ユキマツの「長期投資のタイミング」

世界景気は大きな減速トレンド(2000年以降で5回目?)の渦中にあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況と推測するサイト。

16ヶ月続く世界景気の減速トレンド

f:id:yukimatu-tousi:20190515003830p:plain最新の世界景気をCLIで観察してみます。


スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

①CLI(OECD全体)

f:id:yukimatu-tousi:20190515004200p:plain※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成

景気指標の一つ、Composite leading indicator (CLI。OECD景気先行指数)の2017年1月~2019年3月の推移です。

上記はOECD全体のCLIであり、世界全体の名目GDPの6割以上を占める国を網羅した景気指数です。

「100」が「ふつうの景気水準」、数字が大きいほど好況、小さいほど不況を示唆します。

先日更新された2019年3月のデータは「98.98」(前月比-0.08)。

2017年11月:100.60

が直近のピークとなっており、ピークから16ヶ月連続で減速トレンドが続いています。

景気水準自体も

悪い

といえそう。

<参考:近年のCLIと経済イベント>

f:id:yukimatu-tousi:20190213221247p:plain
※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成 ※数値は概算

1995年1月~2018年12月のCLIの推移と経済イベントです。

2019年2月時点で約「99.0」のこの指標、「チャイナショック」「欧州債務危機」の頃の数値を下回る水準。

ITバブル後(2001~2003年頃)、サブプライムバブル後(2008~2009年頃)の低水準に次ぐ水準。

※数値は随時修正されます

※CLIについて詳しくコチラ↓

トレンドは回復~少し停滞? ~OECD全体の景気先行指数 2017年11月データ~

②主要国CLI

主要4ヶ国(米中日独)の国別のCLIを確認します。

期間は2016年1月~2019年3月です。

f:id:yukimatu-tousi:20190515004755p:plain※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成

日本 オレンジドイツ 米国 中国

最近では<中国⇒日本⇒ドイツ⇒米国>の順にピークアウト。

3月に関しては中国以外、すべて下げています。

中国に関しては

中国のトレンドは下げ止まりそうな雰囲気もあり。

と先月の記事で書いていた程度のグラフだったのですが、最新のグラフでは2018年12月をボトムに明確な反転を描いています。

2019.2月のグラフ⇒明確な反転は確認されない>

f:id:yukimatu-tousi:20190515005157p:plain

CLIのデータは即時性が低めでデータも地味にいじられることも多いですが、かなり露骨に変化させてきています。

2018年の後半にも中国景気の反転を示すグラフが数ヶ月描かれ、その後下落トレンドに修正されたこともあり、個人的には即断せず経過観察。
<参考>主要国製造業PMI:2016.1~2019.4

f:id:yukimatu-tousi:20190507214549p:plain※出所:「https://jp.investing.com/search?q=製造業購買担当者指数 PMI」のデータより管理者作成

2016年1月~2019年4月までの景気動向を示唆する指標、製造業PMIの主要4国の最近の推移です。

「50」を節目に「景気拡大」「景気減速」を示唆。

こちらは「中国⇒ドイツ⇒日本⇒米国」の順にピークアウト。

 

2019.4月の数値変動は

●米国・ドイツ・日本:上昇

●中国:低下

中国以外は上昇していますが米国とドイツはほぼ横ばい。

日本は大きめの上昇し節目の50をわずかに上回っています。

3月「50.5」まで急上昇した中国は4月に「50.1」まで下落。

中国(50以上をキープできるか)と米国(50に少し接近してきている)の今後の動向が気になるところ。

※PMIについてはコチラ

参考データ:CLI(OECD全体)と世界の時価総額の比較

<近年の主な世界景気減速期における世界の時価総額>

f:id:yukimatu-tousi:20190312155524p:plain※出所:https://www.world-exchanges.org/Leading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより作成  ※期間:1995.1~2019.1

<近年の主な世界景気拡大期における世界の時価総額>

f:id:yukimatu-tousi:20190312160147p:plain

※出所:https://www.world-exchanges.org/Leading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより作成  ※期間:1995.1~2019.1

相対的に「ストレスを抑えて投資できる可能性が高い」のは世界景気の減速期ではなく、拡大期か?

おわりに

中国は含まれていませんが、CLI(OECD全体)の数値は16ヶ月間低下傾向。

A:一時的な回復期も含みつつ、じわじわ長期化するいやらしい景気減速期となるのか

B:軽症ですみ、今年か来年には本格的な世界景気の拡大期がやってくるのか

何だか最近の米中がらみのニュースだけをみていると、Aパターンの到来を危惧してしまいますが、意外にBパターンがしれっと来るかもしれません。

とりあえず観察継続。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly