ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

投資がうまい人

f:id:yukimatu-tousi:20180707234456p:plain

「13年間で学んだこと」シリーズの7回目になります。

~投資がうまい人~

について徒然に記事にしてみます。

何らかの根拠に基づくものではなく、わたしの主観です。

<その他のシリーズ記事>

13年で学んだこと カテゴリーの記事一覧 - ユキマツの「長期投資のタイミング」

投資がうまい人①「短期間で大きな利益を上げられる人?」

投資を始めたばかりの頃は、漠然と

短期間で大きな利益を上げられる人が投資がうまい人?

というイメージがありました。

短期で大きな利益を上げても、守りが弱く、短期で大きな損失を被りがちで収益変動がとても大きい場合、あまりうまくない可能性もあると今は思います。

投資がうまい人②「下落局面で空売りなども駆使し、利益を上げられる人?」

一時期空売りにはまったころは

売りで利益を上げられれば投資技術が上達した?

と考えることもありました。

確かに、下落局面で大きくダメージを受けない、あるいは資産を増やせる人は「うまい」感じがします。

ただ、

●大きな下落局面自体はそうそう頻繁に来るものでもない

●上昇相場の時期が圧倒的に長く、上昇相場にも対応できないと、下落局面だけの利益ではトータルで大したものにならない可能性も高そう

と今は思います。

投資がうまい人③「リスクより大きなリターンをあげられる人?」

小さなリスクを冒してほどほどのリターンを実現できる。

中等度のリスクを冒して大きなリターンを実現できる。

大きなリスクを冒してとても大きなリターンを実現できる。

投資からリスクをなくすことはできない以上、

冒すリスクに対して相対的に大きなリターンを実現できる人

そんな人は投資がうまい?という気はします。

リターンは大きくなくても、小さなリスクしか冒していないなら、うまいのかも。

投資がうまい人④「投資ストレスや投資の手間に見合った収益を得ている人」

投資は投資家の思い通りにいかない「市場」の相手をする行為なので、基本的にストレスフルな要素があると思います。

そんな市場と対峙して、それほど大きなストレスを感じず、長期的にそれなりの収益を上げられている投資家は「投資がうまい人」かもしれません。

逆に大きなリターンを得ていても、非常に大きなストレスでしばしば心を病んでいるようだと、トータルであまりうまくない人、なのかもしれません。

また、収益は大きくても投資に手間と労力がかかりすぎ、

生活≒投資作業

をイヤイヤ続けているようなら(好きでやってるならまた話は別かもしれませんが)、またそれはそれで、あまり「うまい」感じがしない印象。

投資がうまい人⑤「投資とうまく別れられる人」

ウソかホントかしりませんが、

異性にもてる人は別れ方も上手

なんて言葉をむかしどこかで聞いたことがあります。

要するに、周りや相手や自分のことがよく見えている、相手と別れた後のストーリーなどをリアルに描けるタイプの人は、もてやすく、別れた後のトラブルも少ないのかもしれません。

投資においても別れ方というのは、大きな差が出る部分かと。

●いつまでも過去の失敗をネガティブに引きずる

のはあまりうまくない別れ方。

●相手をよく見て、今は無理と判断したら、追いすがらない、損切りやポジション解消でスパッと離れる

●投資をする目的が果たせたなら、欲をかかずにさっさと投資をやめられる人

そういう人は投資がうまい人かもしれません。

出会いは偶然に支配される部分も多いですが、出会ってからの別れ方というのは、そこそこ自分でコントロールできる部分もありそう。

 

ということで

「投資がうまい人ってどんな人?」

という考えが浮かんだので記事にしてみました。

別にうまくなくても、それぞれ自分が満足できる投資ができていれば、それでいいんだと思いますが。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly