ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

Jリートの割安割高 <2018.5月末データより>

f:id:yukimatu-tousi:20180611235046p:plain

5月末のデータからJリートの割安割高を探ってみます。

TOPIXと東証リート指数

f:id:yukimatu-tousi:20180611235248p:plain

※出所:SBI証券のグラフより管理者作成

上記グラフはここ2年の東証リート指数とTOPIXの値動きを比率で比較したものです。

依然として2年で40ポイント以上の大差がついています。

近年のJリートがさえない理由の一部として、

●地銀を中心とした金融機関(日銀除く)によるJリート売り

●Jリートに関わる毎月分配型投信の販売自粛

などの特殊要因がからんでいると推測されます。

詳しくはコチラ↓

www.yukimatu-value.com
スポンサーリンク

 


★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Jリートスプレッド

Jリートの割安割高の判断の目安の一つとしてわたしはJリートと日本の長期国債利回りの差(スプレッド)を確認しています。

本記事では

「Jリートの平均利回り-日本国債利回り(10年物)」

のことを「Jリートスプレッド」とします。

クレジットスプレッドと同じような発想で、「Jリートの利回り」と「長期国債の利回りの差」が

・大きいほどJリートは割安

・小さいほどJリートは割高

とみなす指標です。

※「Jリートスプレッド」は一般的な用語ではありません

※クレジットスプレッドについてはコチラ↓

www.yukimatu-value.com

過去の利回り「Jリート」と「日本10年国債」

少し古いデータですが、過去の推移の確認です。

下記グラフは2001.9月末~2017.7月末のJリートと長期国債の利回りの推移を示したものです。

f:id:yukimatu-tousi:20170810224411p:plain

※出所:JAPAN-REIT.COM日本 10年 債券利回りのデータより管理者作成 ※国債の長期金利がマイナスの時期は「0%」で表示

Jリートの平均利回りは

・ITバブル崩壊後:約6

・リーマンショック後:約8

まで上昇しています。

最新のJリートスプレッド

次にJリートスプレッド

●【Jリートの平均利回り-日本国債10年物の利回り】

の推移を確認してみます。

期間は2001.9月~2018.5月末です。

f:id:yukimatu-tousi:20180612001612p:plain

※出所:JAPAN-REIT.COM日本 10年 債券利回りのデータより管理者作成

この期間の長期平均は「3.3」です。

個人的には割安時期の経験的な目安を概ね「5.0以上」としています。

2018.5月末の値は「4.0」でした。

・Jリートの平均利回り:4.08%

・日本国債10年物の利回り:0.04%

2018年4月末は「4.0」だったので、スプレッドは変わらず。

4.0」は平均値「3.3」を上回るも「5.0」には届かない値であり、個人的には

少し~まあまあ割安?

と推測。

個人的には不景気な時期がくればもっと割安になりそうな気がするので、引き続き静観しています。

あとがき

米国リートを束ねたETF【IYR】の過去1年間の分配金で計算すると【IYR】の利回りは「3.64%」。

米国長期国債利回りは「2.96%」。

その差は「0.68%」。

一つの比較に過ぎませんが、今は米国の方がスプレッドはタイトです。

ただ、【IYR利回り-米国長期国債利回り】は2007年1月、約「-1.7%」まで逆転したことがあります。

サブプライムバブルでIYRが買われ、IYRの利回り(3.16%)の方が、米国債の利回り(4.83%)より1.7%も低い時期がありました。

利回り差で割高割安を見る場合、個人的には割高な時期より、割安な時期を探るのに適しているように感じます。

関連記事

●米国のリートと株価

●クレジットスプレッド

に関する記事です。

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly