ユキマツの「長期投資のタイミング」

今の株価、<割高・ふつう・割安?>の三択からあえて選ぶなら<割高?>と推測するサイト。判断の根拠として<景気><金融政策><投資家のリスク許容度>などを重視

2018年1月のピークと「今」の比較 ~その1(1/2)~

f:id:yukimatu-tousi:20180826220555p:plain

2018年8月、S&P500が高値更新したこともあり、2018年1月のピーク時と現在の市場環境について、主に米国市場中心に2回シリーズで観察してみます。

本記事は1回目で、株価、時価総額、PBR、CAPE、実質実効為替レート、金利などの面から。

米国株、世界株、新興国株の株価比較

2018年1月のピーク値と2018年8月のピーク値の比較(2018.8.24時点)

●S&P500:2873⇒2877(+0.1%)

●ダウ:26617⇒25889(-2.7%)

●ナスダック:7506⇒7950(+5.9%)

●VT(世界株):79.74⇒75.93(-4.8%)

●VWO(新興国株):50.99⇒43.88(-13.9%)

この期間、ナスダックが強く、新興国が弱かったことがうかがえます。

世界全体ではマイナス。
スポンサーリンク


 
★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

米国、中国、日本、英国、世界の時価総額比較

2018年1月末と2018年7月末の比較(全世界は7月のデータがまだ確認できず、1月末と6月末の比較。浮動株調整を行わず)。

●米国(ニューヨーク+ナスダック):33.6兆ドル⇒35.2兆ドル(+4.8%)

●中国(上海+深セン):9.3兆ドル⇒7.4兆ドル(-20.4%)

●日本(全市場):6.5兆ドル⇒6.1兆ドル(-6.2%)

●英国(LSEグループ):4.6兆ドル⇒4.3兆ドル(-6.5%)

●全世界:89.8兆ドル⇒84.2兆ドル(-6.2%)

この期間、米国一人勝ち。中国は大幅な下落。

S&P500のPBR、CAPE比較

「2018.1.26」⇒「2018.8.24」の推計値比較。

●PBR:3.6⇒3.5

●CAPE:34.8⇒33.0

両者とも数値は低下。

これらの指標ではS&P500は

1月の方が8月より割高度が高かった

と推測できそう。

「ドルの実質実効為替レート」「長期金利」などの比較

f:id:yukimatu-tousi:20180826201244p:plain

※出所:Real Broad Effective Exchange Rate for United States | FRED | St. Louis Fedより管理者作成

通貨の実力を示唆するともいわれる実質実効為替レート、USドルのここ1年の推移です。

1月と7月を比較すると

●108.76⇒117.90(+8.4%)

に変化しており、かなり大幅なドル高相場だったことが推測されます。

その原因の一つと思われるのがFRBの利上げや量的引き締めです。

実効FF金利は1月と7月を比較すると

●1.41%⇒1.91%(+35.5%)

に上昇。

米10年の長期金利は2018.1.23⇒2018.8.24で

●2.62%⇒2.81%(+7.3%)

に上昇。

FRB資産は1月末と2018.8.22を比較すると

●4.42兆ドル⇒4.23兆ドル(-4.3%)

に減少。

FRBの引き締め政策

⇒米国金利上昇・ドル高(ドル買い)

⇒新興国を中心としたマネー流出、米国へのマネー流入

という流れが生まれていたようにも見受けられます。

ここまでのまとめ

~リスクらしいリスクが見当たらない~

~日経平均3万円?4万円?~

2017年秋~2018年年初は総じて楽観モードに包まれていました。

実際2018年1月までは好調を維持。

その後、米国以外はあまりぱっとしない状況に向かい、特に新興国株は大きく下げています。

個人的には2018年1月~8月、「FRBの引き締め政策」を一因として

●ドル高

●新興国からのマネー流出

●リスクマネーの米国株への逃避

●世界全体で見ると、株式市場からのマネー逃避(全世界の時価総額の減少、VTの下落など)

などが起きていると推測。

また、好調な米国市場にしてもS&P500のPBRやCAPEをみる限り、8月は「1月ピーク時の割高度合い」を下回っている水準。

FRBの引き締め政策が続くかどうか

は今後の市場動向への影響が大きそうです。

そして市場への影響力として重要と思われる世界や米国の

景気動向

やその他の指標の比較はまた明日の記事で。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

★データ出所

世界の主要株価指数 - Investing.com 日本

 World Federation of Exchanges

Site Map

Effective Federal Funds Rate | FRED | St. Louis Fed

Real Broad Effective Exchange Rate for United States | FRED | St. Louis Fed

https://jp.investing.com/rates-bonds/u.s.-10-year-bond-yield

All Federal Reserve Banks: Total Assets | FRED | St. Louis Fed

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly