ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

米国の景気減速感が強まる

f:id:yukimatu-tousi:20190825164950p:plain

「製造業PMI」の速報値から米国などの景気を観察。

※PMIについて詳しくコチラ↓

中日独の景気動向 2017年11月データ - ユキマツの「長期投資のタイミング」

 
スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

①製造業PMIの速報値

「購買担当者指数」は「PMI」とも呼ばれる景気指標の一つです。

世界の多くの国で採用されており、毎月更新される即時性の高い便利な指標です。

50が分岐点であり

50より大きい⇒景気拡大

50より小さい⇒景気減速

と判断。

製造業PMIは「製造業購買担当者指数」のことで、製造業全般の景気を示唆します。

主要3ヶ国(米日独)の国別の製造業PMIを確認。

期間は2016年1月~2019年8月(8月は速報値)です。

f:id:yukimatu-tousi:20190725224642p:plain

※出所:「https://jp.investing.com/search?q=製造業購買担当者指数 PMI」のデータより管理者作成

直近のピークは

●ドイツ:2017.12月

●日本:2018.1月

●米国:2018.4月

であり、今のところ

「ドイツ⇒日本⇒米国」

の順にピークアウトしています。

f:id:yukimatu-tousi:20190825171217p:plain

2019.8月の数値変動は

●米国:低下

2018.5月以降、米国はゆっくり低下トレンド。8月の速報値は49.9で節目の50を下回る。

●日本、ドイツ:上昇

日本はほぼ横ばい。

ドイツは低水準ながら上昇。

以下、各国中長期の推移グラフ。

※出所:サーチより作成

<日本>

f:id:yukimatu-tousi:20190825170253p:plain

日本はそれほど低くなく粘っています。
<米国>

f:id:yukimatu-tousi:20190825170116p:plain

米国は2016年のチャイナショック頃より低い水準。

<ドイツ>

f:id:yukimatu-tousi:20190825170406p:plain

ドイツは欧州債務危機の頃と同水準。

おわりに

グローバル製造業PMIは2017年12月をピークに7月までで19ヶ月続く低下トレンドで7月は「49.3」。

中国の動向は不明なので何ともいえませんが、グローバル製造業PMIは8月も50を下回りそうな雰囲気。

また米国の景気指標の一つ「ISM製造業景況指数」、2019.7月は「51.2」(前月比−0.5)とこちらも徐々に50に近づいてきており、ゆっくりとですが米国の景気減速感が強まりつつある状況か。

防御は最大の攻撃

という発想もあり、個人的には安全資産多めのポジションが無難と感じる時期。

こんな記事も

<グローバル製造業PMI、ISM製造業景況指数について>

www.yukimatu-value.com

<CLIについて>

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly