ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

ほぼ無料で景気後退「占い」

f:id:yukimatu-tousi:20191017144158p:plain

米国債の長短金利差に着目し、米国の景気動向、株式市場の動向を推測する記事です。

米国債の長短金利差を確認するメリット

 

米国の景気・株式市場の動向を探る役に立つかも?

 

※当ブログでは「長短金利差」

【米10年国債利回り-米2年国債利回り】

とします。

長短金利差について、詳しくはコチラをどうぞ↓

米国債 長短金利差 <2017.12.22> - ユキマツの「長期投資のタイミング」


スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

直近の長短金利差

f:id:yukimatu-tousi:20191017144717p:plain
※出所:アメリカ 10年 債券利回りアメリカ 2年 債券利回りのデータより作成 ※期間:1995年1月末~2019年9
月末

2019年9月末は「0.05%」。

前月末より差は拡大(8月末:0.00%)。

直近のピークは2010年3月の「2.81%」。

月末値でみるとボトムは2019年8月末で9年5ヶ月長短金利差の縮小トレンドが続いていました。

8月末で縮小トレンドが終わったのかどうか。

2019.10.17現在、長短金利差は、0.16%であり、9月末(0.05%)より大きめに拡大。

※1.74%-1.58%=0.16% 

※データ:米国債・金利 - Bloomberg

1995年以降の長短金利差と株価の関係

f:id:yukimatu-tousi:20191017145221p:plain

※出所:アメリカ 10年 債券利回りアメリカ 2年 債券利回り^GSPC : Summary for S&P 500 - Yahoo Finance のデータより管理者作成 ※期間:1995年1月~2019年9

1995年以降の長短金利差と株価(【S&P500】を900で割ったもの)の推移グラフです。

2019年9月末は前月末に比べて

・長短金利差⇒拡大

・株価⇒上昇

このグラフでは、タイムラグはありますが、長期のトレンドとして概ね

●株価上昇期⇔金利差縮小トレンド

●株価下落期⇔金利差拡大トレンド

が確認できます。

また、この時期のデータに限れば、どちらかといえば

●金利差が大きい時期⇒株式は比較的割安

●金利差が小さい時期⇒株式は比較的割高

ともいえそうです。

f:id:yukimatu-tousi:20191017145439p:plain

※長い目でみた一つの傾向、経験則 ※期間:1995.1~2019.9

FRB利上げ、利下げ予測

Countdown to FOMC: CME FedWatch Tool

上記サイトによれば

2019年12月までに現在「2.00-2.25%」のFF金利は

・「1.50-1.75%」(現行より-0.50%)

・「1.25-1.50%」(現行より-0.50%)

になる可能性が高いとの観測。

<2019.10.17時点>

f:id:yukimatu-tousi:20191017145903p:plain

先月より「利下げ期待」が膨らんでいる模様。

とりあえず10年債利回りと比べてまだ少し高いFFレート。

<2019.9.17時点>

f:id:yukimatu-tousi:20190917105730p:plain

あとがき

10y-2yではなく「10年債と3ヶ月債」の長短金利差、長期推移。

f:id:yukimatu-tousi:20191017153156p:plain
※出所:10-Year Treasury Constant Maturity Minus 3-Month Treasury Constant Maturity (T10Y3M) | FRED | St. Louis Fedより作成

過去3回の米国景気後退前の長短金利差の最低値をつけた月(月末値データ)から景気後退開始までのタイムラグは

14ヶ月、3ヶ月、10ヶ月

となっています。

現在3ヶ月債の10年債利回りとの逆イールドは解消されており、今回は今のところ2019年8月頃がボトムか。

先のことは不明で「今回は違う」を全否定することはできず、何だか景気後退「占い」みたいな感じですが、今回も長短金利差は景気後退時期の目安となるのかどうか。

環境さえ整えばほぼ無料で世界中の誰でも確認できる指標が今回も景気後退時期を占う目安となるのならある意味すごいですが、果たして。f:id:yukimatu-tousi:20191017153156p:plain

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly