ユキマツの「長期投資のタイミング」

「市場全体が割安な時期に株式インデックスを多めに買って長期保有、割高な時期に多めに売っての繰り返し」そんなシンプルなバリュー投資、長期投資もありかもしれません

最新の世界バフェット指標<2017.3月データ>

スポンサーリンク

世界的な株式の割安・割高を知る目安になる指標

世界バフェット指標

の最新データの(2017.3月末)の確認記事です。

 

2017.2月末の世界バフェット指標は

0.94

でやや割高な水準でした。

2017.3月末のデータはどうなっているでしょうか。

世界バフェット指標の概要

○世界的な株式の割安・割高を知る目安になる指標です

 

○世界バフェット指標=全世界の時価総額÷全世界の名目GDP

 

○世界バフェット指標の数値が大きくなる→株式は割高傾向

○世界バフェット指標の数値が小さくなる→株式は割安傾向

 と判断します。

 

○1995.1月末~2017.3月末の世界バフェット指標の

★平均値(幾何平均):0.76

★中央値:0.78

です。

※詳しくはこちらを参照ください

www.yukimatu-value.com

 

世界バフェット指標を知るメリット

□長期的な視点から世界的な株式の割安・割高を判断する手がかりになります

 

□割安に買って、割高に売る長期投資を実現し、長期投資のリターンを向上させることができる、かも?

 

2017.3月末の世界バフェット指標

0.95

でした。

※世界時価総額:約74.3兆ドル 世界のGDP:約78.0兆ドル

※データ出所:◎GDP→IMF ◎時価総額→WFE

 

ここ6ヶ月、2016.10月末~2017.3月末の世界バフェット指標のデータ

2016.10月   0.91

2016.11月   0.91

2016.12月   0.93

2017.1月     0.92

2017.2月  0.94

2017.3月  0.95 

 世界的に株式市場規模は拡大傾向です。

 

過去3年間の推移グラフ

f:id:yukimatu-tousi:20170524123651p:plain※出所:◎GDP→IMF ◎時価総額→WFEのデータより管理者作成

2015.3~6月頃に大きな山、2016.1~2月頃に大きな谷があったことが確認できます。

スポンサーリンク

 

1995.1月末~2017.3月末の推移と現状分析

f:id:yukimatu-tousi:20170524124622p:plain※出所:◎GDP→IMF ◎時価総額→WFEのデータより管理者作成

1995.1月末~2017.3月末の世界バフェット指標の推移と「割高・割安の目安」は上記のようになります。

※一つの経験則として、わたしは世界バフェット指標が

0.95以上:株式の割高圏

0.65以下:株式の割安圏

 の目安にしています。

2017.3月の0.95は割高圏とふつうの水準の狭間であり、世界的に株式はやや割高と推測されます。

したがって、この指標のみで判断すると、世界株の長期投資のタイミングとしては、どちらかといえば

◎長期投資をやめる

◎株式の配分比率を減らす

◎現金の配分比率を増やす

のに適す時期だとわたしは考えます。

 ※長期投資に関する一つの判断です。短期、中期的な投資には役立たない可能性が高いです。

※個人の感想です。投資は自己判断、自己責任で。

f:id:yukimatu-tousi:20170524130222j:plain

世界バフェット指標が示唆していた「バブル期」「暴落期」における株価指数

参考までに、世界バフェット指標が示唆していた「バブル期」と「暴落期」のTOPIXとS&P500(米国の株価指数)の数値も確認しておきます。

f:id:yukimatu-tousi:20170528150652p:plain※出所:以下サイトデータより管理者作成 ◎バフェット指標→IMFWFE  ◎TOPIX→ヤフーファイナンス ◎S&P500→ヤフーファイナンス

その他の指標はこちら

長期的観点から、今、株式は割安か割高か?

この問いに対して、一つの指標だけで安直に判断するのは危険であり、複数の指標で総合的に判断することが大切とわたしは考えています。

 

世界バフェット指標以外にも、よければ以下の指標も参照ください。

世界時価総額(全世界の株式市場の規模が把握できます)

OECD景気先行指数(世界的な景気動向が把握できます)

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

 

 

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

↓ここからランキングサイトにも移動できます↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ