ユキマツの「長期投資のタイミング」

投資歴16年目。 「景気(企業利益動向)」「中銀の金融政策(金利動向)」「投資家のリスク許容度」などから長期投資のタイミングを探る投資ブログ

弱気に臨んで強気が来襲後のベストシナリオ ~日本市場の概況~

f:id:yukimatu-tousi:20200508163747j:plain

今週の日本の株価や金利をごく簡単に確認し、その後、株式の「割安割高の目安」になりそうな5つの指標で定点観測する記事。

スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均

f:id:yukimatu-tousi:20200508163838p:plain

※出所:マーケット|SBI証券

5.8は「20179」で前週比「+2.9%」。20179

5月月間では「-0.1」。

日経平均の直近の高値は2018年10月の「24448」で今は高値から「−17.5%」の水準。

日本10年債利回り

f:id:yukimatu-tousi:20200508164136p:plain
※出所:
日本 10年 | 日本 10年 債券利回りより作成

5.8は約「0.00%」(前週末は「-0.02%」)で前週よりやや上昇。

0%付近での推移。

ドル/円

f:id:yukimatu-tousi:20200508202846p:plain

※出所:USD JPY | アメリカドル 日本円 相場情報 - Investing.com

5.8は1ドル「106.4」円。前週末は「106.9」円で、やや円高。

2019年は「1ドル=104.97112.41円」のレンジ。

米ドル指数は上昇。

<米ドル指数:ここ1週間>

f:id:yukimatu-tousi:20200508203025p:plain

※出所:米ドル指数先物 - Investing.com 日本

5つの指標

日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>

信用買い残 <信用取引における買い方の残高>

東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>

信用評価損益率 <日本市場。信用買いの損益>

日経平均ボラティリティー・インデックス<日経平均版の恐怖指数>

日本バフェット指標

f:id:yukimatu-tousi:20200503165929p:plain

※出所:以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳 ※期間:1985年1月末~2020年4月末

5.8の日本バフェット指標は「1.01」で前週の「0.99」より上昇。

直近の10年移動平均は「0.88」であり、今は平均よりやや高い水準。

一つの目安に過ぎませんが、長期的観点からは

日本株はやや割高?

と推測。

直近の月末値ピークは2018年1月の「1.29」(このときは移動平均から「66.6%」上方かい離)。

日本の時価総額は約「572.8兆円」(全市場の合計値)。

確認できている範囲では、2018.1.23の736.8兆円が現時点での最大値。

現在は最大値を22.3%下回っています。

f:id:yukimatu-tousi:20200508203336p:plain

※出所:以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳

日本バフェット指標について詳しくはコチラ↓

日本バフェット指標 <日本の時価総額÷日本の名目GDP>

信用買い残

f:id:yukimatu-tousi:20200405172815p:plain
※出所:トレーダーズ・ウェブより管理者作成 ※期間2001年6月1日~2020年3
月27

2020.5.1 19200億円(約1.9兆円)。

前週比-12億円。

直近ピークは2018.3.23の約3.7兆円。

水準としては長期平均の「2.4兆円」を下回り、この指標からは

やや割安?

と推測。

<2017.12.29以降の推移・月末の概算値と直近数値など>

f:id:yukimatu-tousi:20200508164818p:plain

※出所:トレーダーズ・ウェブのデータより管理者作成

信用買い残について詳しくはコチラ↓

信用買い残 <信用取引における買い方の残高>

東証一部PBR 

f:id:yukimatu-tousi:20200405171828p:plain
※出所:その他統計資料 | 日本取引所グループのデータより管理者作成 ※グラフの期間:1999年12月末~2020年3
月末

2020年4月末の東証一部PBRは「1.0」(前月比±0)。

2~4月は「1.0」倍で変わらず。

直近ピークは2018年1月末の「1.5」。

長期平均は「1.1」で水準としては

やや割安?

と推測。

東証一部PBRについて詳しくはコチラ↓

東証一部PBR <東証一部上場企業全体の株価純資産倍率>

信用評価損益率

f:id:yukimatu-tousi:20200209150211p:plain
※単位:% ※出所:トレーダーズ・ウェブのデータより管理者作成 ※グラフ期間:2001.6.1~2020.1.31

※2020.5.1のデータは確認できず

4.24は「-24.70」。

前週の「-24.33」からマイナス幅がやや拡大。

上記期間の長期平均は約「-11」であり投資家心理は

不安?

と推測。

割安の目安「-20」以下なので、割安である可能性。

信用評価損益率について詳しくはコチラ↓

信用評価損益率 <日本市場。信用買い残高の損益>

日経平均ボラティリティー・インデックス

★日経平均ボラティリティー・インデックスのメモ

1998年からの

・長期平均:24.9

・最低値:11.82(2017.7月)

・最大値:91.45(2008年10月)

・個人的には30以上で「株価の割安圏」を示唆しやすい指標と考えます。

<ここ2年のチャート:日経平均を併記>

f:id:yukimatu-tousi:20200508165350p:plain※出所:恐怖指数(VIX 日経VI VSTOXX) 日経平均比較チャートより作成

5.8は「30.35」。前週の「40.15」より大幅に低下。

まだ高い水準ですが、久々に30を下回るか。

長期平均は「24.65」であり、投資家心理は

不安?

と推測。

割安の目安「30」より大きく株価水準としては「割安である」可能性も。

※参考:最近のリスクオフ局面の最大値(概算値)。

2018.2月:38

2018.10月:31

2018.12月:33

2019.5月:25

2019.8月:26

2020.3月:61

恐怖指数について詳しくはコチラ↓

www.yukimatu-value.com

現時点での日本市場の割高割安、5つの指標からの推測、まとめ

あくまで個人的な判断ですが、現時点で各指標が示唆する株式の割安、割高の判断をまとめます。

前週と大きく変わらず。

★日本バフェット指標⇒やや割高?

★信用買い残⇒やや割安?

★東証一部PBR⇒やや割安?

★信用評価損益率⇒割安?

★日経平均ボラティリティー・インデックス⇒割安?

上記から日本株式の水準は

「やや割安~ふつう?」(投資タイミングとしてふつう~ややポジティブ要因)

と推測。

また

★日銀の金融政策:緩和的(ポジティブ要因?)

★日本の景気 :悪化傾向(ネガティブ要因?)

と推測。

株価水準、金融政策、景気動向から考え、現時点で日本株の投資タイミングに関して

・株価水準はやや魅力的だが決して安易には出動したくないタイミング

・「景気後退の進行度合いや株価下落をじっくり待ってから動き出すか」「少しずつ段階的に投資を始めるか」悩ましい時期

か。

リスク資産への配分を控えめにしたポートフォリオで、ちょこちょこリバランスしながら投資継続が無難か。

※個人の感想です。未来は誰にも予知できません。投資は自己判断、自己責任で 

バブル後の株価低迷期と「今」のデータ比較

※出所:日経平均、TOPIX⇒Yahoo!ファイナンス、東証REIT指数⇒SBI証券、貸し出し態度判断DI(中小企業)⇒主要時系列統計データ表

f:id:yukimatu-tousi:20200508215204p:plain
株価上昇。

●信用評価損益率:かなり低い水準

●日経VI:まだ高値だが大きく低下中

●TOPIX:2018年1月高値「1911」の「-23.7%」の水準

●東証リート指数:大幅な上昇

日銀ETF買い

2018年は年間で約6.5兆円、2019年は約4.4兆円の買い出動。

下記サイトによれば今週は出動なし。

※参照サイト:●TOPIX:日銀ETF買い入れ結果https://nikkeiyosoku.com/boj_etf/

あとがき

短期的な取引についてはごく小さなポジションでやや下げ目線でいこうかと。

具体的には

・期先のプットオプションを少額買ってほったらかしておく

・ショート多めのロングショートでお茶を濁す

等。

2020年5月の投資方針より

今週は株価上昇。

弱気派にとって厳しい週だったか。

余分に持っていたわたしのプットオプションはこんがり焼かれており、ロングショートはトントン。

長期投資で保有中のリートに対してのヘッジ、東証リート指数は大幅上昇(週間で+5.8%)で、保有銘柄の含み益はヘッジにやや敗北。

結局今週はそれなりのマイナスですが、そこそこ弱気に臨んで強気が来ればこんなもの。

引き続き投資においてはやや弱気なポジションで様子観察。

「経済活動、行動制限の部分解除」による感染再拡大の有無が焦点になってくるのは5月下旬以降のことか?

感染再拡大が軽微なもので社会の混乱が治まっていけば、それがベストシナリオ。

一時的に機会損失を被っても、そんなことは所詮お金の問題。

子供が修学機会を奪われず、家族や仲間と寄り合って気楽に談笑できるような世の中の再来が待ち遠しい日々。

いざ失うと、お金で買えない何かの価値が際立つ日々。

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly