ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

東証1部のPBRは3ヶ月横這い

f:id:yukimatu-tousi:20180904222255p:plain

 一つの経験則に過ぎませんが、「PBR」に着目し日本市場の割安・割高を確認する記事。

スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

PBRとは

PBRは株式の割安割高を判断する指標の一つです。

1株当たりの純資産に対し、株価が何倍まで買われているか

を表したのがPBR(株価純資産倍率)です。

一般的には1.0以下では割安と判断されることが多い指標です。

・数値が大きいほど割高傾向

・数値が低いほど割安傾向

と判断します。

詳しくは以下のサイトを参照ください。

「PBR」の意味と使い方を教えてください。 | 日本証券業協会

最新の東証一部PBR 

f:id:yukimatu-tousi:20180904223405p:plain

※出所:その他統計資料 | 日本取引所グループのデータより管理者作成 ※グラフの期間:1999年1月末~2018年8月末

2018年8月末の東証一部PBRは「1.3」でした。

2018年2月以降、4ヶ月間「1.4」が続き、6月以降3ヶ月間は「1.3」。

直近ピークは2018年1月末の「1.5」。

割安の目安「1.0」以上なので、割安ではなさそうと判断。

東証一部PBRについて詳しくはコチラ↓

東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>

日経平均と東証一部PBRの推移

f:id:yukimatu-tousi:20180904224339p:plain

※出所:その他統計資料 | 日本取引所グループ 日経平均株価【998407】:国内指数 - Yahoo!ファイナンスより管理者作成 ※期間:1999.1~2018.8

次に、比較しやすいよう

<「1999年1月末の値→1.2」とした日経平均>

と「東証一部PBR」の推移グラフです。

この期間の後付けの経験則に過ぎませんが、PBRが

●1.4以上⇒割高?

●0.9以下⇒割安?

というのは一つの目安にはなりそう。

参考データ:日米のPBR比較

・日本の株式市場全体のPBR→東証一部のPBR

・米国の株式市場全体のPBR→S&P500のPBR

とし、1999年12月以降のデータを簡単に。

★この期間の長期平均

・日本:1.1倍

・米国:2.8倍

最大値

・日本:1.9倍

・米国:5.1倍

最低値

・日本:0.7倍

・米国:1.8倍

※データ出所:その他統計資料 | 日本取引所グループS&P 500 Price to Book Value

おわりに

米国株高をよそに日本の株価は1月以降停滞。

PBRもじりじりと下がってはきていますが、この傾向が続くかどうか。

ちなみに「PBR」でみると東証一部と同様、東証2部マザーズも直近ピークは2018年1月です。

<2018年1月⇒8月:単位(倍)>

●東証1部:1.5⇒1.3

●東証2部:1.0⇒0.8

●東証1部:7.5⇒7.0

東証2部は2007年7月を最後にPBRが「1.0倍以上」になったのは2018年1月の1度だけ。

この期間「0.5~0.8」が主なレンジ。

最低値は0.5倍。

なかなか「割安」が解消されない市場となっています。

関連記事

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly