ユキマツの「長期投資のタイミング」

世界景気は大きな減速トレンド(2000年以降で5回目?)の渦中にあり、中長期的には積極的なリスクテイクに適さない状況と推測するサイト。

「上海総合」が急騰

f:id:yukimatu-tousi:20190306174027p:plain株価のピークを景気のピークも、それがいつかを事前に知ることは困難ですが、ピークらしき時期からの変化を確認することはできます。

全世界の時価総額が最近最も大きかった2018年1月が直近ピークであったと仮定して、2019年2月末までの世界の主要な株価の変化を確認してみます。

世界の主要株価指数 <2018年1月ピーク値⇒2019年2月末の下落率>

f:id:yukimatu-tousi:20190306200924p:plain※出所:世界メジャー株式指数 - Investing.com 日本https://finance.yahoo.com/のデータより作成

世界の主要株価指数の「2018年1月ピーク値⇒2019年2月末の下落率」の比較です(現地通貨建て。「VT」「TOK」「VWO」はドル建て)。

データはこちら。

f:id:yukimatu-tousi:20190306201745p:plain※出所:世界メジャー株式指数 - Investing.com 日本https://finance.yahoo.com/のデータより作成
スポンサーリンク



★ブログランキング参加中! にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  

所感①:「上海総合」が急騰、一人旅の終了

f:id:yukimatu-tousi:20190211140031p:plain※出所:世界メジャー株式指数 - Investing.com 日本https://finance.yahoo.com/のデータより作成

上記は2018年1月末の状況。

上海総合の下落幅がぶっちぎりでしたが、2月月間で14%程度の急騰。

f:id:yukimatu-tousi:20190306201118p:plain
日本やドイツの株価指数に追いついてきました。

とりあえず「一人旅」の終了。

所感②:日本、香港、上海総合、ドイツ、新興国が似たような下げ幅

f:id:yukimatu-tousi:20190306214654p:plain※出所:世界メジャー株式指数 - Investing.com 日本https://finance.yahoo.com/のデータより作成

為替レートは考慮していないので一概に比べられませんが、「TOPIX」「香港ハンセン」「上海総合」「独DAX」「VWO」の下落率が概ね「14~18%」の範囲に収まっています。

VWOは2月月間で「-0.38%」とマイナス。

全体的に株価が上昇するなか、意外でした。

依然、2018年1月ピークを20%近く下回る水準。

所感③:依然、相対的に米国の指数は強い

f:id:yukimatu-tousi:20190306202208p:plain

引き続き米国の株価指数は相対的に強い印象。

ナスダックは2018年1月の高値を超えています。

米国への配分比率が高い「TOK」や「VT」の下落率も小さめ。

「米国の景気動向のよさ」と総じてぱっとしない他の地域の景気動向を反映している可能性。

アメリカ映画のよくあるパターンではありませんが、大げさに表現すると

「米国(景気)が 世界(市場)の命運を握っている?」

といえなくもなさそう。

おわりに 

上海総合の急騰が印象的な2月でした。

S&P500は昨年9月の高値から「−5%」ほどの水準。

最高値更新はあるのかどうか。

関連記事

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

www.yukimatu-value.com

関連コンテンツ

【ナツユキマツの出版物】

主にブログ内容をまとめた、だけの本です
よければ暇つぶしにどうぞ
※一部加筆
20171207124844


【更新の励みになります。よければ応援クリックを!】

follow us in feedly