ユキマツの「長期投資のタイミング」

世界景気は大きな減速トレンド(2000年以降で5回目?)の渦中にあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況と推測するサイト。

AFTER 18.1 <2019年1月>

f:id:yukimatu-tousi:20190101170455p:plain株価のピークを景気のピークも、それがいつかを事前に知ることは困難ですが、ピークらしき時期からの変化を確認することはできます。

2018年1月が直近ピークであったと仮定して、世界の主要な株価の変化を確認してみます。

世界の主要株価指数 <2018年1月ピーク値⇒2018年12月末の下落率>

f:id:yukimatu-tousi:20190101170245p:plain※出所:世界メジャー株式指数 - Investing.com 日本https://finance.yahoo.com/のデータより作成

世界の主要株価指数の「2018年1月ピーク値⇒2018年12月末の下落率」の比較です(現地通貨建て。「VT」「TOK」「VWO」はドル建て)。

データはこちら。

f:id:yukimatu-tousi:20190101170358p:plain※出所:世界メジャー株式指数 - Investing.com 日本https://finance.yahoo.com/のデータより作成
スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  

所感①:「米国>先進国>新興国」の図式が崩れそう

f:id:yukimatu-tousi:20181203161103p:plain上記は11月末の状況。

米国>先進国>新興国

米国は比較的堅調、新興国は下落率が大きい。

米国以外の先進国はその間、という感じでした。

この図式が崩れそうな感じ。

12月末は下記グラフ。

f:id:yukimatu-tousi:20190101222150p:plainインド以外は軒並み2018.1のピークから10%以上の下落。

2018.11月末は13%以上開いていたTOK(日本以外の先進国)とVWO(新興国)の下落率の差も、12月末は9%以下に。

★新興国の下落幅にそれ以外が追いついてきている

★特に米国以外の先進国と新興国の差が小さくなってきた

(VWOとTOPIXや独DAXの差があまりない)

そんな感じの動きとなっています。

ただ、依然米国株の下落幅は小さめ、インドは例外的に小さい。

相対的に米国やインドの景気はその他よりよさそうであり、現時点では景気動向が株価にも反映しているか?

所感②:米中の差は依然大きい

f:id:yukimatu-tousi:20190101172143p:plain

米国市場のダメージは大きくなりましたが、中国市場との差は依然大きい感じ。

おわりに 

2018年は新興国が先に暴落。

次に日本やドイツが20%以上下落して追随。

概算ですが、近年のS&P500のピークからの下落率は

★チャイナショック:15%<米国の景気後退を伴わない>

★欧州債務危機:22%<米国の景気後退を伴わない>

★ITバブル崩壊期:51%<米国の景気後退を伴う

★サブプライムバブル崩壊期:58%<米国の景気後退を伴う

程度でした。

今回の世界的な景気減速期、S&P500の下落幅はどうなるでしょうか。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly