ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

日本バフェット指標で日本株の割安割高を探る 

スポンサーリンク

世界全体のバフェット指標についてはすでに記事にしています。

 

www.yukimatu-value.com

では、日本のバフェット指標はどうなのか、みてみましょう。

 

 日本バフェット指標を知るメリット、その強み

●日本株の割安割高を判断する目安になります

 

●毎日、夕方には日本の時価総額を知ることができるので、日本のバフェット指標は日々確認することができ、情報の即時性が高いです

 

●長期的視点から、日本の株式市場の過熱感の推移を俯瞰できます

 

●割安に買って、割高に売る長期投資に成功する可能性が、上がるかも

 

「バフェット指標」とは?

 まず、バフェット指標の一般的な説明を引用します。

バフェット指標は、投資の神様とも言われる、ウォーレン・バフェット氏が愛用しているとされる、ある国のGDPと上場株式の時価総額の総和を比べる指標をいいます。これは、ある国の株式時価総額増加率と名目GDP成長率は長期的には収斂するとの主張に基づくもので、ある国の株式相場に急落の可能性は高まっていないか、あるいは逆に売り込まれすぎていないかを見る場合に使われます。

※引用元:金融情報サイト「バフェット指標」

具体的には

◎バフェット指標=ある国の時価総額÷名目GDP

です。ここでの時価総額は市場規模をさします。

名目GDPは経済規模のことでもあるので、

◎バフェット指標=市場規模÷経済規模

です。

※時価総額の説明→【世界時価総額】で株式の割安割高を探る【ダイジェスト版】

※GDPの説明→金融情報サイト「GDP」

 

日本バフェット指標とは

◎バフェット指標=ある国の時価総額÷名目GDP

なので、

日本のバフェット指標=日本の時価総額の合計額÷日本の名目GDP

です。

 

日本のバフェット指標のことを、当ブログでは日本バフェット指標と呼びます。

●日本バフェット指標=日本の時価総額の合計額÷日本の名目GDP

●日本バフェット指標=日本の市場規模÷経済規模

経済規模と市場規模の関係(GDPと時価総額の関係)

名目GDP成長率と株式時価総額増加率は長期的には正比例する傾向があります。

実際、1995年末と2015年末を比較すると、20年間で世界全体の市場規模(時価総額)は約3.9倍、経済規模(名目GDP)は約2.4倍になっています。

出所:以下サイトデータより管理者作成  ◎名目GDP→IMF ◎世界時価総額→WFE 

 

一国の経済規模と市場規模の間には長期的には一般的に以下のような関係があるからだと思われます。

●経済規模↑⇒企業利益↑⇒株価↑⇒市場規模↑

●経済規模↓⇒企業利益↓⇒株価↓⇒市場規模↓

国でなく、世界全体で考えても同様に、世界の経済規模が大きくなれば、長期的には世界の株式市場規模も大きくなる傾向がある、逆も然り、といえるでしょう。

●世界の経済規模⇔世界の市場規模

●世界経済の成長⇔世界市場の拡大

f:id:yukimatu-tousi:20170511195558j:plain

日本バフェット指標の取り扱い説明書

①バフェット指標の基本的な使い方

◎バフェット指標=時価総額÷名目GDP

◎バフェット指標=市場規模÷経済規模

なので、

◎バフェット指標が大きくなる

→市場規模が経済規模に比べて大きくなる

◎バフェット指標が小さくなる

→市場規模が経済規模に比べて小さくなる

ことを意味します。

 

そして、経済規模と市場規模は長期的には概ね連動しているという前提で、

バフェット指標が長期的な平均値より

◎大きい→市場規模が大きすぎる→株式は割高(の可能性)

◎小さい→市場規模が小さすぎる→株式は割安(の可能性)

と解釈します。

 

これがわたしの考える基本的なバフェット指標の使い方であり、これは日本バフェット指標に関してもそのまま使えると考えています。

 

②日本バフェット指標の推移

 

ここで、近年の日本バフェット指標の推移グラフを見てみます。

1985年1月末~2017年4月末の月末データを利用したグラフです。

f:id:yukimatu-tousi:20170510201545p:plain

※出所: 以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳

 

③日本バフェット指標の推移グラフとデータの分析 

 

この期間における388個の月末データの

◎平均値(幾何平均)→ 0.75

◎中央値→ 0.72

なので、この期間においては、市場規模が経済規模の7.5割程度の時期が、割安でも割高でもない、ほどほどの相場水準であったらしいことが推測されます。

 

平均値を挿入したグラフは以下のようになり、概ね

◎平均値以上の時期が割高傾向

◎平均値以下の時期が割安傾向

であったと推測できます。

f:id:yukimatu-tousi:20170510201945p:plain

※出所: 以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳

さらに、この期間に限った経験則では、日本バフェット指標が概ね

0.55以下の時期は明瞭な割安時期(バーゲンセールの時期)

1.00以上の時期は明瞭な割高時期(高値掴みの時期)

 と考えてもよさそうです。

f:id:yukimatu-tousi:20170510202423p:plain※出所: 以下サイトデータより管理者作成 日本取引所グループ 世界経済のネタ帳

 

④日本バフェット指標が示唆していた「バブル期」「暴落期」における株価指数

 

参考までに、日本バフェット指標が示唆していた「バブル期」と「暴落期」の日経平均とS&P500(米国の株価指数)の数値も確認しておきます。

f:id:yukimatu-tousi:20170511193250p:plain

※出所: 以下サイトデータより管理者作成 ◎日本取引所グループ ◎世界経済のネタ帳  ◎日経平均→ヤフーファイナンス ◎S&P500→ヤフーファイナンス

 

1989.12月頃の日本のバブルって、やっぱりすごかったようです。

 

「広告」

 

 

日本バフェット指標で株式の割安割高を判断する問題点

 「日本バフェット指標で株式の割安割高を判断する手法」にも問題はあります。

問題点は主に2つあります。

 

 

問題①:日本バフェット指標は未来を予測できるわけではありません

 

日本バフェット指標は単なる経験則です。

過去と比較した現在の相場水準を、長期データを用いて推測しているだけのことです。

過去のパターンが未来にも再現される保証はなく、参考にはなると思いますが、過信は禁物、未来予測はできません。

 

 

問題②:日本バフェット指標の長期的な平均値は時代とともに変化していく可能性が高い

 

1985年1月末~2017年4月末の日本バフェット指標の平均値は0.75でした。

 

この平均値は、今後、上昇していくかもしれませんし、逆に下がっていくかもしれません。

 

0.75という数値はあくまで1985年1月末~2017年4月末という期間の代表値であり、

◎普遍的な値ではない

◎現時点での目安に過ぎない

 という点は注意が必要と思われます。

 

また、現在日銀は年間6兆円のETF購入を実施しています。

これが長期的にどう効いてくるのか、未知数ですが、GDPに比べて時価総額を大きくする、つまり日本バフェット指標の数値を底上げする可能性もあると思われます。

もし日本バフェット指標を参考にされる方は、この点も注意が必要かと思われます。

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ