ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

ジョンソン・エンド・ジョンソン 【JNJ】の(過去の)ディフェンス力

f:id:yukimatu-tousi:20180604201532p:plain

「ディフェンシブ銘柄」という言葉があります。

リスクオフ期に資産を守る最も一般的な手段は

現金への配分比率を高める

だと思いますが

●一般に、リスク資産でも守りに強い銘柄があるのか

●暴落期の値動きというのはどんなものか

気になったので、近年の2回のバブル崩壊期の値動きから、ごく簡単に探ってみるシリーズ。

今回は米国の個別銘柄、ジョンソン・エンド・ジョンソン 【JNJ】を取り上げます。

※あくまで過去のディフェンス力です。「今や未来のデフェンス力」は不明です

ジョンソン・エンド・ジョンソン 【JNJ】のメモ

f:id:yukimatu-tousi:20180604153351p:plain

ジョンソン・エンド・ジョンソン 【JNJ】はヘルスケア製品メーカー 。

世界各地で医薬品、医療機器・診断市場に製品とサービスを提供する 。

上記グラフは過去5年の株価推移。

・直近のPER:18.99

・直近配当利回り:2.97%

・時価総額:約3252億ドル(約35.4兆円。1ドル=109円で計算)

※グラフ、データ出所:JNJ:New York 株価 - ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) - Bloomberg Markets

※S&P500の直近配当利回り:1.85%

ジョンソン・エンド・ジョンソン 【JNJ】とS&P500の推移

1999年12月末を「1.0」としたときのJNJとS&P500の株価推移をみてみます。

f:id:yukimatu-tousi:20180604224610p:plain

※出所:Johnson & Johnson (JNJ) 米S&P 500インデックス(SPX - Investing.comのデータより管理者作成

この期間、JNJの株価は約2.6倍になっており、2000年初めに大幅に下落したのちは「1.0」倍を常に超えています。

配当を含めればとても大きなリターンだと思われます。

ITバブル崩壊期にはS&P500との比較ではやや逆相関的な動きが見られます。

S&P500の動きに素直に連動しない傾向がうかがえます。

ジョンソン・エンド・ジョンソン 【JNJ】の(過去の)ディフェンス力

過去20年における2回のバブル期とその暴落期、JNJがどのような値動きだったか、S&P500と比較しながら見てみます。

※両者の株価のピークとボトムの時期にはずれがあり、同一期間の比較ではありません

f:id:yukimatu-tousi:20180604223241p:plain

※出所:Johnson & Johnson (JNJ) 米S&P 500インデックス(SPX - Investing.comのデータより管理者作成

2回のバブル崩壊期の下落率平均をとるとJNJは約37%。

S&P500より16.8%下落幅が小さく、株価指数よりは大きく下げない傾向がありました。

※JNJとS&P500の「配当利回りの差」は考慮していません。暴落期の値動きだけの情報です

所感

f:id:yukimatu-tousi:20180604161519p:plain

※出所:Johnson & Johnson (JNJ)  米S&P 500インデックス(SPX - Investing.comのデータより管理者作成

①約4割下落のとらえ方

4割近く暴落することを「ディフェンシブ銘柄」ぽくないと捉えるかどうか、人によって様々だと思いますが、過去20年において2回、JNJでもこのくらい落ちることがありました。

今年に入ってJNJはピークから約2割下落していますが、過去のひどい時期の半分程度の下落幅です。

②暴落期の株価指数をアウトパフォーム

近年の2回の暴落期において、2回とも株価指数を大幅にアウトパフォームしています。

この点に関しては”ディフェンシブ”といえるかもしれません。

タイミングが合えば、ですが

・JNJ買いポジション

・S&P500売りポジション

のロングショートポジションで、過去の暴落期では利益を出せた可能性があります。

③アマノジャク的な動き

ITバブルの際は、S&P500のピーク期(2000年3月)にJNJはさっさと暴落しています。

多くの銘柄がバブっている時期に暴落していました。

また、サブプライムバブル期では2007年10月にS&P500はピークアウトしていますが、JNJのこの時期のピークは2008年9月、リーマンショックの直前です。

ここでピーク迎えますか?というタイミング(その後約6ヶ月で36.4%暴落)。

動きにクセがあります。

過去のデータ推移に過ぎませんが、面白かったです。

※あくまで過去のディフェンス力の印象です。「今や未来のデフェンス力」は不明です。今後もこの傾向が続くかどうかは全く分かりません。JNJの今後のEPS、財務状況、投資環境等で変わってくると思われます。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly