と推測。

先週の恐怖で急激に上がった心拍数が、徐々に平静を取り戻したが、まだ安心はしきれていない程度の落ち着き、みたいなところでしょうか。

 

恐怖指数について詳しくはコチラ↓

www.yukimatu-value.com

現時点での日本市場の割高割安、5つの指標からの推測、まとめ

あくまで個人的な判断ですが、現時点で各指標が示唆する株式の割安、割高の判断をまとめます。

★日本バフェット指標⇒割高圏?

★信用買い残⇒やや割高?

★東証一部PBR⇒割安ではなさそう

★信用評価損益率⇒割安ではなさそう

★日経平均ボラティリティー・インデックス⇒ふつう(割安ではなさそう)

総合的に判断すると、わたしは日本株式は「割高圏?」と推測します。

 

現時点での日本株の長期投資のタイミングとしては

①リスク資産の資産配分が大きくなりすぎていれば、所定の配分に戻す

②資産配分において、株式の配分比率を減らす

③資産配分において、現金の配分比率を増やす

④長期投資を一時やめる(投資をやめる機会を探している場合)

のに適す時期だと考えています。単なる経験則ですが。

※長期投資に関する一つの判断です。短期、中期的な投資には役立たない可能性が高いです

※基本的にできるだけ「割高な時期に株を売り、割安な時期に株を買う」という判断に基づいています

※単なる個人の感想です。未来は誰にも予知できません。投資は自己判断、自己責任で 

※指標ごとに、データ確認時期にタイムラグがありますので、必ずしもリアルタイムの判断ではありません

サブプライムバブル期と「今」のデータ比較

f:id:yukimatu-tousi:20180216221039p:plain

※出所:日経平均、TOPIX⇒Yahoo!ファイナンス、東証REIT指数⇒SBI証券、貸し出し態度判断DI⇒主要時系列統計データ表

TOPIXは2007.6月末を下回っています。

東証リート指数は先週と変化なし。

日経平均VIがだいぶ落ち着いてきました。

あとがき

日経平均は1.6%ほど上昇し、ドル円は2.7%程度下げた今週、珍しいので少し両者の比較チャートを見てみました。 

<ここ10年>f:id:yukimatu-tousi:20180216220352p:plain※出所:SBI証券のグラフより管理者作成

ここ10年で見ると、両者の相関が明確に崩れたのは2016年末ごろからでしょうか。

ドル円は上がらない中で、日経平均だけがぐんぐん上昇しています。

<ここ2年>

f:id:yukimatu-tousi:20180216220800p:plain ※出所:SBI証券のグラフより管理者作成

ここ2年の両者の関係を見ると、やはり2016年末頃から

●ドル円⇒円高傾向

●日経平均⇒横ばい、下落の後、激しく上昇

が確認できます。

ただ、2018年をだけを見ると(赤枠)、両者ともに大きめに下落中。

ここ1年以上、両者の相関はかなり崩れていたのに、このチャートだけを見ていると、むしろ両者の相関が戻ってきたかのような印象すら受けます。

<ここ5日>

f:id:yukimatu-tousi:20180216223007p:plain※出所:SBI証券

ここ5日のチャート。

”印象操作”という言葉もありますが、チャートは期間次第で、ずいぶん印象が変わるとつくづく思います。

関連記事。ドル/円と日経平均の30年の関係を追った記事です

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly