ユキマツの「長期投資のタイミング」

「景気(企業利益動向)」「中銀の金融政策(金利動向)」「投資家のリスク許容度」などから長期投資のタイミングを探る投資ブログ

下落止まらず 中国住宅価格

下落トレンド続く中国住宅価格。

中国 住宅価格指数 (前年同月比。2011年~)

※出所:中国 住宅価格指数 (前年比)

中国住宅価格指数は、中国国家統計局が発表するデータをトムソン·ロイターが算出した加重平均指数で、中国の70の大・中都市における住宅価格を対象。

ここではこの指数の前年同月比データを観察。

 

最新値2024年5月は「-3.9%」(前月は-3.1%)。

±0.2%以内の変動が8ヵ月続きましたが、2023年12月以降、下落トレンドに転じています。

※出所:中国 住宅価格指数 (前年比)より作成

中国不動産市場がさえない要因の一つ、中国人口動態

※以下の3つのグラフの出所:人口 – 国際統計 Global Note

<中国:総人口>

IMFによれば中国の総人口は「2021年」をピークに今後減少する見込み。

<中国:生産年齢人口比率>

中国の生産年齢人口(15~64歳の人口)の比率は「2010年」がピークでその後は低下中。

<中国:生産年齢人口>

中国の生産年齢人口は「2016年」がピークでその後減少中。

それぞれのピークまとめ。

☆生産年齢人口比率:「2010年

☆生産年齢人口:「2016年

☆総人口:「2021年

ほかにも理由はあるでしょうが、中国の経済成長率低下、住宅価格低迷の一因として「急速な少子高齢化」という人口動態要因は無視できないと思われます。

おわりに

2023年12月以降中国住宅価格は明確な下落トレンド。

住宅価格が上がってこない

⇒地方政府の歳入減

⇒世界経済をけん引するかつてのような力強い中国景気拡大期は来ない?

という推測は一応可能な状態か。

 

一方で足元の中国に明るい材料もないわけではなく。

たとえば中国の輸入。

一般に中国の輸入が増えると中国景気は上向きといわれますが、前年同月比でみて、2024年は4回のうち3回がプラス。

昨年10月からに限れば7回のうち5回がプラス。

2023年はマイナスが9回、プラスが2回しかなかったので(1、2月のデータはまとめて発表される)、ぐだぐだだった昨年より昨年秋以降、中国景気はよくなってきていそう。

中国政府の景気対策がそれなりにきいていそう。

※出所:中国 輸入 対前年比より作成

そんな明るい材料もあり、中国住宅価格下落が続いているものの、引き続き個人的には

☆昨年秋以降の世界景気拡大局面が終わって2024~2025年のどこかで世界景気減速が明らかになる時期に

☆中国不動産価格下落トレンドが続いていた場合

☆大きなリスク要因になるかも

※今は世界景気拡大局面だからおおごとにはなりにくい?

という印象。

※関連記事

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly