ユキマツの「長期投資のタイミング」

「景気(企業利益動向)」「中銀の金融政策(金利動向)」「投資家のリスク許容度」などから長期投資のタイミングを探る投資ブログ

Jリート 春はまだ来ない

Jリートの割安割高を探る記事。

 
 スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Jリートスプレッド

Jリートの割安割高の判断の目安の一つとして本ブログではたまに「Jリート」と「日本の長期国債」の利回り差(スプレッド)を確認します。

ここでは

「Jリートの平均利回り-日本国債利回り(10年物)」

のことを「Jリートスプレッド」とします。

クレジットスプレッドと同じような発想で、「Jリートの利回り」と「長期国債の利回りの差」が

・大きいほどJリートは割安

・小さいほどJリートは割高

とみなす見方。

※「Jリートスプレッド」は一般的な用語ではありません

※クレジットスプレッドについてはコチラ↓

www.yukimatu-value.com

過去の利回り:「Jリート」と「日本10年国債」

下記グラフは2001年9月末~2023年11月末のJリートと日本長期国債の利回りの推移を示したもの。

※出所:JAPAN-REIT.COM日本 10年 債券利回りのデータより管理者作成 ※国債金利がマイナスの時期は「0%」で表示

Jリートの平均利回りは月末値では

・ITバブル崩壊後:約6%

・リーマンショック後:約8%

・欧州債務危機:約6%

・コロナショック:約5%

まで上昇。

最新のJリートスプレッド

次にJリートスプレッド

●【Jリートの平均利回り-日本国債10年物の利回り】

の推移を確認。

期間は2001年9月~2024年6月末。

※出所:JAPAN-REIT.COM日本 10年 債券利回りのデータより管理者作成

2001年9月以降の長期の中央値は約「3.5%」。

リート市場が「割安な時期」の経験的個人的目安は概ね「4.5%以上」。

2024年6月末の値は約「3.6」。

・Jリートの平均利回り:4.69%

・日本国債10年物の利回り:1.06%

5月末の「3.6%」は長期中央値「3.5%」よりやや大きく、Jリートの水準としては

ふつう~やや割安?

と推測。

Jリートスプレッド、2003年以降の「割安」水準の目安

リート市場が「割安な時期」の経験的個人的目安は概ね「4.5%以上」。

※出所:JAPAN-REIT.COM日本 10年 債券利回りのデータより管理者作成

※期間:2003.4~2024.3

最近では2020年のコロナショックの時期にJリートスプレッドは4.5%を超えました。

その前は2008~2012年の世界金融危機、その後の欧州債務危機にかけて4.5%を超えていました。

あくまで経験的な目安ですが。

あとがき

日本国債10年物利回りは5月末⇒6月末で「1.06%」⇒「1.06%」で変わらず。

東証リート指数は5月末⇒6月末で「1741」⇒「1724」と「-1%」、月間であまり動かず。

金利上昇が収まればJリートにも遅い春が来るかもしれませんが、どうなりますか。

前々回の本シリーズで上記のように書いていましたが、6月は

金利高止まりでJリート低迷、春はまた来なかった

という結果。

7月はどうなりますか。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly