ユキマツの「長期投資のタイミング」

2018年以降世界景気は減速トレンドにあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況?と推測するサイト

ISM製造業景況指数と米国製造業PMIはアベコベな結果

f:id:yukimatu-tousi:20191204110504j:plain
5月に節目の50を下回ったグローバル製造業PMIは7月をボトムに上昇傾向。
最新の「製造業PMI」と「ISM製造業景気指数」から世界と米国の景気を観察してみます。

 
スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

①グローバル製造業PMI

「購買担当者指数」は「PMI」とも呼ばれる景気指標の一つです。

世界の多くの国で採用されており、毎月更新される即時性の高い便利な指標です。

50が分岐点であり

50より大きい⇒景気拡大

50より小さい⇒景気減速

と判断。

製造業PMIは「製造業購買担当者指数」のことで、製造業全般の景気を示唆します。

グローバル製造業PMIは「全世界の製造業の景気状況」を示唆する指数です。

グローバル製造業PMIの推移を見てみます。

※グローバル製造業PMIについて、詳しくはコチラ(英語サイト、PDF)

https://www.markiteconomics.com/Public/Home/PressRelease/9327bfd6ab96442a9c259b5a87f13adc

f:id:yukimatu-tousi:20191204113521p:plain

※出所:上記PDFサイトより作成

2019年11月は「50.3」(前月比「+0.5」)でした。

7月をボトムに8~11月は上昇傾向。

まだ節目の50を超えて景気拡大傾向を示唆。

2017年12月をピークに2019年7月まで19ヶ月(1年7ヶ月)続いた低下トレンド転換かどうか。

●2018年2月:54.1

●2018年3月:53.3

●2018年4月:53.5

●2018年5月:53.1

●2018年6月:53.0

●2018年7月:52.7

●2018年8月:52.6

●2018年9月:52.2

●2018年10月:52.1

●2018年11月:52.0

●2018年12月:51.4

●2019年1月:50.8

●2019年2月:50.6

●2019年3月:50.5

●2019年4月:50.4

●2019年5月:49.8

●2019年6月:49.4

●2019年7月:49.3

●2019年8月:49.5

●2019年9月:49.7

●2019年10月:49.8

●2019年11月:50.3

※PMIについて詳しくコチラ↓

中日独の景気動向 2017年11月データ - ユキマツの「長期投資のタイミング」

②主要国製造業PMI

主要4ヶ国(米中日独)の国別の製造業PMIを確認。

期間は2016年1月~2019年11月です。

f:id:yukimatu-tousi:20191002125630p:plain

※出所:「https://jp.investing.com/search?q=製造業購買担当者指数 PMI」のデータより管理者作成

直近のピークは

●中国:2017.9月

●ドイツ:2017.12月

●日本:2018.1月

●米国:2018.4月

であり、今のところ

「中国⇒ドイツ⇒日本⇒米国」

の順にピークアウトしています。

f:id:yukimatu-tousi:20191204114320p:plain

2019.11月の数値変動は

●米国・ドイツ、日本、中国:上昇

すべて上昇。

③ISM製造業景況指数

次に、米国の景気指標の一つ「ISM製造業景況指数」を確認します。

PMIと同様、50が分岐点であり、

50より大きい⇒景気拡大

50より小さい⇒景気減速

と判断。

※ISM製造業景況指数についての記事↓

「株は景気の悪い時期に買うは正しいか?」米国景気の一つの指標【ISM製造業景況指数】

f:id:yukimatu-tousi:20191204162727p:plain

※出所:アメリカ ISM製造業購買担当者指数より作成 ※期間:1995.1~2019.11 ※数値は概算値

2019.11月は「48.1」(前月比−0.2)。

予想(49.2)に反して低下。

1995年以降でみて低水準。

2018.8月「61.3」が直近のピークで、その後は明確な低下トレンド。

④参考データ:ISM製造業景況指数、近年の低い値(概算値)と株価との関連

f:id:yukimatu-tousi:20191204162727p:plain
※出所:アメリカ ISM製造業購買担当者指数より作成 ※期間:1995.1~2019.11 ※数値は概算値

●ロシア危機:47

●ITバブル崩壊後(2回のボトム):41、46

●サブプライムバブル崩壊後:33

●欧州債務危機:49

●チャイナショック:48

●2019年11月:48

f:id:yukimatu-tousi:20191204163709p:plain

※出所:アメリカ ISM製造業購買担当者指数S&P500 インデックス(SPX) - Investing.comより作成 ※期間:1995.1~2019.11

ISM製造業景況指数が低い時期、株価は横這い~低迷していることが多いですが、今回は「48.1」という低値でも株価は最高値圏にあり。

おわりに

ISM製造業景況指数と米国製造業PMIはアベコベな結果。

個人的には

●市場に「順風」が吹いていると素直に思える時期

●株価が長期的にみて割安?と感じる時期

などに大きくリスクをとるのが好み。

今は微妙で判断が難しそうな印象でボチボチのリスクテイク継続。

今週はプットオプションが活躍。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly