ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

進捗率 3.8%

f:id:yukimatu-tousi:20180717131911p:plain

中国の中央銀行、 PBOC(中国人民銀行)と主要中銀の資産動向を確認する記事です。

※便宜的に本記事では「1ドル:110円」「1ユーロ:130円」「1人民元:17円」で計算


スポンサーリンク


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

PBOCの動向

f:id:yukimatu-tousi:20180717132131p:plain

※出所:China Central Bank Balance Sheet ※単位:1億元

ここ約1年の中国人民銀行(PBOC)の資産推移です。

PBOCの資産は2018年5月末:約35.6兆元(605兆円)でした。

前月比+5兆円。

2018年の動向です。

f:id:yukimatu-tousi:20180717132443p:plain

※出所:China Central Bank Balance Sheetのデータより管理者作成

昨年末の617兆円から5ヶ月で12兆円の減少。

PBOCのバランスシートは今のところ縮小傾向。

4つの中央銀行、トータルでの変動

世界の4大中央銀行、FRB、ECB、日銀、PBOC、トータルの資産動向をみてみます。

トータル資産は概算で2018年5月末:約2216兆円でした。

・前月比+10兆円。

f:id:yukimatu-tousi:20180717132631p:plain

※出所:Bank of JapanCentral Bank Assets for Euro Area Total Assets | FRED | China Central Bank のデータより管理者作成

2018年は5ヶ月で7兆円増加

2017年は年間で約182兆円増えていました(ひと月平均15兆円ほどの増加ペース。2016年は約249兆円)。

2017年のペースからすると、今年の進捗率は5ヶ月で3.8%程度。

くどいですが、昨年は「ひと月平均15兆円ほどの増加」していたものが今年は5ヶ月で、7兆円しか増えていません。

巨額の緩和マネーを吐き出していた中銀が

2018年はその動きを止めた

と解釈できる数字です。

市場にとっては逆風。

f:id:yukimatu-tousi:20180717133141p:plain

※出所:Bank of JapanCentral Bank Assets for Euro Area Total Assets | FRED | China Central Bank のデータより管理者作成

2018年の各中銀のバランスシート動向(5月末まで)。

・ECB・・・+13兆円

・FRB・・・-14兆円

・日銀・・・+20兆円

・PBOC・・・-12兆円

ECBは10月以降、量的緩和策による資産買い入れ金額を現状の半分にする見込み。

FRBの資産縮小ペースはやや加速する見込み。

日銀とPBOCの今後は不明ですが、2018年の年間でみると日銀だけが昨年並みの量的緩和ペースを続けることになるかもしれません。

おわりに

4大中銀の資産動向は今のところ、2018年の投資環境の悪化を明確に示唆。

不況がこなければ、

・中銀緩和マネーのサポートが乏しい

場合によっては

・中銀にマネーを吸収されつつの

投資環境が続きそうな雰囲気。

中央銀行の関連記事です

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly