ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

4大中銀の緩和ペース 緩やかに 

f:id:yukimatu-tousi:20180327144124p:plain

2018年2月末のFRB、ECB、日銀、PBOC(中国人民銀行)4つの中央銀行の資産動向を確認する記事です。

※便宜的に本記事では「1ドル:110円」「1ユーロ:130円」「1人民元:17円」で計算


スポンサーリンク


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

FRBの動向

f:id:yukimatu-tousi:20180327145203p:plain

※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fed

ここ5年のFRBの資産推移です。

2018年2月末:4.39兆ドル(約483兆円)でした。

前月比 -3兆円。

f:id:yukimatu-tousi:20180327144447p:plain

※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

ECBの動向

f:id:yukimatu-tousi:20180327145021p:plain

※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11-19 Countries) | FRED | St. Louis Fed

上記グラフはここ5年のECBの資産推移です。2015年頃から激増しています。

ECBの資産は2018年2月末:4.52兆ユーロ(約588兆円)でした。

前月比+4兆円。

f:id:yukimatu-tousi:20180327145931p:plain

※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11-19 Countries) | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

2018年1月より、ECBの債券買い入れの規模は、昨年の半額、

●月額300億ユーロ(約4兆円)

になるとされ、実際、それを反映した金額になっていそうです。

日銀の動向

f:id:yukimatu-tousi:20180327144828p:plain

※出所:Bank of Japan assets:Total Analysis - BJACTOTL - Bloomberg Markets

上記グラフはここ5年の日銀の資産推移です。2013年頃から増え続けています。

日銀の資産は2018年2月末:約530兆円でした。

前月比+3兆円。

f:id:yukimatu-tousi:20180327150101p:plain

※出所:Bank of Japan assets:Total Analysis - BJACTOTL - Bloomberg Marketsのデータより管理者作成

PBOCの動向

f:id:yukimatu-tousi:20180327145410p:plain

 

※出所:China Central Bank Balance Sheet ※単位:1億元

上記グラフはここ5年の中国人民銀行(PBOC)の資産推移です。

PBOCの資産は2018年2月末:約36.3兆元(617兆円)でした。

前月比+8兆円。

短期的には増えたり減ったり、いまいちつかみにくい動き。

f:id:yukimatu-tousi:20180327150513p:plain

4つの中央銀行、トータルでの変動

4つの中銀のトータル資産は概算で2018年2月末:約2218兆円でした。

・前月比+12兆円。

・FRB:-3兆円

・ECB:+4兆円

・日銀:+3兆円

・PBOC:+8兆円

※為替レートや四捨五入で誤差あり

f:id:yukimatu-tousi:20180327150910p:plain

※出所:Bank of JapanCentral Bank Assets for Euro Area Total Assets | FRED | China Central Bank のデータより管理者作成

2017年は年間でこの4大中銀の資産増加額は約182兆円。

ひと月平均15兆円ほどの増加ペースでした。

今年は2ヶ月でまだ9兆円しか増えていないので、年間54兆円のペース。

今のところ、4大中銀の資産増加ペースが

急速に落ちている

といえそうです。

 

で、何のために中銀の資産動向を確認するのか?

 

中央銀行の動向を確認するメリット

中央銀行の動向は

投資タイミングの時期を判断する一つの手掛かりになり得る

とわたしは思います。

一般論として、金利が下がると

◎経済活動が活発になり景気に好影響

⇒企業利益の増加⇒株高

 

◎企業の借入金の金利負担は減少

⇒企業利益の増加⇒株高

 

◎債券利回り低下

⇒投資先としての債券の魅力DOWN

⇒債券以外の投資先(株、不動産など)の相対的な魅力UP

株高

などの要因で株高になりやすいと思われます。

つまり、

・中央銀行が緩和政策をとり、市中の国債などを購入し(国債価格は上昇、金利は下がる傾向。対価として債券保有者にマネーを供給し)

・中央銀行の資産規模が増大することは

・基本的に株価に好影響を与える

その逆も然りだと考えられます。

※中央銀行の資産規模が

◎増加⇒株価に好影響

◎減少⇒株価に悪影響

以上のことから、以下のような投資判断は不自然でないようにわたしは思います。

◎中央銀行の資産規模が大幅に増える見通し

≒緩和マネーが大幅に増える

⇒金利低下傾向?

⇒将来の株高?

⇒株式などのリスク資産の配分を増やすのに適す時期?

 

◎中央銀行の資産規模が大幅に減る見通し

≒緩和マネーが大幅に減る

⇒金利上昇傾向?

⇒将来の株安?

⇒株式などのリスク資産の配分を減らすのに適す時期?

おわりに

シロウト流の雑な解釈ですが、中銀の量的緩和は一言でいえば、

金利の低下要因

にして

株価の上昇要因。

これまでの緩和ペースが急速に落ちることは、株式市場にはネガティブ。

ペースは落ちたといえど、現在の4大中銀資産は増加傾向ですが、もし減少傾向に転じることがあれば、それは長期的には明確な

株価の下落要因

と思われます。

今後もときどき確認していきます。 

中央銀行の関連記事です

www.yukimatu-value.com

●世界的なカネ余りについての記事

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly