ユキマツの「長期投資のタイミング」

世界景気は大きな減速トレンド(2000年以降で5回目?)の渦中にあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況と推測するサイト。

【短信】米国GDP成長率、ピークアウトの可能性

 

f:id:yukimatu-tousi:20190328222733p:plain米商務省が3.28に発表した10-12月期国内総生産(GDP)確定値は速報値から下方修正されました。

もしかしたらピークアウト?の可能性があり、簡単に記事にしてみます。

スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

四半期ごとの前年比、成長率

米国の実質GDP成長率を四半期ごとの前年比でみた推移グラフ。

<ここ10年>

f:id:yukimatu-tousi:20190328223328p:plain※出所:Real Gross Domestic Product | FRED | St. Louis Fed

リーマンショック後に急回復をみせ、その後1%程度まで低下する場面はありましたが、概ね穏やかな上昇率を長期的にキープしています。

<ここ5年>

f:id:yukimatu-tousi:20190328223644p:plain※出所:Real Gross Domestic Product | FRED | St. Louis Fedより作成

2018年第3四半期と2018年第4四半期はともに前年比+3.0%で横ばいとなりました。

速報値では「+3.0%⇒+3.1%」でしたが、確報値では横這いに。

そして2019年第1四半期は成長率の大きめの低下が予測されています。

jp.reuters.com

あくまで現時点でのわたしの勘ですが、このままいくと2019年第1四半期は前年比で「+3.0%」をキープするのは難しそうな感じ。

・米中が貿易がらみで合意する

・各国の緩和的な金融政策が効果を上げる

・自律回復する

などの理由で世界景気が年の後半には拡大傾向に戻り、大ごとにはならないかもしれませんが、とりあえず今はあまり芳しくない流れです。

米国市場、米国経済は最後の砦。

世界景気の減速感が強まる中、米国がそこそこ元気だったから大ごとにはなっていませんが、徐々に米国景気や成長率の面に怪しい兆しが感じられ、一応警戒はしておいていいと感じる状況。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly