ユキマツの「長期投資のタイミング」

世界景気は大きな減速トレンド(2000年以降で5回目?)の渦中にあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況と推測するサイト。

年間で9割減少

f:id:yukimatu-tousi:20190124202928p:plain2018年12月末のFRB、ECB、日銀、3つの中央銀行の資産動向を確認する記事です。

※本記事では便宜的に「1ドル=110円」「1ユーロ=130円」で円換算しています
スポンサーリンク


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

中央銀行の動向を確認するメリット

中央銀行の動向は

投資タイミングの時期を判断する一つの手掛かりになり得る

とわたしは思います。

※その説明↓

「中央銀行の動向」が「投資タイミング」を判断する、一つの手掛かりになり得ると考える根拠 - ユキマツの「長期投資のタイミング」

FRBの動向

f:id:yukimatu-tousi:20190124203236p:plain※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fed

ここ1年のFRBの資産推移です。

2018年12月末:4.08兆ドル(約449兆円)でした。

前月比 -2兆円

2018年でざっと41兆円資産が減っています。

f:id:yukimatu-tousi:20190124203213p:plain※出所:All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

ECBの動向

f:id:yukimatu-tousi:20190124203347p:plain
※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11-19 Countries) | FRED | St. Louis Fed

上記グラフはここ5年のECBの資産推移です。

量的緩和はペースダウンしてきています。

ECBの資産は2018年12月末:4.67兆ユーロ(約607兆円)でした。

前月比+1兆円

2018年でざっと26兆円資産が増えました。

f:id:yukimatu-tousi:20190124203642p:plain※出所:Central Bank Assets for Euro Area (11-19 Countries) | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

日銀の動向

f:id:yukimatu-tousi:20190124203809p:plain※出所:Bank of Japan: Total Assets for Japan | FRED | St. Louis Fed

上記グラフはここ5年の日銀の資産推移です。

ECBほどではないですが、資産増加のペースは鈍化しています。

日銀の資産は2018年12月末:約552兆円でした。

前月比−4兆円

2018年は約31兆円の増加。

2017年(約45兆円)より少ない資産増加ペースとなりました。

f:id:yukimatu-tousi:20190124203952p:plain

※出所:Bank of Japan: Total Assets for Japan | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

3つの中央銀行、トータルでの変動

f:id:yukimatu-tousi:20190124214400p:plain

※出所:Bank of JapanCentral Bank Assets for Euro Area Total Assets | FRED | のデータより管理者作成 

3つの中銀のトータル資産は2018年12月末:約1608兆円でした。

・前月比−5兆円

・FRB:-2兆円

・ECB:+1兆円

・日銀:−4兆円

※為替レートや四捨五入で誤差あり

2017年12月末は「1592兆円」だったので、2018年は年間で「+16兆円」。

2017年の年間「150兆円」ペースからは大幅に緩和ペースが落ち、2018年は2017年の10%程度の資産増加(約9割減)。

【FRB、ECB、日銀資産】の合計(年末値)と年間増減

<データ>

f:id:yukimatu-tousi:20190124214738p:plain
<増減額のグラフ>

f:id:yukimatu-tousi:20190124214923p:plain※出所:Bank of JapanCentral Bank Assets for Euro Area Total Assets | FRED | のデータより管理者作成

おわりに 

2018年の主要3中銀の資産傾向(概算値)。

★FRB:−41兆円

★ECB:+26兆円

★日銀:+31兆円

2019年はECBの新規債券購入がストップしあまり資産は増えないか。

FRBがこのまま粛々と資産縮小を続ければ、2018年よりも早い量的縮小のペースとなるかも。

日銀は25~40兆円くらいの増加?

この3行トータルだとマイナスになる可能性があります。

量的緩和のサポートがない状態は、どちらかというと株式市場にとってネガティブか。

ただ、FRBが資産縮小のペースを緩めることもあるかもしれず、引き続き資産動向の確認を続けていきます。

ちなみに2017年末⇒2018年末で世界の時価総額は

「85.3兆ドル⇒74.5兆ドル」(−12.7%)

に減少。

どこまで影響があったかは不明ですが、世界的な量的緩和モードの変調が、世界的な株安の一因だった、かもしれません。

関連記事 

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly