ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

逆イールドにならなければ景気後退は訪れない? <長短金利差:2018年7月末データ>

f:id:yukimatu-tousi:20180816222351p:plain

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国債の長短金利差を確認するメリット

 

米国の景気・株式市場の動向を探る役に立つかも?

 

※当ブログでは「長短金利差」

【米10年国債利回り-米2年国債利回り】

とします。

長短金利差について、詳しくはコチラをどうぞ↓

米国債 長短金利差 <2017.12.22> - ユキマツの「長期投資のタイミング」


スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

直近の長短金利差

f:id:yukimatu-tousi:20180816222836p:plain

※出所:アメリカ 10年 債券利回りアメリカ 2年 債券利回りのデータより管理者作成 ※期間:1995年1月末~2018年7月末

2018年7月末は「0.29%」。

前月より縮小(6月末:0.33%)。

直近のピークは2010年3月の「2.81%」。

8年4ヶ月、長短金利差の縮小トレンドが続いていることになります。

2018.8.16現在、長短金利差は、0.25%であり、7月末よりさらに縮小。

※2.86%-2.61%=0.25% 

※データ:米国債・金利 - Bloomberg

1995年以降の長短金利差と株価の関係

f:id:yukimatu-tousi:20180816223331p:plain

※出所:アメリカ 10年 債券利回りアメリカ 2年 債券利回り^GSPC : Summary for S&P 500 - Yahoo Finance のデータより管理者作成 ※期間:1995年1月~2018年7

1995年以降の長短金利差と株価(【S&P500】を900で割ったもの)の推移グラフです。

2018年7月は

・長短金利差⇒縮小

・株価⇒大きく上昇

したので両者の差は大きく開きました。

このグラフでは、タイムラグはありますが、長期のトレンドとして概ね

●株価上昇期⇔金利差縮小トレンド

●株価下落期⇔金利差拡大トレンド

が確認できます。

また、この時期のデータに限れば、どちらかといえば

●金利差が大きい時期⇒株式は比較的割安

●金利差が小さい時期⇒株式は比較的割高

ともいえそうです。f:id:yukimatu-tousi:20180816223331p:plain

※長い目でみた一つの傾向、経験則

参考データ:1980年以降の逆イールドと景気後退

f:id:yukimatu-tousi:20171221114532p:plain

※出所:FRED | St. Louis Fedのグラフより管理者作成 ※期間:1976年~2017.11月

1976年~2017.11月の長短金利差のグラフです。

5回の逆イールド期(短期金利>長期金利の時期)とその後の景気後退期(グレーラインの時期)を示しています。

5回とも景気後退期の前に逆イールドが生じており、景気後退期には株価は大きく下げる傾向があります。

長短金利差が小さいだけでなく、逆イールドになる時期は、景気や株式市場にとって不吉な兆候ではあると思われます。

※参考:米長短金利の逆転は懸念=ダラス連銀総裁 | ロイター

今年のFRB利上げ予測

Countdown to FOMC: CME FedWatch Tool

上記サイトによれば

年内にあと1~2回程度(9月、12月?)

のFRBの利上げにより、現在「1.75-2.00%」のFF金利は年内に

「2.00-2.25%」

「2.25-2.50%」

になるとの観測が優勢な様子。

先月より

年内あと2回の利上げ派

の勢いが増している模様。

おわりに:逆イールドにならなければ景気後退はなく、株価は当分もつだろうか?

遠い過去においては逆イールドになる前に景気後退が来たこともあるようです。

また、1987年や2002年には、

そもそも景気後退が来ていないのにS&P500が30%以上暴落した

こともありました。

f:id:yukimatu-tousi:20180816223331p:plain

わたしはわりとアバウトで気長な方なので、逆イールドにはこだわらず、とりあえず傾向、経験則として、近年は

長短金利差が小さい時期の方が株価は割高なことが多かった

という点を重視。

再現性があるかどうかは不明ですが、上記グラフからは、その傾向ははっきりしているので、参考にしてみようか、という程度。

いろいろある中の一つの指標です。

そんなわけで、当分株価はもつかもしれないし、もたないかもしれない。

上記の問いに対する答えは

株価がもつかどうか、やはり事前にはわからない

です。

景気後退の開始時期と株価のピークアウトのタイミングも、1年程度ずれる(株価が先に下落することが多い)こともあり、この点からも、難しいところ。

関連記事

●景気後退をともなわないケースも含めたS&P500の暴落データ

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

●投資と中銀

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly