ユキマツの「長期投資のタイミング」

比較検討により、長期投資における「比較的よさそうなタイミング」と「比較的有望な投資対象」を探るサイト

米国景気を探る~【ISM製造業景気指数】【米国実質GDP】~ 2017.9.7

米国景気動向を二つの指標【ISM製造業景気指数】と【実質GDP】で確認してみます。

【ISM製造業景気指数】は9月1日に、【米国実質GDP】は8月30日にデータが新しくなっています。

まず【ISM製造業景気指数】から。

ISM製造業景気指数とは

ISM製造業景気指数とは|金融経済用語集

ISM製造業景気指数は、アメリカ合衆国米国供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が発表する、製造業の購買担当役員へのアンケート結果を元にした「企業の景況感」を示す経済指標をいいます。

 ※引用元:ISM製造業景気指数とは|金融経済用語集

一般的な説明は上記のようになり、簡単に付け加えると以下のようになります。

①この指数が50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退を示唆するといわれています。50が節目です

②指数が大きくなると景気改善、小さくなると景気悪化を示唆します

③毎月第1営業日に前月の結果が発表され、即時性が高い米国の景況感を示唆する指標です

④個人的な経験則として、株式が割安な時期は、ISM製造業景気指数が50を下回っている可能性が高い、すなわち、この指標は株式の割安な時期を示唆する可能性がある、と考えています

ISM製造業景気指数について、詳しくはこちらの記事を参照ください↓


スポンサーリンク
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ISM製造業景気指数の推移

f:id:yukimatu-tousi:20170905151017p:plain

※出所:アメリカ ISM製造業購買担当者指数のデータより管理者作成

上記グラフは1995年1月~2017年8月のISM製造業景気指数の推移です。

節目の50にラインを引いています。

①ITバブル崩壊後(2001~2002年頃)と②リーマンショック後(2008~2009年頃)に米国が厳しい不況に陥っていたことを端的に示すグラフです。

直近では③の時期にしばらく「50」を下回っていました。

 

f:id:yukimatu-tousi:20170906201350j:plain

 

2017.8月のISM製造業景気指数と解釈

2017.8月の指数は58.8でした。

前月から大きく上昇しています。

 

60に届きそうな、かなり高い値です。

この数値からは、わたしは個人的に

米国株式は現在割安な状況ではなさそう

と推測します。 

 

次に実質GDPに移ります。

 

米国GDPを把握するメリット

米国の実質GDPを知ることが何に役立つのか、2点ほど挙げてみます。

①世界経済・金融の中心地である米国の実体経済の動向を知ることは、世界経済の動向を探る上で役立つ可能性が高い

②長期投資のタイミングを決断したり、投資方針を定める手がかりになる可能性がある

詳しくは下記リンクを参照ください。

www.yukimatu-value.com

米国の実質GDPの推移と現在値

f:id:yukimatu-tousi:20170906115113p:plain

※出所:BEA National Economic Accountsのデータより管理者作成。2017.8.30更新データ

上記のグラフは1995年第1四半期~2017年第2四半期の実質GDP成長率(年率)を四半期ごとに追ってグラフにしたものです。

1990年代は一時5%に、2000年代は一時4%に届くような高い成長率の時期もありましたが、2010年代はせいぜい3%台がやっとという感じです。

 

この期間、約22年のデータの中央値は2.47%です(オレンジのライン)。

2000年第1四半期~2017年第2四半期の中央値は2.11%です(水色のライン)。

最新データである「2016年第2四半期~2017年第2四半期」の年間成長率は

2.20

です。

長期的にみれば「2.20%」は高い値ではありませんが、2000年第1四半期以降の中央値「2.11」を上回っています。

また、短期的には2016年の第2四半期「1.23%」で底打ちした後の上昇トレンドにあり、このデータだけで考えると

米国実体経済はゆるやかな拡大基調にある

との解釈は可能で、米国株強気派の一つの根拠になり得るデータと思われます。

f:id:yukimatu-tousi:20170906115859p:plain

※過去3年の推移。出所:BEA National Economic Accountsのデータより管理者作成

まとめ

最新の【ISM製造業景気指数】と【実質GDP】の観点から、米国の実体経済を観察してみました。

先月のデータに比べると、二つの指標、ともにポジティブにぶれました。

アメリカ南部を襲ったハリケーンの影響、FRB・トランプ政権の動向、北朝鮮、リスク要因はあれこれありますが、米国景気自体はゆるやかな拡大基調と思われます。

 

関連記事です

www.yukimatu-value.com

【免責事項です。ぜひご確認ください】
☆本ブログが提供する情報については万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当サイトの記載内容は、予告なく変更、追記、削除することがあります。
☆本ブログが提供する情報を閲覧したことによって、閲覧者に生じたあらゆる損失について、本ブログ筆者・管理者は一切の責任を負わないものとします。
☆本ブログは情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を勧誘するものではありません。くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願い致します。
 

【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】