ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

世界時価総額からみた近年の株式市場の歴史①<全2回>

スポンサーリンク

ごく簡単に1990年以降の株式市場の歴史を振り返ります。わたしの備忘録のようなものなので、興味のある方は気楽にお読みください。

★1990~2016年の世界時価総額の動向

※グラフ出所:①②のサイトのデータより、管理者作成 ①WFE<https://www.world-exchanges.org/home/index.php>②GLOBAL NOTE<http://www.globalnote.jp/post-3751.html

上記グラフは1990~2016年の年末時点の世界全体の時価総額を示したものです。

時価総額=市場規模」なので、上記グラフは「全世界の株式市場の規模」の推移を表しているともいえます。

 

世界時価総額は、1990年頃は約10兆ドルでした。

(2016年には約70兆ドルなので、26年で約7倍に増えたことになります)

1990年代は、概ね順調に増加し、1999年、ITバブルで約35兆ドルに跳ね上がります。

しかし、2000年、ITバブルは崩壊し、世界の株式は約3年間の長期低迷期に入り、2002年には20兆ドル程度まで減少します。

35兆ドルが20兆ドル程度まで減ったので、約4割減です。

それも約3年の期間をかけて、じわじわと減りました。

長期投資家にとっては、1999年末~2002年末は非常に長い苦しい時期だったと思われます。

 

しかし、日はまた昇ります。

2002年以降、世界の時価総額は急激な上昇カーブを描き、サブプライムバブルもあって、2007年には60兆ドルを超えます。

2002年、20兆ドルまでしぼんでいたのが5年後、60兆ドル、3倍まで膨らんだのです。

そして、やはりというべきか、バブルははじけます。

2008年、世界の時価総額は減少の一途、秋にはとどめのリーマンショックもあって、2008年末には約30兆ドルまで暴落します。

2007年末には60兆ドルだったものが、たったの1年後、5割減の30兆ドルまで暴落しました。

 

その後、世界各国中央銀行量的緩和政策などもあり、世界の時価総額は急速に回復、欧州債務危機などもありましたが、2016年末時点では70兆ドルを超える水準にあります。

2008年末には約30兆ドル、2016年末には約70兆ドルなので、8年かけてざっと2.3倍に増えています。

🐈(次回に続きます)

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ