ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

「最近20ヶ月の停滞」と「その前の20ヶ月の大幅上昇」の原因・理由

f:id:yukimatu-tousi:20190630173859p:plain

2017年10月末より当ブログでは

【楽天・全世界株式インデックス・ファンド】 <以下”世界株”>で試す3つの長期投資

の運用を実験的に実施中。

今回は運用20ヶ月、2019年6月末時点の状況報告になります。

この企画について詳しくは下記サイトを参照ください。

www.yukimatu-value.com


スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【楽天・全世界株式インデックス・ファンド】 で試す3つの長期投資 

企画の目的

①わたしの好奇心の満足

②【楽天・全世界株式インデックス・ファンド】を用いた長期投資に興味がある方への参考情報を作ること

③タイミング投資とタイミングを読まないインデックス投資を同時に行い、互いの利点、欠点をあぶり出す

3つの長期投資、その概略

◎運用資金 

3つの投資、すべて1000円でスタート

 

◎追加投資

行わず

 

◎ポートフォリオ

・インデックス投資①

<世界株:現金=50:50>

・インデックス投資②

<世界株:現金=70:30>

・タイミング投資③

<割安っぽい時期⇒世界株:現金=70:30>

<割高っぽい時期⇒世界株:現金=30:70>

 

◎分配金の扱い

すべて再投資コースを選択

 

◎リバランス

<インデックス投資①②>

・基本年一回:10月末

・10%以上の変動で随時行う

<タイミング投資③>

・割安、割高の判断に基づいて大きく配分変更

・配分変更後は10%以上の変動で随時行う

 

◎運用費用

・ファンドの信託報酬(税込み)は年率「0.2396%」程度なので、各投資の資金全体(1000円)に対する比率はざっと

「0.24%×0.3~0.7=0.07~0.17%」(年間0.7~1.7円)

・買付手数料:なし

・信託財産留保額:なし

 

◎運用開始日

2017.10/24~10/31

 

◎運用終了日

一応、2022年10月末(5年後)

運用状況

<インデックス投資① 世界株:現金=50:50 投資額1000円>

世界株:現金=500円:500円

でスタートしています。

世界株の

平均取得単価:10,142

6月末の基準価額:10,350

であり、世界株は+2.1なので

世界株:現金

=511円:500円

(50.5%:49.5%)

評価額は1011円になっています。

<インデックス投資② 世界株:現金=70:30 投資額1000円>

世界株:現金=700円:300円

でスタートしています。

世界株の

平均取得単価:10,142

6月末の基準価額:10,350

であり、世界株は+2.1%なので

世界株:現金

=715円:300円

(70.4%:29.6%)

評価額は1015円になっています。

<タイミング投資③ 世界株:現金=30:70 投資額1000円>

タイミング投資③は

<割安っぽい時期⇒世界株:現金=70:30>

<割高っぽい時期⇒世界株:現金=30:70>

の配分。運用スタート時(2017年10月末)は割高っぽかったので

世界株:現金=300円:700円

の配分。

世界株の

平均取得単価:10,142

6月末の基準価額:10,350

であり、世界株は+2.1%なので

世界株:現金

=306円:700円

(30.4%:69.6%)

評価額は1006円になっています。

まとめ

世界株は20ヶ月で経過時点で<+2.1%>であり、今はリバランスも行っていないので、結果がそのまま反映されています。

PF全体の変化です。

・インデックス投資① 世界株:現金=50:50

投資額1000円⇒1011円 <損益:+1.1%(概算)>

 

・インデックス投資② 世界株:現金=70:30

投資額1000円⇒1015円 <損益:+1.5%(概算)>

 

・タイミング投資③ 世界株:現金=30:70

投資額1000円⇒1006円 <損益:+0.6%(概算)>

f:id:yukimatu-tousi:20190630201510p:plain

※金額がショボすぎて全く参考にならない場合、例えば「1千」や「1万」をかけていただくと、少しリアルな数字、ポートフォリオになります。

仮に、インデックス投資1万をかけてみると、概算ですが

・投資額:1000万円

・世界株:現金=500万円:500万円で運用スタート

・運用開始20ヶ月で、

投資額1000万円⇒1011万円

<含み損益:+11万円

 になります。同様に、

・インデックス投資②⇒992万円

<含み損益:+15万円

タイミング投資③996万円

<含み損益:+6万円

のイメージです。

世界株の純資産額の推移

2017.9.29に設定された世界株の純資産推移も確認しておきます。月末値です。

2019.5月は株安でわずかに資産減少。

・2017年10月末:約6億円

・2017年11月末:約12億円

・2017年12月末:約17億円

・2018年1月末:約34億円

・2018年2月末:約47億円

・2018年3月末:約56億円

・2018年4月末:約70億円

・2018年5月末:約83億円

・2018年6月末:約96億円

・2018年7月末:約111億円

・2018年8月末:約125億円

・2018年9月末:約139億円

・2018年10月末:約140億円

・2018年11月末:約157億円

・2018年12月末:約152億円

・2019年1月末:約173億円

・2019年2月末:約191億円

・2019年3月末:約198億円

・2019年4月末:約210億円

・2019年5月末:約209億円

※データ出所:<PDF>

https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/nav/rivge/pdf/rivge_M201905.pdf

ベンチマークとの差

2019年5月末時点でのベンチマークとの差。

設定来の騰落率はベンチマークのインデックスが

+2.1%

に対して世界株は

+0.2%」。

世界株はベンチマークを1.9%程度下回る状態。

2019年3月末の差は「2.2%」だったので差は縮小。

最近は2%付近の差。

※データ出所:上記PDFサイト

終わりに

<6月末の損益状況>

f:id:yukimatu-tousi:20190630202008p:plain

この20ヶ月で各ポートフォリオのリターンの振れ幅の概算。

★インデックス投資① 世界株:現金=50:50

 ⇒-4.7%~+3.9%

★インデックス投資② 世界株:現金=70:30

 ⇒-6.6%~+5.4%

★タイミング投資③ 世界株:現金=30:70

 ⇒-2.8%~+2.3%

2017年10月末から開始したこれらのPFの運用状況、可もなく不可もなしというところか。

ちなみにドル建てのVT(米国ETF)は2017年10月末までの20ヶ月、「2016.2月⇒2017.10月」の20ヶ月で

53.64⇒72.21

(+34.6%。円建てだと+34.9%)

という大幅な株価上昇となっています。

「最近20ヶ月の停滞」と「その前の20ヶ月の大幅上昇」の原因・理由、さまざまな視点があると思いますが、個人的には世界景気のトレンド変化が大きいと推測。

※CLI(OECD全体)からは、世界景気は2017年11月~2019.4月までは減速傾向。2016.5月~2017.11月は拡大傾向

あくまで全世界の景気と株価の傾向という大雑把な話ですが、2017.10月以降は近年の経験則「世界景気減速期の世界株は停滞、下落傾向」という仮説を否定できていない状況。

7月はとりあえずリスクオンで始まりそうですがどうなりますか。
こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly