ユキマツの「長期投資のタイミング」

投資歴16年目。 「景気(企業利益動向)」「中銀の金融政策(金利動向)」「投資家のリスク許容度」などから長期投資のタイミングを探る投資ブログ

【短信】FRBの総資産、再び増加へ転じる

f:id:yukimatu-tousi:20200117091430j:plain
FRBの資産動向を簡単に確認する記事。

※本記事では便宜的に「1ドル=110円」で円換算しており、数値は目安、概算です
スポンサーリンク


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

FRB資産、ここ1年

f:id:yukimatu-tousi:20200117091549p:plain
※出所:Assets: Total Assets: Total Assets (Less Eliminations From Consolidation): Wednesday Level (WALCL) | FRED | St. Louis Fedより作成

FRBの資産縮小は2019年8月末ごろまで続き、約「3.76」兆ドル(414兆円)まで縮小。

その後4ヶ月間増加を続け、2020.1.1は約「4.17」兆ドル(459兆円)。

★2020.1.8:約「4.15」兆ドル(457兆円。-2兆円)

★2020.1.15:約「4.18」兆ドル(460兆円。+3兆円)

いったん減少するも再度増加に転じる。

参考情報:「FRB資産の激増と2019年9~12月の株高」と「FED流動性引き去りリスク

FRB資産の増加は2019年9~12月の株高要因の一つであったと思われます。

どの程度一般化できるかは不明ですが、下記グラフはS&P500の値動きとFEDバランスシートの増減の関連を週次で確認したグラフ。

何らかの連動性がある可能性を示唆するグラフ。

f:id:yukimatu-tousi:20200113150932p:plain

※出所:カレンダーに印をつけろ:来週からFED流動性引き去りが始まる

下記記事はFED流動性引き去りリスクを指摘。

※あくまで「term reposの繰延がない」場合、FEDが流動性を引き去るかも、という指摘

カレンダーに印をつけろ:来週からFED流動性引き去りが始まる

おわりに

昨年末と比べてFRB総資産はやや増加。

FEDの明確な流動性引き去りは実施されていないか。

引き続き株価も好調。

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly