ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

21ヶ月続く世界景気の減速トレンド

f:id:yukimatu-tousi:20191115110927j:plain

最新の世界景気をCLIで観察してみます。


スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

①CLI(OECD全体)

f:id:yukimatu-tousi:20191114155654p:plain
※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成

景気指標の一つ、Composite leading indicator (CLI。OECD景気先行指数)の2017年1月~2019年9月の推移です。

上記はOECD全体のCLIであり、世界全体の名目GDPの6割以上を占める国を網羅した景気指数です。

「100」が「ふつうの景気水準」、数字が大きいほど好況、小さいほど不況を示唆します。

最新値、2019年9月のデータは「99.11」(前月比-0.02)。

2017年12月:100.77

が直近のピークとなっており、ピークから21ヶ月連続で減速トレンドが続いています。

景気水準自体は

悪い

といえそう。

ただ、数値低下ペースの鈍化がみられ、そろそろ反転するかが気になるところ。

<参考:近年のCLIと経済イベント>

f:id:yukimatu-tousi:20191015154722p:plain

※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Datahttps://www.world-exchanges.org/より作成

※期間:1995.1~2019.8

近年の「CLI」と「世界全体の時価総額」の推移と経済イベントです。

近年の好況、不況の時期、その際の時価総額の動向が端的に確認できます。

※CLIについて詳しくコチラ↓

トレンドは回復~少し停滞? ~OECD全体の景気先行指数 2017年11月データ~

②主要国CLI

主要4ヶ国(米中日独)の国別のCLIを確認します。

期間は2016年1月~2019年9月です。

f:id:yukimatu-tousi:20191114160346p:plain

※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成

日本 オレンジドイツ 米国 中国

最近では<中国日本ドイツ米国>の順にピークアウト。

9月に関して中国以外、すべて下げています。

中国に関しては2019年2月頃をボトムに反転。

他国に先駆けて本格的な回復に向かうかどうか。

<参考>主要国製造業PMI:2016.1~2019.9

f:id:yukimatu-tousi:20191105215320p:plain

※出所:「https://jp.investing.com/search?q=製造業購買担当者指数 PMI」のデータより管理者作成

2016年1月~2019年10月までの景気動向を示唆する指標、製造業PMIの主要4国の最近の推移です。

「50」を節目に「景気拡大」「景気減速」を示唆。

こちらは「中国⇒ドイツ⇒日本⇒米国」の順にピークアウト。

2019.10月の数値変動は

●米国・ドイツ:上昇

●日本、中国:低下

米国はやや持ち直しの感じ。

日本は7月「49.4」で10月「48.4」と落ち込みが目立ってきている印象。

※PMIについてはコチラ

参考データ:CLI(OECD全体)と世界の時価総額の比較

<近年の主な世界景気減速期における世界の時価総額>

f:id:yukimatu-tousi:20191015143446p:plain

※出所:https://www.world-exchanges.org/Leading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより作成  ※期間:1995.1~2019.8

<近年の主な世界景気拡大期における世界の時価総額>

f:id:yukimatu-tousi:20191015143354p:plain

※出所:https://www.world-exchanges.org/Leading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより作成  ※期間:1995.1~2019.8

「ストレスを抑えて比較的心地よく投資できる可能性が高い」のは世界景気の減速期ではなく、拡大期か?

おわりに

CLI(OECD全体)の数値は21ヶ月、1年9ヶ月続く低下傾向。

今後のシナリオの想定。

①ネガティブシナリオ

今後米国経済の減速傾向が続いた場合、世界景気の減速期間は長期化、景気悪化の程度も深刻化する可能性があるか?

②ポジティブシナリオ

CLIでは中国の数値は2019.2月頃をボトムに反転。

CLI(OECD全体)の数値低下ペースは鈍化が目立つ。

グローバル製造業PMIは2019年7月で下げ止まり。

CLIやグローバル製造業PMIは1年半数値低下トレンドが続いていた。

そろそろ中国を先頭に世界景気がいったんは回復していく?(一時的な回復も含めて)

CLI(OECD全体)の今後のイメージ。

<A:今後、また数値低下ペースが加速する>

f:id:yukimatu-tousi:20191114161418p:plain

<B:今後、いったん半年程度回復して、その後また落ち込む>
f:id:yukimatu-tousi:20191114161338p:plain

<C:本格的な回復モードに>
f:id:yukimatu-tousi:20191114161303p:plain

先行きはさっぱりわからず、現時点の何となくの勘は

A:30%?

B:40%?

C:30%?

のような感じですが、果たして。

<ITバブル後や欧州債務危機時の一時的な景気回復時期の例(赤四角)。Bに近いシナリオ>

f:id:yukimatu-tousi:20191114162101p:plain

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly