ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

AT&T【T】の(過去の)ディフェンス力

f:id:yukimatu-tousi:20180612230116p:plain

バブルのピークから下落相場のボトムまで、株価が大幅に下落しない度合い

ディフェンス力

とし、近年の2回のバブル崩壊期の値動きから、「デフェンス力」を探ってみるシリーズ。

 今回は米国の個別銘柄、AT&T【T】を取り上げます。

※あくまで過去のディフェンス力です。「今や未来のデフェンス力」は不明です

AT&T【T】のメモ

f:id:yukimatu-tousi:20180612230637p:plain

AT&T(AT&T Inc.)は米国の通信持株会社。

上記グラフは過去5年の株価推移。

・直近のPER:13.26

・直近配当利回り:5.85%

・時価総額:約2099億ドル(約23.1兆円。1ドル=110円で計算)

※グラフ、データ出所:T:New York 株価 - AT&T - Bloomberg Markets

※S&P500の直近配当利回り:1.80%

※2018.6.12時点

AT&T【T】とS&P500の推移

1999年12月末を「1.0」としたときのTとS&P500の株価推移をみてみます。

f:id:yukimatu-tousi:20180612231203p:plain

※出所:https://jp.investing.com/equities/at-t-historical-data米S&P 500インデックス(SPX - Investing.comのデータより管理者作成

この期間の2回の暴落期、TはS&P500の動きに概ね連動し、大きく株価を下げています。

AT&T【T】の(過去の)ディフェンス力

過去20年における2回のバブル期とその暴落期、Tがどのような値動きだったか、S&P500と比較しながら見てみます。

※両者の株価のピークとボトムの時期にはずれがあり、同一期間の比較ではありません

f:id:yukimatu-tousi:20180612231356p:plain

※出所:https://jp.investing.com/equities/at-t-historical-data米S&P 500インデックス(SPX - Investing.comのデータより管理者作成

ITバブル期の暴落幅はとても大きく、S&P500より18%程度大きく下落しています。

2回のバブル崩壊期の下落率平均をとるとTは59.4%。

S&P500より5.4%下落幅が大きく、株価指数よりは大きく下げる傾向がりました。

※TとS&P500の「配当利回りの差」は考慮していません。暴落期の値動きだけの情報です

まとめ

f:id:yukimatu-tousi:20180612231203p:plain

※出所:https://jp.investing.com/equities/at-t-historical-data米S&P 500インデックス(SPX - Investing.comのデータより管理者作成

①デフェンス力は高くはなさそう

市場全体の暴落期には素直に下落している傾向、デフェンス力は特に高くなさそうです。

②ベライゾン【VZ】と動きが似ている

f:id:yukimatu-tousi:20180612232926p:plain※出所:https://jp.investing.com/equities/at-t-historical-dataVZ | Verizon 株式-Investing.comのデータより管理者作成

ともに米国の通信銘柄、似ていて当たり前かもしれませんが。

参考データ

f:id:yukimatu-tousi:20180612235026p:plain

今まで取り上げた銘柄の下落率。

ピークとボトムの時期はまちまちで、配当利回りの差も考慮しておらず、あくまでご参考までに。

※あくまで過去のディフェンス力の印象です。「今や未来のデフェンス力」は不明です。今後もこの傾向が続くかどうかは全く分かりません。Tの今後のEPS、財務状況、投資環境等で変わってくると思われます。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly