ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

【世界時価総額】で株式の割安割高を探る④(4回シリーズ)

スポンサーリンク

《【世界時価総額】で株式の割安割高を探る》シリーズの4回目、最終回になります。

本日は、

世界時価総額で株式の割安割高を判断する問題点

について記載します。

なお、世界時価総額については、長期継続的に推移を追っていくとともに、ダイジェスト版を掲載する予定です。

★世界時価総額で株式の割安割高を判断する問題点

 

ここまで、世界時価総額を知ることの魅力を伝えてきました。

ただ、「世界時価総額で株式の割安割高を判断する手法」にも問題はあります。

問題点は主に以下の2つです。

世界時価総額では、

◎過去と比較した現在の相場水準が概ね分かるだけで、未来の展開を予測できるわけではない ◎過去のバブル相場、暴落・長期低迷相場との対比ができない 

それぞれ簡単に説明します。

 

◎過去と比較した現在の相場水準が概ね分かるだけで、未来の展開を予測できるわけではない

 

これははっきりしている弱点なのですが、仮に世界時価総額が過去最高を更新しているから「今、株式は割高だ」と判断しても、それが、近未来の株価の暴落を示唆するわけではない、ということです。

もっともっと割高な水準まで株価は上昇していくかもしれません。

だらだらと同水準で推移するかもしれません。

世界時価総額で分かるのは、あくまで、過去と比較した現在の相場水準です。

決して未来の相場の動きを予測するデータではないので、その点は意識しておく必要があると思います。

過去と比較して、世界時価総額が小さい時期の方が株式は割安であろう、世界時価総額が大きい時期の方が株式は割高であろう、そういった経験的な判断(経験則)です。

 

◎過去のバブル相場、暴落・長期低迷相場との対比ができない 

 

世界時価総額のもう一つの弱点は、過去のバブル相場、暴落・長期低迷相場との比較ができないことです。

再度、世界時価総額の推移を観察してみます。

出所:WFEhttps://www.world-exchanges.org/home/index.phpのデータより管理者作成

例えば、2000年のITバブルのころ、世界時価総額は35.3兆ドルでした。2015年には75.6兆ドルになっています。では、2015年の方が、ITバブルよりも2倍以上のバブル度合いなのでしょうか?

同様に、リーマンショック後の2009年2月の世界時価総額は28.9兆ドルでした。2002年9月は20.1兆ドルです。では、2009年の方が、2002年より、暴落の程度は軽かったのでしょうか?

 

そんなことはありません。

実は、世界経済が成長を続け、経済規模が大きくなるにつれて、全世界の株式市場の規模も拡大を続けています。

そして、世界時価総額は、概ね世界のGDP(国内総生産。経済規模)と正比例する傾向があります。

1990年と2015年を比較すると、25年間で世界時価総額は約7倍、世界の経済規模(GDP)は約3倍になっています。

したがって、経済規模が大きくなれば、バブルでなくても時価総額が大きくなるのは当然であり、株式の割安割高を判断するには、時価総額だけでは不十分です。

株式の割安割高を判断するには、

時価総額(市場規模)とGDP(経済規模)を比較する

方がより的確です。

そして、株式市場規模と経済規模を比較した指標が「バフェット指標」です。

バフェット指標については、近日取り上げる予定です。

以上で《【世界時価総額】で株式の割安割高を探る》シリーズは終了です。

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ