ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

そもそも投資とは何か⑧★株式投資・社債投資は金融業?( その3)

スポンサーリンク

 

はてなブログに引っ越す前のブログ記事です。

株式投資・社債投資は金融業?( その3)

という話です。

 

  今すぐ役に立つテーマでもなく、個人的意見に過ぎませんが、よければ暇つぶしにどうぞ。

 

「企業が資金調達に困ってる時期に行う株式・社債投資」は実戦で使えるか?

前回記事で述べた仮説です。

企業が資金調達で本当に困ってる時期に行う株式・社債投資こそが、

企業にとってありがたい株式投資・社債投資」

なおかつ

投資家の見返りが大きいであろう株式・社債投資」

なのではないか

これはこのままでは単なる仮説です。

 

もしこの仮説を投資の実戦で使うなら、少なくとも以下の点は明らかにしておく必要があります。

①企業が本当に資金調達に困るのはいつなのか

 

②困っている企業を助けて、共倒れするリスクはないのか

 

③企業を助けたところで、投資家の見返りは本当に大きいのか

それぞれ、簡単に説明します。

 

①企業が本当に資金調達に困るのはいつなのか

 

総じて企業が資金調達に困りやすいのは、以下の時期だと思われます。

 

◎不景気な時期(低い経済成長率、マイナス成長の時期)

実体経済の景気が悪いと、企業利益も伸びにくく、金融機関の貸し出し意欲、投資家の投資意欲も低くなりがちです。

 

また、世の中全体が悲観的になりやすく、株価や社債価格も低迷しがちです。

 

したがって、不景気な時期、企業は金融機関、投資家、双方からの資金調達が行いにくく、資金調達に苦しみやすいと思われます。

f:id:yukimatu-tousi:20170512111756j:plain

◎何らかの理由で株価や社債価格が暴落していたり、長期的に低迷している時期

 

理由はなんであれ、株価や社債価格が暴落、低迷している時期は、投資家からの資金調達がうまくいっていないので、企業は資金調達に困りやすいと思われます。

 

◎金融危機の時期

金融危機とは、

景気の悪化などから金融機関への信用が低下し、

 

金融機関や民間企業の経営悪化や倒産、株価の下落・低迷、失業率の増加

などが生じる事態のことです。

 

近年では2008年のリーマンショックが有名です。

金融危機の時期、企業は金融機関、投資家、双方からの資金調達が行いにくく、資金調達に苦しみやすいと思われます。

 

②困っている企業を助けて、共倒れするリスクはないのか

 

この問題に対しては、分散投資が効果を発揮します。

 

仮に個々の企業が倒産することがあっても、非常に多くの銘柄に分散投資することで、例えば金融危機の時期であっても、勇気を出して投資することができると思います。

 

「市場全体を買う」

という発想でインデックス(指数)を買ってしまうのが、一つの有効な対策になり得ます。

倒産する企業、債務不履行を起こす企業もあるでしょうが、市場すべての企業がそうなる可能性は極めて低いです。

 

株式なら株式インデックス(株価指数。日本ならTOPIX、アメリカならS&P500など)への投資が有効です。

 

社債なら数多くの社債への投資が可能な投資信託や上場投資信託(ETF)への投資が有効です。

※社債への分散投資は、今のところ米国市場で行うのが、実行しやすいと思われます

 

スポンサーリンク

 

③企業を助けたところで、投資家の見返りは本当に大きいのか

 

あくまで一つの例ですが、多くの企業が資金調達に困っていたであろうリーマンショック後の2009年2月末に投資を始めれば、2017年2月末時点で、

◎TOPIX→+103% <756>→<1535>

◎S&P500→+221.5% <735>→<2363>

◎LQD→+25.9% <94.16>→<118.58>

のリターンです。

※TOPIXは日本の株価指数。S&P500は米国の株価指数

LQDは米国の投資適格社債に投資する上場投資信託(ETF)です。2017年5月11日時点で、1750以上の社債に分散投資しています

LQDとは?(ブラックロックの説明サイト)

※為替変動、税金、配当等は考慮していません

 

配当収益、為替収益抜きで、100万円がTOPIXなら約200万円、S&P500なら約320万円になっています。

LQDでも、分配金+プラスの売買差益が獲得できる状態です。

 

8年間でこのリターンなら、十分な見返りではないかとわたしは思います。

 

以上より、2009年2月末~2017年2月末に関しては、

「企業が資金調達に困ってる時期に行う株式・社債投資」は実践で使えた

といえなくもないと思います。

 

そちろん、常にうまくいくわけではありません。

単なる一つの結果論、成功事例の紹介です。

(次回に続きます)

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ