ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

数字だけにこだわり過ぎてもしょうがないか

f:id:yukimatu-tousi:20191030172301p:plain

もしもの円暴落があるとわたしの現在の長期投資の投資ポジション(日本円現金100%)では非常に困るので、主に日本のインフレ率のチェックを中心に

「もしも」の兆し

がないか適時確認しています。

円暴落の兆しを知るための指標

わたしは以下の5つの指標を適時確認しています。

①ドル円名目レート

②円の実質実効為替レート

③日本の消費者物価指数

④日本の長期金利(10年国債の金利)

⑤日銀の資産動向

※あくまで個人的な対策に過ぎないので、本当に役立つかはわかりません

それぞれが何を意味するのかの説明は以下の記事を参照ください。

 ここから5つの指標を一つずつ確認していきます。
スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

「ドル円名目レート」

<ここ5年のチャート>

f:id:yukimatu-tousi:20191030172353p:plain
※出所:
 USD JPY 証券株式相場 | ドル 円 相場 - Investing.com

ここ5年は「1ドル=101~124円」程度。

<ここ3ヶ月のチャート>

f:id:yukimatu-tousi:20191030172411p:plain
※出所: 
USD JPY 証券株式相場 | ドル 円 相場 - Investing.com

ここ3ヶ月は概ね「105~109円」程度で推移。

暴落の気配はなさそう。

円の実質実効為替レート

f:id:yukimatu-tousi:20191030173102p:plain

※出所:日本銀行時系列統計データ検索サイトより管理者作成 ※グラフ期間:1973.1月~2019.9

上記は長期的な視点から「通貨の実力」を示唆する、という人もいる実質実効為替レート(円)の推移グラフです。

1973.1月~2019.9月の

・長期平均:96.9

・中央値:97.3

です。

2019年9月の数値は「79.0」であり、前月(80.0)より円安方向にぶれています。

水準としては長期平均「96.9」より大幅に低く

円安

方向にぶれている水準と推測されます。

※単なる個人的な目安です。一般的ではないと思うので、ご注意ください

急激な動きではなく暴落の雰囲気はありません。

日本の長期金利(10年国債の利回り)

f:id:yukimatu-tousi:20191030173213p:plain
※出所:日本 10年債券利回りチャート  

ここ5年の日本の長期国債利回り推移です。

先月は「-0.12%」、今は「−0.26%」程度。

利回り急騰の雰囲気はなく、2016年頃と同程度のマイナス利回り水準。

日本の消費者物価指数

f:id:yukimatu-tousi:20191030173602p:plain

※出所:統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI) 時系列データのデータより管理者作成 ※2014年4月の消費増税の影響を調整しないデータ

概ねアベノミクス後、2013年1月~2019年9月の

消費者物価指数<生鮮食品を除く総合。前年同月比>

です。

2019年9月は+0.3%(前月は+0.5%)。

2018年10月の+1.0%以降、低下トレンドが鮮明で0%に接近中。

増税で10月以降上昇する見込み。

日銀保有資産

f:id:yukimatu-tousi:20191030202129p:plain

※出所:Bloomberg Markets

過去5年の日銀保有資産の推移です。

2019年10月20日は約572.3兆円。

2019年の日本の名目GDPは推計で557.8兆円(IMF推計)であり、このデータを用いると現在の日銀の保有資産額は名目GDPの約102.6%です。

約1年前2018.10.21の日銀資産は約549.0兆円なので、この1年で概ね23.3兆円の増加となっています。

2014年、2015年、2016年は年間で80兆円前後増加していたので、2017年以降、量的緩和ペースは大幅に減速していると思われます。

f:id:yukimatu-tousi:20190127142707p:plain

※出所:Bank of Japan: Total Assets for Japan | FRED | St. Louis Fedのデータより管理者作成

米国債の利回りとギリシア国債の利回りの確認(ともに10年物)

もしも日本円が暴落するとき、市場はいわゆるリスクオフ一色の相場になると思われます。

そのとき投資家の資金が逃げ込む国債市場の一つは、流動性や信用力の高い米国債ではないかと思います(ドイツ国債などもおそらく同様)。

逆に投資家が資金を引き揚げる国債の一つは、多額の負債を抱え事あるごとに国債利回りが急騰しているギリシアの国債ではないかとわたしは推測しています(ポルトガルなど他にもいろいろあると思いますが)。

したがって、もし円に何かあれば、米国債の利回りは下がり(米国債は買われて価格が上がり利回りが下がる)、ギリシア国債の利回りは上がる(ギリシア国債は売られて価格が下がり利回りが上がる)と推測されるので、この意味で米国債やギリシア国債の利回を観察しておくと、役に立つのではないかと思われます。

米国債10年物利回り

<ここ5年>

f:id:yukimatu-tousi:20191030212929p:plain
<ここ3ヵ月>

f:id:yukimatu-tousi:20191030212946p:plain
※出所:米国 10年 | 米国 10年 債券利回り 

米10年国債利回りはここ5年では低い水準。

3ヶ月前は2.0%ほどあった利回りは最近1.8%。

ギリシア国債10年物利回り

<ここ5年>

f:id:yukimatu-tousi:20191030213056p:plain
<ここ3ヵ月>

f:id:yukimatu-tousi:20191030213124p:plain
ギリシャ 10年 | ギリシャ 10年 債券利回り

ここ3ヶ月では概ね「2.0%⇒1.2%」に低下。

ここ5年で「8.3%⇒1.2%」に低下。

米国債利回りは低下傾向ですが、ギリシア国債利回りも低位へ。

世界的な国債バブルか、これが新常態か。

とりあえず急激なリスクオフの雰囲気は感じられません。

まとめ

2019年9月の消費者物価(生鮮食品を除く総合)は+0.3%(前年同月比)。

景気減速とともに物価上昇率は鈍化傾向、デフレ逆戻りの雰囲気あり。

その他指標からも「円暴落」の気配は特に感じず。

おわりに

9月の物価上昇率は+0.3%。f:id:yukimatu-tousi:20191030173602p:plain

最近の日本の消費者物価(生鮮食品を除く総合)は

景気がよくてせいぜい+1.0%前後、景気が悪くなると下がっていく

傾向がある模様。

※2015~2016年前半、2018年以降、世界景気は減速傾向

インフレ率が+1.0%程度でも日本の景気はよくなっていたわけで(2013~2015年頃、2017年後半~2018年頃)、庶民感覚としては優先順位は「景気>インフレ率」か。

景気がよくなることが重要であって(インフレ率+2.0%を達成しても、そのとき景気が悪ければ不人気政策になりそう)、+2.0%のインフレ率という数字だけにこだわり過ぎてもしょうがないように感じるしだい。

あくまで庶民の感想ですが。
関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly