ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

日本の輸出総額 断続的に12ヵ月の前年割れ

f:id:yukimatu-tousi:20191120151907j:plain

日本の輸出総額(前年同月比。%)は11ヶ月連続で前年割れとなっています。


スポンサーリンク


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日本の輸出総額を確認するメリット

日本からの主な輸出品の輸出額が前年より増えている時期は世界景気が好調、株価も伸びやすい?

逆に輸出額が前年割れしている時期は世界景気が不調、株価も伸びにくい?

との仮説から、日本の輸出総額(前年同期比。%)動向は投資タイミングを計る参考情報になり得る、かも。

※日本の主な輸出品:自動車、鉄鋼製品、半導体、自動車部品、発電機械、プラスチック材料など

日本の輸出総額(前年同期比。%)の推移

f:id:yukimatu-tousi:20191120152600p:plain

※出所:http://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/time.htmより作成 ※期間:2008.1~2019.10(2019.10月は速報値)

2019.10月の速報値は前年比で「-9.2%」。

よくない水準。

前月は「-5.2%」。

2018.12月以降11ヶ月間、前年割れが継続(2018.9月も一度マイナス)。

概ねの時期ですが上記グラフ水色四角で囲んだ部分は輸出総額が前年比割れの時期。

①:サブプライムバブル後の不況

②:欧州債務危機前後の不況

③:チャイナショック前後の不況

とりあえず昨年12月以降、基調は前年割れで今は世界景気がさえない時期か。

日本の輸出総額とTOPIXの現状(2019.10月末まで)

f:id:yukimatu-tousi:20191120153150p:plain
※出所:http://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/time.htmhttps://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998405.T より作成

日本の輸出総額とTOPIXの推移グラフ。

日本の輸出総額(前年同月比)は2017.8月にピークアウト。

TOPIXは2018.1月にピークアウト。

その後はともに低下基調ではありますが、9月以降のTOPIXは急騰。

輸出総額前年比の動きとはミスマッチ。

参考データ①:日本の輸出総額とCLI

2008年~2019.3月の日本の輸出総額と世界景気を示唆する指標CLI(OECD全体)の推移。

f:id:yukimatu-tousi:20190521165620p:plain

※出所:http://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/time.htmLeading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより作成

CLIはComposite leading indicator (CLI。OECD景気先行指数)の略。OECD全体のCLIであり、世界全体の名目GDPの6割以上を占める国を網羅した景気指数。

「100」が「ふつうの景気水準」、数字が大きいほど好況(景気拡大)、小さいほど不況(景気減速)を示唆します。詳しくはコチラ

青のCLIが低下トレンドにあり、世界景気が減速していく時期、総じて日本の輸出総額は低下、低迷傾向にあるようです。

f:id:yukimatu-tousi:20190521170117p:plain

逆に青のCLIが上昇トレンドにあり、世界景気が拡大していく時期、総じて日本の輸出総額は増加傾向にあるようです。

f:id:yukimatu-tousi:20190521170455p:plain

ちなみに日本の輸出総額とCLI(OECD全体)、両者の相関係数は2008.1~2019.3までの月足データで「0.78」であり、強い正の相関があります。

参考データ②:日本の輸出総額、前年割れの持続期間と最低値

f:id:yukimatu-tousi:20190620164226p:plain

※出所:http://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/time.htmより作成 ※期間:2008.1~2019.5

日本の輸出総額、前年割れの持続期間と期間中の最低値。

①:サブプライムバブル後の不況(14ヶ月継続。最低値:-49.4%)

②:欧州債務危機前後の不況(断続的に18ヶ月最低値:-12.4%)

③:チャイナショック前後の不況(14ヶ月継続最低値:-14.0%)

2018.9月を含めると、今回は断続的に12ヵ月の前年割れが生じています(最低値:-9.2%)。

何だか長期化しそうな雰囲気もありますが、いつまで続きますか。

おわりに

f:id:yukimatu-tousi:20191120153531p:plain

2017.8月~2019.10月まで、輸出総額は明確な低下トレンド。

TOPIXも概ね一緒に下げていましたが2019年9月以降、袂を分かって急騰中。

その原因は何か。

一つの仮説にすぎませんが、FRBの

★2019年8月以降3回の利下げ

★2019年9月以降の量的緩和

という緩和政策の影響は大きいか。

力技な感じ、FRBの市場に対するパワフルさを見せつけられているような。

※「実体経済」に対する影響力は今後気になる

「株価水準」「景気動向」だけでなく「中銀動向」の確認はやはり重要と感じるところ。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly