ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

リーマンショックを含む2000年以降の下落相場③:サブプライムバブル崩壊期 <その1>

f:id:yukimatu-tousi:20181018235439p:plain

2008年のリーマンショックから10年。

区切りがいいこともあり、米国の景気拡大が長期にわたっていることもあり、

再びあのようなことが再現されるのか?

という趣旨の記事を見かけます。

本ブログではリーマンショックにこだわらず、景気減速を基準に、2000年以降の4回の下落相場に焦点を当ててみたいと思います。

今回はリーマンショックを含むサブプライムバブル崩壊期を取り上げます。

※参照:サブプライムローン問題とは|金融経済用語集


スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

4回の景気減速期と株価

●世界景気の指標

CLI(OECD全体)

※CLIについてはコチラ↓

OECD全体の景気先行指数

●主要株価

・全世界の時価総額(ドル建て)

・S&P500(米国)

・ナスダック総合(米国)

・TOPIX(日本)

・DAX30(ドイツ)

・上海総合(中国)

・Nifty 50 (インド)

とし、2000年以降の4回にわたる世界景気減速期の株価を確認してみます。

世界景気の減速期③:2007年6月~2009年2月

f:id:yukimatu-tousi:20181019000830p:plain

※出所:Leading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成

リーマンショックを含む③の期間、CLI(≒世界景気)の数値は

101.7(2007.6)⇒95.5(2009.2)

に低下。

2007.6~2009.2の20ヶ月間、世界景気は減速を続けていたことを示唆するデータ。

他の景気後退期と比較するとこの指標からは

2000年以降で最高の好況から最低の不況になった時期?

といえそう。

ITバブル崩壊後(2000~2003年頃)に始まった世界景気の拡大期は4年あまりで終焉し、その後1年半以上にわたって、まれにみる不況に突入していったという時期。

まさに天国から地獄。

チャイナショック、欧州債務危機、ITバブル崩壊期よりも、鮮烈な記憶として残りやすい20ヶ月といえるかもしれません。

サブプライムバブル崩壊期の株価のピーク・ボトム時期と減少幅

この期間の株価のピーク・ボトム時期と減少幅を確認してみます。

f:id:yukimatu-tousi:20181019115044p:plain

●各国株価のピーク時期:2007.2~2008.1

●各国株価のボトム時期:2008.10~2009.3

●先進国の下落率:ざっと4~6割

●新興国の下落率:ざっと6~7割

世界全体の時価総額は5割強減少しました。

日本の株価は2年かけて約6割下落。

中国の株価はたった1年で7割下落。

インドは9ヶ月で6.5割下落。

まさに暴落といっていいでしょう。

世界各国のピーク・ボトムのタイミングにはばらつきがありますが、経験的には

世界全体の時価総額のピークとボトム

を確認しておくと、判断を大きく誤る可能性が減ると思われます。

下落率のグラフです。

f:id:yukimatu-tousi:20181019114940p:plain

この中ではナスダックが一番軽微だったのは意外。

上海総合は7割超の暴落です。

※表とグラフの出所:https://www.world-exchanges.org/TOPIX- Yahoo!ファイナンスhttps://jp.investing.com/indices/major-indicesのデータより作成

所感①:1年や半年で景色は激変しうる

f:id:yukimatu-tousi:20181021215924p:plain※出所:https://www.world-exchanges.org/より作成

サブプライムバブルのピークからの3年4ヶ月の激動期を世界の時価総額で観察してみます。

世界の時価総額の推移。

2007.10:63.0兆ドル

2008.10:44.3兆ドル(ピークから-29.7%・1年後)

2009.2:28.9兆ドル(ピークから-54.1%・1年4ヶ月後。ボトム)

2010.2:46.3兆ドル(ボトムから+60.2%・1年後)

2011.2:58.2兆ドル(ボトムから+101.4%・2年後)

実にドラマチックです。

こんな大きな変動がしばしば起こるものでもないと思われますが、実際10年ほど前に起きていたことです。

2007.10の時点では市場は楽観に満ちていたと思われます。

それがたった1年で約3割、1年4ヶ月で5割超の株価の暴落。

悲観の極みにあったであろう2009.2のたった1年後には6割の暴騰をみせています。

さらに勢いはとまらず、2009.2の2年後には世界の時価総額はボトムの約2倍にまで回復しています。f:id:yukimatu-tousi:20181021215924p:plain

わたしは当時まだ投資を始めて3~4年、投資スタイルも定まらず、あれこれ試行錯誤の真っ最中、大してリスク資産に投資していませんでしたが、それでもあっという間に資産が吹き飛び、びっくりしていったん投資をやめて観察していました。

信用取引その他でレバレッジをかけていたら一発リタイアだなあ・・・

巨大台風の暴風域に突入したような、ある種の恐怖体験でした。

2017年のような穏やかな市場もあれば大揺れの市場もある、投資は環境次第だとつくづく思います。

●世界景気のいい時期(景気拡大期)はそれなりに大きなリスクをとり、景気が悪ければ(景気減速期)リスクを抑えておく方がよいかも

●たった1年や半年でも市場環境は激変しうる。激変期の渦中においては普通はうろたえて何もできない。事前に最悪の事態を想定した準備やシミュレーションをしていなければ、きっとうまく対応できないだろう

●【景気ボトム⇒景気拡大】の転換期の後(例えば2009.2以降)に、短期的に大幅な株価の上昇がみられやすい?

恐怖体験から得たわたしなりの学びです。

長くなってきたので以下

リーマンショックを含む2000年以降の下落相場③:サブプライムバブル崩壊期 <その2>

に続きます。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly