ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

【世界時価総額】で株式の割安割高を探る①(4回シリーズ)

スポンサーリンク

長期投資において、世界時価総額を知っておくことは大事だとわたしは思います。

雑ですが、株価が今高いのか、安いのか、普通なのか、感覚的にわかるときがあります。

非常に俯瞰的で、意味深いデータだと感じます。

本記事は《【世界時価総額】で株式の割安割高を探る》シリーズの1回目になります。

 

 

★世界時価総額を知るメリット

 

□世界の株式市場の規模が端的にわかります   □長期的視点から、全世界の株式市場の推移を俯瞰できます   □投資家心理の判断材料になります   □株式の割安・割高を判断する手がかりになります   □「長期投資を始める、やめる」タイミングを判断する手がかりになります

 

 

時価総額とは?

 

世界時価総額の説明の前に、一般的な時価総額の説明を二つのサイトから引用します。

 

まず、日興証券:初めてでもわかりやすい用語集から。

各銘柄の時価総額とは、通常、「株価×発行済株式数」で計算されるもので、その企業の規模を示しているものといえます。 また、「東京証券取引所市場第一部の時価総額」などという場合は、東証1部上場企業の時価総額を合計したものです。これは、東証1部の市場規模を示しているといえます。

次に、iFinanceから。

時価総額は、企業の市場価値を金額で表したもので、上場企業の場合、株価発行済株式数を掛けたものをいいます。これは、企業の市場価値の他に、東証1部・東証2部・マザーズ・JASDAQなど株式市場の全銘柄の時価総額の合計額や、証券取引所に上場する全企業の時価総額の合計額としても使われ、この場合は、その市場の規模(大きさ)や取引所の規模を計る目安となっています。

 

以上の情報から、一般的に、

時価総額=株価×発行済株式数   時価総額=市場価値(個別の上場企業の市場価値)   時価総額=市場規模(全上場企業の時価総額の合計額)

といえます。

 

本記事では、時価総額を主に、

時価総額=市場規模(全上場企業の時価総額の合計額)

の意味で使用していきます。

 

 

★世界時価総額とは

 

世界時価総額

全世界の主要な株式市場の時価総額の総和

のことです。

米国、中国、日本、その他すべての主要な株式市場の時価総額の合計額が、世界時価総額です。

端的に、

全世界の株式市場の規模=世界時価総額

です。

2017年2月末時点での時価総額は概ね以下の通りです。

<1ドル=113円で計算>

世界:73.5兆ドル(約8300兆円) 米国:28.8兆ドル(約3250兆円) 中国:7.8兆ドル(約880兆円) 日本:5.2兆ドル(約585兆円)

出所: 右記サイトデータより管理者作成 WFEhttps://www.world-exchanges.org/home/index.php

 

 

★世界時価総額の推移

 

出所: 右記サイトデータより管理者作成 WFEhttps://www.world-exchanges.org/home/index.php

上記グラフは、1995年1月末~2017年2月末の世界時価総額の推移グラフです。

単位は「兆ドル」です。

この期間、世界時価総額は、基調としては右肩上がりですが、いくつか特徴的な時期があります。

 

2000~2003年頃、2008~2009年頃に大きな谷があります。

2000~2003年頃はITバブルの崩壊時期。

2008~2009年頃はサブプライムバブルの崩壊時期(リーマンショックは2008年)でした。 

 

一方、大きな山(ピーク)も二つあります。

2000年頃のピークはITバブル

2007年頃のピークはサブプライムバブルでした。

 

次回に続きます

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ