ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

中央銀行のバランスシート 逆回転?

中央銀行のバランスシートが徐々に縮小に向かうかも?という資料です。

●<PDF>J.P. Morgan Asset Managementの資料から。

2018年後半がピーク?

f:id:yukimatu-tousi:20180406004545p:plain

※出所:PDF:https://am.jpmorgan.com/gi/getdoc/1383539421122の9ページ

主要な中央銀行のバランスシートの推移と予測を示したグラフです。

FRB、ECB、日銀の3つでほとんどを占めています。

J.P. Morgan Asset Managementでは2018年後半をピークに、トータルで中銀バランスシートが縮小していくという予測を立てている模様。

10年以上続く量的緩和(≒バランスシート拡大)ステージから今後近い将来、

量的引き締め(≒バランスシート縮小)のステージ

に徐々に移るかもしれない、という予測です。

量的引き締めのステージと株式市場

他の要因を考えず、

量的引き締め

だけに着目すると、

量的引き締め ⇒ 金利上昇傾向 ⇒ 株安傾向

※量的緩和 ⇒ 金利低下傾向 ⇒ 株高傾向

という理屈で、量的引き締めは、株式市場にとってはあまり嬉しくない情報だと思われます。

金利上昇は景気にもネガティブなので、

●金利上昇傾向⇒景気悪化⇒企業業績悪化傾向⇒株安傾向

の観点からも市場には優しくない。

 

今まで市場のサポート要因だった中銀の金融政策が、徐々に「中立~ネガティブ」なものに変化していく、可能性を感じさせます。

 

ただ、上記のグラフはあくまで予測です。

今後、景気後退が鮮明になれば、さっさと中銀が緩和スタンスに戻り、株価もすぐに戻る可能性がない、とはいえなさそう。

とりあえず、景気動向と併せて、「中銀資産動向の確認作業」はそれなりに価値ある行為と思われ、毎月記事にしていく予定です。

最後に一つ、気になったこと。

中国人民銀行(PBOC)の扱い

上記グラフには資産規模が最大の中銀、中国人民銀行(PBOC)が省かれています。

意図は分かりません。

そして、PBOCの資産動向の扱いを、FRBやECBと同じにすべきなのか、シロウトのわたしには正直分かりません。

今後、当ブログでは

●PBOC、ECB、日銀、FRBの4大中銀

●FRB、ECB、日銀の3大中銀

トータルの資産動向を別々に分けて確認していく予定です。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly