ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

【先週のS&P500】 200日移動平均よりかなり高い位置

f:id:yukimatu-tousi:20190908164238p:plain
先週のS&P500の200日移動平均の確認記事。

最新のS&P500の200日移動平均

2019.9.6のS&P500の200日移動平均は「2810」(前週2806)で上昇トレンド。

9.6のS&P500は「2979」なので「+6.0%」ほど移動平均より高いところに位置(6.0%の上方かい離。先週は+4.3%)。

個人的には短期的にはかなり高いところにいるという印象。

※データ出所(以下のグラフも同様):S&P500 インデックス(SPX) - Investing.com

 

スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

最近の移動平均からのかい離率、その傾向

f:id:yukimatu-tousi:20190908165549p:plain

2018年以降、S&P500はアップダウンが大きくなってきており、6%以上の上方かい離の時期が短期的な過熱相場、その後急落しやすい状況にある模様(数値は概算値)。

・2018.1月(+14%)⇒2018.4月に「0%」へ

・2018.9月(+7%)⇒2018.12月に「-14.5%」へ

・2019.4月(+6%)⇒2018.5月に「-1%」へ

・2019.7月(+8.5%)⇒2018.8月に「+1.6%」へ

ごく最近では2019.7.26には「+8.64%」まで上昇し、直近ピーク。

その後

8.14:「+1.62%」

8.19:「+4.46%」

8.23:「+1.59%」

9.6:「+6.01%」

とアップダウン。

7.26の「+8.64%」の後は「+1.6%」程度までしか下がらず、現在は「+6%」と最近ではかなり高い水準に。

※景気が拡大期だった2017年頃は「+6%」程度は「当たり前の水準」でしたが、2018年以降はこの水準を長く保てていません

今回も「+6~9%」をピークに大きく下げるのか、プラス圏が続くのか。

f:id:yukimatu-tousi:20190908165710p:plain

個人的には

ロングショートポジションをごくわずかにして、だめもとで「ごく低額のプットオプション買い」にて状況に対応 <先週の記事>

していましたが、「ごく低額のプットオプション買い」は不発、先週ほぼ無価値に。

10月が限月のオプションですが、復活することはあるかどうか。

※最近の経験則、パターンであり再現性があるかは不明。この先いつ上がる、下がるかも不明です。投資は自己責任で

こんな時期も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly