ユキマツの「長期投資のタイミング」

投資歴16年目。 「景気(企業利益動向)」「中銀の金融政策(金利動向)」「投資家のリスク許容度」などから長期投資のタイミングを探る投資ブログ

新型コロナの季節性 ~FRB資産、テスラ、米国コロナ等~

f:id:yukimatu-tousi:20201017155948j:plain
主に最近の米国がらみで気になるテーマをいくつか。

米国、新型コロナ関連

<新規感染者数>

f:id:yukimatu-tousi:20201017160048p:plain
※出所:コロナウイルス(COVID-19) - Google ニュース

7.16の約7.6万人がピーク。

9.7の約2.5万人が直近ボトム。

その後再び増加傾向。

2020.10.15の新規感染者数、約6.5万人(一週間前は約5.6万人)で週間で大きく増加。

欧州と同様、感染再拡大の雰囲気。

<一日当たり死者数(7日平均)>

f:id:yukimatu-tousi:20201017160312p:plain
※出所:Daily confirmed COVID-19 deaths, rolling 7-day average - Our World in Data

ピークは2020.4.22の約2715人。

8.10に二度目のピーク(約1154人)、その後はなだらかに減少~横這い傾向。

直近ボトムは2020.9.23の696人。

2020.10.16の死者数(7日平均)は約704人(一週間前は709人)で週間ではやや減少。

日本、新型コロナ一日当たり死者数(7日平均)

f:id:yukimatu-tousi:20201017160508p:plain

※出所:Daily confirmed COVID-19 deaths, rolling 3-day average - Our World in Data

日本の新型コロナ死者数(7日平均)。

ピークは2020.4.29の約29人。

7月後半からの増加は9月1日(約14人)でピークアウト。

その後は徐々に落ち着き。

2020.10.16は約「5人」、一週間前は約「5人」で週間でほぼ変わらず。

欧州主要国、新型コロナ一日当たり死者数(7日平均)

<2020年2月以降>

f:id:yukimatu-tousi:20201017160759p:plain
<2020年8月以降>

f:id:yukimatu-tousi:20201017160839p:plain

※出所:Daily confirmed COVID-19 deaths, rolling 3-day average - Our World in Data

上記はフランス、スペイン、イギリス、イタリア、ドイツの新型コロナ死者数(7日平均)。

3~4月の状況には程遠いものの、8月中旬から明らかに増加傾向。

イギリスの急激な上昇カーブが特に嫌な感じ。

全世界、新型コロナ一日当たり死者数(7日平均)

f:id:yukimatu-tousi:20201017161040p:plain

※出所:Daily confirmed COVID-19 deaths, rolling 3-day average - Our World in Data

全世界の新型コロナ死者数(7日平均)。

4.19の約7500人がピーク。

5.29の約3800人が直近ボトム。

その後再び増加傾向。

2020.10.16は5133人(一週間前は5608人)で週間では大きく減少。

FRB総資産推移(ここ1年)

f:id:yukimatu-tousi:20201017161224p:plain

※出所:Assets: Total Assets: Total Assets (Less Eliminations from Consolidation): Wednesday Level (WALCL) | FRED | St. Louis Fedより作成

FRBの総資産は2020.6.10(7.17兆ドル)でいったんのピーク。

その後

☆4週連続で減少(6.92兆ドルに)⇒2週微増⇒2週微減⇒2週微増⇒微減⇒微増⇒微減⇒2週微増⇒微減⇒2週微増(最新で7.15兆ドル)

という推移。

ここ14週は地味に増加傾向。

テスラ(TSLA)の株価(ここ1年)

f:id:yukimatu-tousi:20201017213006p:plain

※出所:https://jp.investing.com/equities/tesla-motors

4月以降の上げ相場の象徴っぽいテスラの株価変動。

先週週間では「+1.4%」。

日々のボラは大きめ。

10月月間では「+2.5%」。

今のところのピークは2020.9.1の「502」で今はピークから約「-12%」の水準。

おわりに

素人の感想ですが、新型コロナの季節性(冬場に感染拡大、夏場に感染がおさまりやすい)はありそうな感じ。

一足早く最高気温が15℃以下、最低気温が一桁になっていた欧州の感染拡大が顕著(ロンドン、ハンブルグ、マドリード、ローマの10.18の予想最低気温はすでに5~7℃)。

より暖かかった米国の気温も最近低下傾向であり、感染拡大の可能性が高そうな雰囲気。

カナダの死者数も増加傾向。

反対に南半球オーストラリアの死者数の直近ピークは9月。

すべてではありませんが南米各国も死者数が7~9月をピークに減少傾向にある国が多い。

今後しばらくは総じて北半球で感染拡大傾向となるか。

気温、湿度低下中の北半球の日本、今よりは感染拡大しそうではありますが、どうなりますか。

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly