ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

★バリュー派 と インデックス派 2/2

スポンサーリンク

【バリュー派 と インデックス派】2回シリーズの2回目です。

[ad#resu]

 

★バリュー派 インデックス派 弱み と 強み

 

出所: 以下サイトデータより管理者作成 ◎GDP→IMF ◎時価総額WFE

ただ、バリュー派には明らかな弱点があります。

本当に割安な時期は、過去の経験則からすると、5~10年に1度くらいしかやってこないようです・・・

2003年とか2009年とか。

その間、バリュー派は「早くバーゲン来ないかな」と待ち続ける日々が続きます。

5年も10年も、現金を握りしめて「その時」(割安な時期)を待ち続けられるかどうか、そこまで動かずに忍耐できるかどうか、ここがバリュー派の苦しいところだと思います。

場合によっては10年以上投資機会がやってこず、投資家としては開店休業状態が続くこともあるでしょう。

 

ただ、バリュー派には強みもあります。

株式が割高な時期には株式をあまり保有していない(すでに株式を売っている)可能性が高いので、暴落相場でのダメージが小さいところです。

例えば、2000~2003年頃に世界は約3年にわたる下落相場を体験しています。2007年から2009年にかけて、世界の時価総額は約半分になりました。

 

こんなひどい時期でもバリュー投資家は比較的ポジティブです。

バリュー投資家は

このような過剰な下落相場こそが、自分の未来の収益率を高める要因である

ことを理解しているので、ひたすら「どこまで落ちて、どこで自分が投資に踏み切ればいいか」を考察、検討しています。

大幅な下落はバリュー派にとって、戦闘モード、投資モード開始の合図になります。

 

一方、一般的に、インデックス派は暴落相場で(一時的に)もろにダメージを受ける可能性が高いです。

※株式などリスク資産の配分比率にもよります。一般的にリスク資産への配分が小さいほど、ダメージは小さくなるでしょう。期待リターンもその分下がりますが。

歴史的にはバブルの後に大きな下落に見舞われることが多いので、一度実現したバブル期の資産評価額が激減していくダメージは強烈で、投資家自身のメンタルが持たない可能性がけっこうあります。

(2007年頃にこの世の春を謳歌し、2008年のリーマンショック後に投資からリタイアした人はたくさんいると思います。もう10年も昔になってしまいましたが)

 

能力や資質、資金があっても戦意喪失してしまうと、投資家としては終わりです。

怖くなって、投資ができなくなるのです。

しかも、暴落相場への対処はなかなか「練習」ができません。

本当に怖い暴落相場は5~10年に一度くらいしかやってこないので、

初めてのインデックス投資で5~10年はうまくいってたけど、○○ショックで利益の大半を失って怖くなって投資をやめちゃった

というパターンがどうしても多くなるのです。

※この点が、わたしが長期投資のタイミングや「割安割高」にこだわる理由です

 

投資ビギナーが暴落相場でパニックになるのは、「地震」というものを体験したことがない外国の方(地震起きない国はけっこうあります)が、日本に来ていきなり震度5レベルの地震に遭遇するようなものです。

パニックになって、日本から脱出したくなる(投資をやめたくなる)のも、仕方のないことです。

 

この「下落相場での継続が難しい」というリタイアリスクが、個人で行うインデックス投資の一番の弱みかもしれません。

 

ただ、インデックス投資は組織(業務)で行えば継続しやすく、継続さえできれば、長期的な世界経済の成長の果実を享受できる可能性が高く、一時的な相場変動で(本来的には)あたふたする必要がありません。

 

ITバブル崩壊だろうが、リーマンショックだろうが、視点を未来に移し、粛々とリバランスを繰り返していれば、高い確率で報われてきた実績がある

 

ここがインデックス派の強みです。

そして、バランスファンドの魅力でもあります(バランスファンドは自動的にリバランスをやってくれます)。

世界の多くの年金基金でもインデックス派の投資が主流です。

 

★投資に「正解」はない。投資手法の分散という戦略もある

 

結局、バリュー派、インデックス派、それぞれの理論と経験則はあっても、弱みと強みがあり、

どっちが正しい

とは言えず、投資スタイルは投資家自身が決めることです。

なんのための投資なのか、それも投資家自身が決めることです。

(そもそも誰にも未来は予測できないので、「正しい投資」はありえません)

 

「株式が割安な時期に始めるインデックス投資

が一般的な「ベスト」に近いのかもしれませんが、そんな幸運は全員には行き渡らないでしょう。

 

何なら一つの手法にこだわらず柔軟に考え、例えば

資産の20~30%でバリュー投資、70~80%でインデックス投資

をすれば、投資手法の分散が効いて、互いの欠点を補って、しぶとい投資手法になる、可能性はあります。

 

乱暴に言えば、資産の70~80%はどっしりと構え、20~30%は投資タイミングを探って、遊ぶわけです。

意外にこの20~30%がいい働きをするかもしれない。

インデックス投資を続ける刺激になったり、投資をやめるときにできるだけ高く売る能力(割高な時期を探る能力)が上がっているかもしれません。

 

分散投資に、時間(投資タイミング)分散、資産クラス分散、通貨分散、銘柄分散だけでなく、投資手法の分散という発想がより広がっていいのかもしれません。

 

[ad#resu]

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ