ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

世界時価総額からみた近年の株式市場の歴史②<全2回>

スポンサーリンク

<前回からの続きです>

 

★超単純化した1990年以降の株式市場規模の推移

 

大雑把にとらえると、近年の世界時価総額の歴史は、以下のようになります。

※グラフ出所:①②のサイトのデータより、管理者作成 ①WFE<https://www.world-exchanges.org/home/index.php>②GLOBAL NOTE<http://www.globalnote.jp/post-3751.html

上記のグラフとデータから、以下のことが確認できます。

<世界の株式市場の拡大期間と上昇幅>

       拡大期間 上昇幅 1990→1999  9年   3.5倍 2002→2007  5年   3倍 2008→2016  8年   2.3倍

<世界の株式市場の縮小期間と下落幅>

       縮小期間 下落幅 1999→2002  3年   4割減 2007→2008  1年   5割減

これらの事実から、以下の経験則が生まれます。

①株式市場が拡大するのは「ゆっくり」だが、縮小するのは比較的「急速 ②1990年以降に限れば、5~10年程度で徐々に株式市場は拡大し、市場規模は2.3~3.5倍程度になる ③その後、1~3年をかけて、4~5割程度の暴落・長期低迷期を経験する ④したがって、株式市場が直近の底から2.5~3倍程度まで規模を拡大してきたら、そろそろ大きな調整期を警戒するのも、自然なリスク管理 ⑤株価の調整期(長期低迷期)は1年~数年程度、下落率は4~5割程度を覚悟しておき、この時期にこそ株式は割安になる可能性が高いことを強く意識して、チャンスと判断すれば恐れず投資を断行する

 

あくまで、1990年以降の経験則であり、2017年以降に同様のパターンが繰り返されるかはわかりません。

未来はわかりません。

 

それでも近年の経験を重視するなら、今はけっこう危ない時期でしょう。

2008年の底から約8年が経過しています。当時に比べて市場規模は2.3倍に膨らんでいます。

明確なバブルとは思われませんが、少なくとも、今、株式は割安ではないと思われます。

近年の歴史を重視するなら、世界時価総額は40~50兆ドルなら、割安ではないかと。

あくまで、この指標で考えた現時点での経験則ですが・・・

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ