ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

家賃の値下げはあり得るか?

mushitori.blog.fc2.com

以前、虫取り小僧さんの上記記事を楽しく読んだことがあります。

※投資と関係ない記事です

家賃がずいぶん下がっているらしい

現在わたしはマンション住まい。

最近マンションの管理会社が変わりました。

わりと空室の多いマンションだったのですが、それまでの管理会社より空室を埋めることに熱心な印象。

空室の洗面台を慌ただしくリフォームしたりしています。

そして、風の噂で(おそらく空室を埋めるために)

家賃をずいぶん下げているらしい

と聞きました。

実際10%も安い値段で募集している

ネットで調べてみるとずいぶん低い家賃で入居者募集をしています。

階によって少し差異はありますが、ざっとわたしの部屋より10%程度安い家賃で入居者を募集している様子。

これは交渉の余地がありそう。

契約書にも書いている

ほこりをかぶった契約書を引っ張り出して読んでみても

近傍類似の建物の賃料の変動が生じ、賃料が不相当になった場合、協議の上、賃料改定・・・

という文言も明記されています。

とりあえず、相談くらいはしてみてもいいのではないか。

嫁さんも「いうだけいってみれば」といいます。

でもちょっと怖い

ただ、こういう事態は初めて、下手なこと言うと、虫取り小僧さんではありませんが、

やくざ風の怖い人が出てきて、何か不利益を被るのではないか、子供もいるし、大して高い家賃でもないし、波風立てないでもいいか・・・

とも思いました。

しかし、やっぱり同じ物件で大きな家賃差があって、後に入った方が安い、というのも変な話だ、納得いかん、ということで、電話してみることに。 

電話をしてみると・・・

やくざは出て来ず、

「ああ、家賃の件ですか、そうですね、○○円でいかがでしょう(ネットで見た新入居者の家賃と同じ金額)」

「いいんですか?じゃあそれでお願いします・・・」

この程度で交渉(?)終了、拍子抜けするほどあっさりことが運びました。

 

どうも新しい管理会社も物件の所有者も、既存の入居者が新しい家賃を見て何か言ってきたら、新しい家賃で契約することに依存がなかった模様。

とりあえず、空室を埋めたい、という方針のようです。

感想

とりあえず言ってみるもんだと思いました。

さすがに大家サイドも以前からの入居者が、今まで通りの家賃を文句も言わずに払っている場合、自分たちの方から

値下げする

とは言わないでしょう。

わたしの場合、契約書に

”近傍類似の建物の賃料の変動が生じ、賃料が不相当になった場合、両者で協議することもあり得る”

旨が書かれていたので、何らかのいい分だけは用意して、軽く交渉してみるのは悪くなかったのかもしれません。

 

家賃の値下げはあり得るか?

 

あり得る、ようです。

 

ただ、今回のわたしのケースはたまたまの可能性もあり、世の中、不条理なこともあり、交渉の結果、何らかの不利益を被る可能性がゼロでもないのかもしれません。

わかりません。

全くのど素人の一ケースです。ご参考までに。

そして思わぬところで虫取り小僧さんの記事に背中を後押しされました。

ありがとうございました。

mushitori.blog.fc2.com

mushitori.blog.fc2.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly