ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

4つめの山を描き終わった?

f:id:yukimatu-tousi:20190820172451p:plain

即時性の高い米国の景気指標として

ECRI景気先行指数

があります。

ECRI景気先行指数とは

米国の民間調査機関ECRIが毎週発表している指数。

★指数が大きい⇒景気がいい

★指数が小さい⇒景気が悪い

と判断。

1967年以降の週次のデータが公表されています。

Economic Cycle Research Institute | Public Home | ECRIで入手可

「マネーサプライ」「JOC-ECRI工業市場価格指数」「住宅ローン申請」「債券実質金利」「株価」「債券利回り」「失業給付申請」の7つの要素で指数化される指数。
スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ECRI景気先行指数の今

f:id:yukimatu-tousi:20190820172900p:plain

※出所:https://stock-ai.com/eom-1-WLIW.phpより作成  ※グラフの数値は一部未修正で最新の数値と一致せず

2017年1月以降の推移。

最新データ2019.8.9のECRI景気先行指数は「144.0」。

直近ピーク2018.2.2の「152.7」より「-5.7%」の水準。

直近のボトムは2018.12.28の「141.1」。

今年に入って概ね「141⇒149(4月)⇒144(5月)⇒146(7月)⇒144(8月)」という動き。

2018年以降のECRI景気先行指数とS&P500

f:id:yukimatu-tousi:20190820173806p:plain

※出所:Economic Cycle Research Institute | Public Home | ECRI^GSPC : Summary for S&P 500 - Yahoo Financeデータより管理者作成 ※期間:2018.1~2019.8

2018年1月以降の「ECRI景気先行指数」と「S&P500」の週足データをグラフ化したものです。

この期間タイムラグはありますが4つの山を作ってきた「ECRI景気先行指数」と「S&P500」。

現時点では4つめの山を描き終わった?という雰囲気。

5つめの山ができるのか、ECRI景気先行指数に引きずられるように、株価は低下していくのかどうか。

※週次データで両者の期間はほぼ一致していますが、数日の誤差あり

参考データ①:ECRI景気先行指数とS&P500:長期データ

f:id:yukimatu-tousi:20181113155624p:plain

※出所:Economic Cycle Research Institute | Public Home | ECRI^GSPC : Summary for S&P 500 - Yahoo Financeデータより管理者作成 ※期間:1990.1~2018.11

米国景気と株価の連動性を如実に語るグラフ。

※参照記事⇒即時性の高い米国景気指標 ECRI景気先行指数

参考データ②:景気後退前にピークアウト?

ECRI景気先行指数は1967年以降の50年以上のデータと歴史があります。

下記グラフは1967~1987年のもの。f:id:yukimatu-tousi:20181219163946p:plain※出所:https://stock-ai.com/eom-1-WLIW.phpより作成

少しわかりにくいですが、網掛け部分が米国の4度の景気後退期で、4回すべてECRI景気先行指数が景気後退前にピークアウトしています。

同様に下記グラフからは1987~2018年に起きた3回の景気後退期、景気後退の前に指数がピークアウトしていたことがうかがえます。

f:id:yukimatu-tousi:20181219164543p:plain

※出所:https://stock-ai.com/eom-1-WLIW.phpより作成

ただ、後付けの解釈なので、いつがピークかはそのときには不明。

一つの目安。推測の材料。

直近ピークは2018.2.2であり今は約1年6ヶ月程度経過。

おわりに

f:id:yukimatu-tousi:20190820173806p:plain

今のところECRI景気先行指数はじわじわと低下トレンドか。

一方、S&P500は2018.1月以降で4回目の高値圏を近くにあり、今後

・5回目の高値圏⇒その後下落

・5回目の高値圏は訪れずこのまま下落

・5回目の高値圏の到来またはレンジ形成⇒その後上昇基調へ

のどれになるか。

今後のポジティブシナリオとしては

★米中対立が緩和、世界景気への楽観モード到来

★緩和的な金融政策、力強い財政政策等による景気好転

★その他、何らかの事情で世界的な景気回復、企業業績改善

などを想定。

ネガティブシナリオとしては

「景気減速の継続+物価・金利上昇、何らかの信用不安のエスカレート」

「米中対立の激化」

等を想定。

個人的にはあまり楽観していませんが、どうなりますか。

引き続き予断を持ちすぎず難しい時期を乗り越えたい、という感じ。
こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly