ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

そもそも投資とは何か⑫★心理的余裕のない投資と余裕のある投資

スポンサーリンク

(前回からの続きです)

🐈

心理的余裕のない投資と余裕のある投資

 

投資は人が行うものです。

そのうちAIが行うかもしれませんし、コンピュータにアルゴリズムを実行させる高頻度取引も盛んなようですが、おそらくまだ、人が枠組みを作って投資を行っていると思われます。

特に個人投資家の投資は、まさに人の行う投資です。

 

人は機械ではなく動物であり、体調、気候、気分等、様々な環境要因で、思考力も判断力も、常に変化しています。

そして、投資行動に大きな影響を与える要因に「感情」「心理」があります。

 

ときどき、感情に任せて行動して、人は失敗します。

 

機嫌が悪いだけで、八つ当たりしてひどいことを言ったりします。

それまでの努力をぶち壊すような、やけくその行動もとります。

後で考えると、どうしてあんなことをしてしまったんだろう、と後悔します。

 

投資行動においても、感情、心理の要因は大きいと思います。

 

おそらく、そして、経験上、心理的に余裕のない投資は、ろくな結果を生みません。

 

例えば、Aさんは貯金の100万円を20年の投資で1億円にする計画を立てました。

 

計算上、年間30%くらいの利回りで複利で20年運用すれば、1億円にならないわけでもないので、年利30%を目指して投資を始めました。

投資が成功すると固く信じているため、普段は貯金もせず、20年後に遊んで暮らすイメージが今の希望の拠り所です。

 

そんなわけで、Aさんは日々、市場とべったりです。

最大限レバレッジを効かせて、最大限の資金効率で勝負しています。

相場の動きに一喜一憂、さっき歓喜していたかと思えば、今は意気消沈していたり、その繰り返しです。

レバレッジを効かせる・・・「レバレッジ=てこ」のように小さな力で大きなものを動かすこと。投資においては、自己資金以上の大きな投資を行ったり、借金をして自己資金以上のお金を動かすこと

 

一方Bさんは、もっと保守的で悲観的です。

 

日本国債10年物の利回りが0.1%にも届かないご時世なので、年利1~2%程度の運用が長期的に実現できればありがたいと考えています。

そして、最悪投資で失敗することも考慮して、普段から仕事にいそしみ、貯蓄を心がけ、手元を離れてしまった投資資金は「ないもの」として暮らしています。

投資とは「もしうまくいったら儲けもの」程度の距離感を保っています。

 

そんなわけで、レバレッジを効かせる投資は行わず、取引回数も少なく、月に1回資産評価額を確認する程度で、普段はあまり投資のことは考えません。

 

さて、AさんとBさんの投資、どちらが「正しい」のでしょうか。

🐈

(次回に続きます)

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ