ユキマツの「長期投資のタイミング」

投資歴16年目。 「景気(企業利益動向)」「中銀の金融政策(金利動向)」「投資家のリスク許容度」などから長期投資のタイミングを探る投資ブログ

難しい時期にむやみに強気になる必要もないか

f:id:yukimatu-tousi:20200218091524j:plain

最新の世界景気をCLIで観察してみます。


スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

①CLI(OECD全体)

f:id:yukimatu-tousi:20200218091949p:plain※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成

景気指標の一つ、Composite leading indicator (CLI。OECD景気先行指数)の2017年1月~2019年12月の推移です。

上記はOECD全体のCLIであり、世界全体の名目GDPの6割以上を占める国を網羅した景気指数です。

「100」が「ふつうの景気水準」、数字が大きいほど好況、小さいほど不況を示唆します。

最新値、2019年12月のデータは「99.43」(前月比+0.11)。

2017年12月:100.78

が直近のピークで、その後20ヶ月連続で減速トレンドが続いていましたが、2019年8月をボトムに反転。

景気水準自体は

やや悪い

といえそう。

グローバル製造業PMIは2019年7月をボトムに反転しており、今のところCLIも同様の傾向。

<参考:近年のCLIと経済イベント>

f:id:yukimatu-tousi:20191015154722p:plain

※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Datahttps://www.world-exchanges.org/より作成

※期間:1995.1~2019.8

近年の「CLI」と「世界全体の時価総額」の推移と経済イベントです。

近年の好況、不況の時期、その際の時価総額の動向が端的に確認できます。

※CLIについて詳しくコチラ↓

トレンドは回復~少し停滞? ~OECD全体の景気先行指数 2017年11月データ~

②主要国CLI

主要4ヶ国(米中日独)の国別のCLIを確認します。

期間は2016年1月~2019年12月です。

f:id:yukimatu-tousi:20200218092420p:plain

※出所:- Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより管理者作成

日本 オレンジドイツ 米国 中国

最近では

中国日本ドイツ米国

の順にピークアウト。

その後

<中国⇒ドイツ・米国>

の順に反転モード。

12月に関して日本以外、すべて上昇。

中国に関しては2019年1~2月頃をボトムに反転。

米国、ドイツは2019年9月頃をボトムに反転。

日本はまだわずかに低下トレンド継続。

参考データ:CLI(OECD全体)と世界の時価総額の比較

<近年の世界景気減速期における世界の時価総額動向>

f:id:yukimatu-tousi:20200218093313p:plain
※出所:https://www.world-exchanges.org/
Leading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより作成  ※期間:1995.1~2019.11

<近年の世界景気拡大期における世界の時価総額>

f:id:yukimatu-tousi:20200218093534p:plain
※出所:https://www.world-exchanges.org/
Leading indicators - Composite leading indicator (CLI) - OECD Dataより作成  ※期間:1995.1~2019.11

「ストレスを抑えて比較的心地よく投資できる可能性が高い」のは、近年の経験では世界景気の拡大期と思われます(必ずではなく、どちらかといえば)。

おわりに

今後の世界景気はどうなるか?

<A:一時的に半年~1年程度回復して、その後また落ち込む>
f:id:yukimatu-tousi:20191114161338p:plain

<B:本格的な回復モードに>
f:id:yukimatu-tousi:20191114161303p:plain

先行きはさっぱりわからず、現時点の何となくの勘は

A:60%?

B:40%?

のような感じ。

前回の本シリーズでは上記のように書いていました。

グローバル製造業PMIは2020年1月に改善傾向。

新型肺炎がらみがなければBシナリオの想定を少し強めていたかもしれませんが、新型肺炎で水を差されそうな状況。

少なくとも2~3月くらいまでは中国中心に世界景気にネガティブな影響があるか。

そんなものはすでに織り込み済み、という見方もあるでしょうが、

★新型肺炎の影響で2月以降の景気指標や企業業績の数字が想定以上に悪化する可能性

★新型肺炎がいつ収束するのか不明

などを考えると、難しい時期にむやみに強気になる必要もないか。

引き続きヘッジ付きの取引やロングショート継続。

こんな記事も

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ




【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly