ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

動揺(高揚)する投資家心理を映す鏡「恐怖指数」

バリュー投資の視点から恐怖指数(volatility index, VIX)を考えます。

日経版、欧州版の恐怖指数もありますが、ここではアメリカの恐怖指数(以下、VIX。ヴィックス)を取り上げます。 

VIXを知るメリット

VIXは株式の暴騰時期にも上昇しますが、歴史的には、暴落時期に急騰することが多い数値であり、株式が割安な時期を判断する有力な指標になります。

VIXとは?

まず、簡単に恐怖指数についての解説を引用してみましょう。

恐怖指数(きょうふしすう、英: volatility index, VIX)とは、シカゴ・オプション取引所(英語版)(CBOE)が、S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数。

数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされる。

通常は10から20の間で推移する。

※引用元:ウィキペディア 恐怖指数

ざっくり解釈すると、VIXは

◎アメリカの株価指数S&P500の変動が大きくなって、乱高下、暴落、暴騰する時期に数値が跳ね上がる指標です。

◎米国株式市場のパニック、混乱を通して、世界的な投資家心理の動揺を伝えてくれる指標です。

◎売りが売りを呼ぶ、急激な下落相場であることを示唆する指標です。

 (VIXが30以上に跳ね上がる時期は、投げ売りや強制決済が行われている可能性が高い)

要するに、割安に株式を買うチャンスを示唆し得る指標です。

f:id:yukimatu-tousi:20170616130228j:plain

恐怖指数の推移グラフと主要データ

恐怖指数の長期推移を見てみましょう。

f:id:yukimatu-tousi:20170426121234p:plain

※出所:ヤフーファイナンスデータより、管理者作成

過去の主要な高値は以下のようになります。

1990年8月23日イラククウェート侵攻…36.47

1997年10月28日 アジア通貨危機…48.64

1998年10月8日  ロシアデフォルト(LTCM破綻)…49.53

2001年9月21日 アメリカ同時多発テロ…49.35

2002年7月24日 エンロン不正会計事件…48.46

2002年8月5日  ワールドコム破綻…45.21

2003年3月12日 イラク戦争勃発…34.40

2008年9月18日 リーマン・ブラザーズ破綻…42.16

2008年10月24日 世界金融危機…89.53(史上最高値)

2010年5月21日 ギリシャを筆頭とするPIGSの国債懸念…48.20

2011年8月9日 S&Pが米国債を格下げ…47.56

2011年10月4日 ギリシャ国債のデフォルト危機…46.88

2015年8月24日 中国経済失速懸念…53.29

 ※引用元:ウィキペディア

次に、恐怖指数の主要データを見てみましょう。

※1990年1月2日~2017年3月31日 終値データ。出所:ヤフーファイナンス

平均値(単純平均)→19.6

中央値→17.7

最大値→80.1(2008.10.27)

最小値→9.3(1993.12.22)

概ね17~20程度が平均値。

30を超えている時期は、投資家心理が相当動揺していると考えてよいでしょう。

10程度で安定している時期は、投資家は安心・楽観・高揚していると考えてよいでしょう。

 

また、下記グラフからS&P500とVIXの関係も観察しておきます。

f:id:yukimatu-tousi:20170426123237p:plain

※出所:ヤフーファイナンス

上の緑ラインがS&P500、下の青ラインが恐怖指数です。

S&P500が暴落するとき、恐怖指数が跳ね上がっているのが観察できます。 

VIXの使い方

f:id:yukimatu-tousi:20170426123631p:plain

※出所:ヤフーファイナンスデータより、管理者作成

概ね17~20程度(オレンジ)が平均値。

30()を超えている時期は、投資家心理が動揺していると考えてよいでしょう。

つまり、株式を割安に買うチャンスかもしれません。

10(赤)程度で安定している時期は、投資家心理は楽観、安心、高揚していると考えてよいでしょう。

つまり、割高に売るチャンスかもしれません。

 

実際、株式を明瞭な割安水準で買えたのは下記グラフの水色の時期です。

f:id:yukimatu-tousi:20170426124641p:plain

※出所:ヤフーファイナンスデータより、管理者作成

VIXの問題点

VIXはイベントの勃発で突然跳ね上がることがあります。

短期的にVIXが30以上に跳ね上がって、株価が暴落していても、長期的にみると、それほど割安な時期ではないこともあります。

 

バリュー投資の観点からは、近視的にならず、長期的スパンでみて、本当に株式が割安なのかをしっかり見極める必要があり、VIXの数値だけに踊らされるのは危険です。

その他の複数の指標も見ながら、総合的に判断する必要があると思われます。 

まとめ

★恐怖指数は、割安に株を買う時期を知る上で有効な指標である可能性が高いです。

 

★1990年以降、恐怖指数が【30】以上の時期に、割安に株式を買う絶好のタイミングが訪れてた、という経験則があります。

 

★VIXだけで株式の割安割高を判断することは危険。

他の指標と併せて利用することで、判断の精度が上がると思われます。

 

VIXは以下のサイトで確認できます

恐怖指数 [VIX・日経VI・VSTOXX] 日経平均比較チャート

ヤフーファイナンス

 

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly